BUNGO ブンゴ 273話 ネタバレ 感想 知多翔陽戦 本番で練習

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第273話「愉しんでやがる」のネタバレ感想です。知多翔陽 VS 青央、一回裏 青央の攻撃。三科の内角攻めを前に真琴はアウトに終わる。続く瑛太は外角攻めにあい三振。2回表、ツーアウトとした文吾に変化が・・・

 



スポンサーリンク


 

273話の続き、BUNGO ブンゴ 最新274話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ 272話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 272話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 272話 ネタバレ

知多翔陽 VS 青央 1回裏、小谷野の尻を拭うべくバッターボックスに立った真琴だったが三科の内角ストレートに苦戦

球を見極めて打ち返すも、サードライナーを捕球されツーアウト。続く瑛太は女子に執拗な内角攻めとは許すまじと闘志を燃やすも、想定外の外角攻めにあっけなくアウトとなる

2回表、ツーアウトまで知多翔陽打線を追い込んだ文吾、この回3人目となる7番バッターを迎えた時にある変化が・・・

 

 

BUNGO ブンゴ 最新 273話 ネタバレ 感想

 

知多翔陽 VS 青央 2回表

バッターボックスには7番の栄
栄は戸惑っていた。ノーランナーでツーアウトの場面で自分なんかを相手に文吾が新型のど真ん中直球を投げるからだ

 

(栄の自虐切ない・・・まだ中学生なのに・・・(泣))

 

吉見は重要な場面でないからこそ、新型の練習には適していると判断したのだろうと語る

初球に続き、2球目もボール
米村は捕球に手こずる

 

(米村色々と乗り越えてややリラックスしてる感じですかね。良かったです)

 

 



スポンサーリンク


 

文吾は外角高めにボールが行ってしまうのをどうしたものかと考える
ふと知多翔陽のベンチの三科と目があい、何かを思いついた

文吾は三科のマネをして、ピッチャープレートの端から投球
今度もボールとなるが真ん中へは入り、米村も捕球できた

 

(三科の端っこ投げからインスピレーション受けたのか。文吾メキメキ成長してますなー)

 

文吾は次地面に叩きつける感じでいこうと考える
三科は投球を楽しんでいる文吾が気に入らない様子

守備位置にいた野田は、ウキウキした様子の文吾を見て
幼い頃から肉体を使った実験を繰り返してきたんだろうなと考えていた

 

(対戦相手としては確かに面白くないよね。余裕で勝てるって言われてるみたいで)

 

4球目
初めて新型でストライクが決まり、米村と喜んだ

 

幼い文吾と今の文吾が重なってーからのーーストライク
鳥肌モノでした!!新型ついに完成ですね。ここから三振量産でしょうか!!

 

 

 

知多翔陽 VS 青央

1回 0 – 0
2回 0 –

 

知多翔陽
1番 ショート 岩塚
2番 センター 亀島
3番 ピッチャー 三科
4番 キャッチャー 判野
5番 サード 高畑
6番 ファースト 中村
7番 セカンド 栄
8番 ライト 丸内
9番 レフト 千種

 

 

 

青央
1番 サード 小谷野
2番 セカンド 神谷
3番 ライト 鮎川
4番 ショート 野田
5番 センター 間瀬
6番 ピッチャー 石浜
7番 ファースト 船木
8番 キャッチャー 米村
9番 レフト 尾野

 

BUNGO 274話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。