BUNGO ブンゴ 274話 ネタバレ 感想 新型練習エスカレート

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第274話「超越」のネタバレ感想です。知多翔陽 VS 青央、2回表 文吾は試合中の場面で新型ど真ん中直球の練習をはじめる。三科の投球スタイルを真似してピッチャープレートの端から投げたボールはストライクの判定

 



スポンサーリンク


 

274話の続き、BUNGO ブンゴ最新275話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ 273話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 273話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 273話 ネタバレ

知多翔陽 VS 青央 2回裏、ツーアウトノーランナーで迎えるのは栄。文吾はこの場面で新型ど真ん中直球の練習をはじめる

なかなか捕球できない米村、真ん中へ投げれない文吾。三科のマネをして、ピッチャープレートの端から投げてみると真ん中へボールが。コツを得た文吾は続く4球目初となるストライクを決めて米村と喜ぶ

 

 

BUNGO ブンゴ 最新 274話 ネタバレ 感想

 

知多翔陽 VS 青央 2回表

新型の完成に米村が安堵したのも束の間
文吾はこのまま新型を投げ続けて、新型を完成させたいと考えていた
そうしないと次に回ってくる判野に勝てないだろうと

 

 



スポンサーリンク


 

(一球ごとに成長してく勢いですね。すごすぎる。そんなに判野のアツが凄いってことでもありますね)

 

新型ど真ん中直球を投げ続ける文吾
結局フォアボールで出塁させてしまう

しかし、そこでも文吾は米村にランナーがいる状況での練習をしておこうと姿勢を崩さない

 

(練習してるって知多翔陽にはもうバレてんのかな・・・判野と三科は気づいてましたが。他の選手はどうなんですかね?できれば知りたくないよね・・・)

 

新型のピッチングが続く
そしてとうとう、ツーアウトランナー3塁という緊迫のシチュエーションに

ここぞとばかりに文吾はバッターボックスの選手を判野に見立てて投球
空振り三振に討ち取り、見事新型を完成させた

 

 

 

遂に完成!!
袴田が危惧していた1日10球制限。どうやら新型は関係ない?新型だと身体への負担が小さくて済むのでしょうか
そのあたりの謎というか特徴もこれから明らかになりそうですね。

ここからが知多翔陽戦本番。続く青央の攻撃は野田始まりですし期待ですね。
って次週休載か・・・・残念

 

知多翔陽 VS 青央

1回 0 – 0
2回 0 –

 

知多翔陽
1番 ショート 岩塚
2番 センター 亀島
3番 ピッチャー 三科
4番 キャッチャー 判野
5番 サード 高畑
6番 ファースト 中村
7番 セカンド 栄
8番 ライト 丸内
9番 レフト 千種

 

 

 

青央
1番 サード 小谷野
2番 セカンド 神谷
3番 ライト 鮎川
4番 ショート 野田
5番 センター 間瀬
6番 ピッチャー 石浜
7番 ファースト 船木
8番 キャッチャー 米村
9番 レフト 尾野

 

BUNGO 275話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。