BUNGO ブンゴ 276話 ネタバレ 感想 文吾 VS 判野 ラウンド2

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第276話「理想論」のネタバレ感想です。知多翔陽 VS 青央、2回裏 野田は三科の初球を打ち返す。打球はライトへ。ファーストがジャンプするも届かず、そのままフェンス直撃のツーベースヒットとなった。

 



スポンサーリンク


 

276話の続き、BUNGO ブンゴ最新277話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ 275話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 275話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 275話 ネタバレ

知多翔陽 VS 青央 2回裏、新型を完成させお疲れ気味の文吾がベンチに戻る。袴田は新型の練習をして体力を使ったことを咎めてやりたかったがグッと我慢。ドリンクとタオルを用意する

バッターボックスには野田。文吾が判野から感じとった強敵のオーラを自分は持っていないと認め、文吾に並ぶ日本一の打者を目指すと決めたことを少し後悔。初球をライトへ運びツーベースヒットを放った

 

 

BUNGO ブンゴ 最新 276話 ネタバレ 感想

 

センターカラー。扉絵は文吾
なんだか背が伸びましたかね?

 

知多翔陽 VS 青央 2回裏

野田の2塁打を見て、近藤は技術じゃなくパワーで強引に持っていったことに気づき
少し感情的になっているのかもと考える

 

(打ち方でわかるとか近藤さんさすがっす)

 

三科は野田との勝負は避けようと決める
続く間瀬はフォアボールで出塁
1,2塁とするがその後が続かず、文吾も尾野もアウトに

 

 



スポンサーリンク


 

(尾野??ということは米村と船木のどっちかは出塁したのかな?いずれにせよ次は小谷野からですね!リベンジなるか)

 

その後3回も両チーム無失点
4回表
三科がフォアボールで出塁し、バッターボックスには再び判野

 

(小谷野リベンジならずー(笑)打席すら描かれなかった(笑))

 

袴田はランナーを置いて、かつすでにど真ん中直球を11球投げた後の勝負という点を懸念

文吾の初球は新型ど真ん中直球
判野は速いなんてもんじゃない・・・と舌を巻く

2球目
判野は文吾の動きを目で追うが、ボールが指から離れてからは速すぎて追うことが出来ない

 

(キレッキレ。なんで三科にフォアボールだしちゃったんだろ・・・ど真ん中は判野用にとってるのかな?)

 

3球目
文吾は目で遊び球は使わないと伝える

 

 

吉見はいつか、ど真ん中直球だけでバッターをねじ伏せるという理想論を文吾と語りあったのを思い出していた
ストライクが確定している以上、バッターは逃げられない
文吾なら未到の直球を体現できるかもと

 

文吾の3球目もど真ん中直球
大きく振り抜いた判野は三振に終わる
が、この球がまともに投げ続けられるのかと疑念を抱いた

 

ああああ、そうか文吾はよくても米村が限界ですか・・・
判野は米村の限界が近づき、文吾が100%の力で投げられないタイミングが近く来そうだとよんだのかな?
確かにこの調子で後半までもつれ込むと、米村限界ですよね。代わりの選手もいないし、必然とど真ん中以外での勝負が必要になるのか・・・・

 

知多翔陽 VS 青央

1回 0 – 0
2回 0 – 0
3回 0 – 0
4回 0 –

 

知多翔陽
1番 ショート 岩塚
2番 センター 亀島
3番 ピッチャー 三科
4番 キャッチャー 判野
5番 サード 高畑
6番 ファースト 中村
7番 セカンド 栄
8番 ライト 丸内
9番 レフト 千種

 

 

 

青央
1番 サード 小谷野
2番 セカンド 神谷
3番 ライト 鮎川
4番 ショート 野田
5番 センター 間瀬
6番 ピッチャー 石浜
7番 ファースト 船木
8番 キャッチャー 米村
9番 レフト 尾野

 

BUNGO 277話へ続く

 

「BUNGO ブンゴ 276話 ネタバレ 感想 文吾 VS 判野 ラウンド2」への2件のフィードバック

  1. 更新お疲れ様です。
    ストーリー上必要なピンチ演出だったのかもですが、三科への四球はよく分かんないですね…コントロールの良いブンゴが見たい

    1. コメントありがとうございます
      確かに・・・三科にはど真ん中は使わなかったんだと思いますが、にしても抑えてほしかったですね

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。