BUNGO ブンゴ 288話 ネタバレ 感想 文吾 VS 判野 決着

漫画「BUNGO」、ブンゴの最新第288話「No.1」のネタバレ感想です。知多翔陽 VS 青央、6回表 文吾の2球目に判野はフルスイングで応える。球を捕らえるも大きく打ち上がりファウルの判定。野田が指示した3球目、文吾の投げる球は・・・

 



スポンサーリンク


 

288話の続き、BUNGO ブンゴ最新289話のネタバレ感想はこちら

前話、BUNGO ブンゴ 287話のネタバレ感想はこちら

 

前話、BUNGO ブンゴ 287話の振り返り

 

BUNGO ブンゴ 287話 ネタバレ

知多翔陽 VS 青央 6回表 自らも進化すると覚悟する判野。文吾の2球目をフルスイング。高く打ち上がりファウルとなる。野田のサインに文吾は判野にすまないと感じていた

 

 

BUNGO ブンゴ 最新 288話 ネタバレ 感想

 

今回も再びセンターカラーでした!
文吾ちょい顔変わりましたかね

 

文吾 VS 判野

追い詰められた判野
文吾の表情を見てまさかジャイロスライダーが来るのではと覚悟
そのときはお前の勝ち
でも、自分はど真ん中直球が来ると腹をくくっていた

 

 



スポンサーリンク


 

(男気がすごい!そして早々にジャイスラの線なくなりました??)

 

交代したタイミングでサインを確認した野田
あのとき文吾に伝えた球種は新型と旧式のど真ん中直球のことだった
旧式は綺麗なライズカット、新型が荒々しいライズシュート
これを使い分けろという

 

(まじかああ新型ど真ん中直球だった・・・これまで投げてたのが新型だとばかり・・・)

 

文吾がこれまで判野に対し投げていたのは旧式
ここで初めて新型のど真ん中直球が放たれたのだ

 

(かかかかかっこよすぎる。見開きド迫力!!最近ド迫力描写多くて秒でエピが終わっちゃうが・・・それでもやっぱりド迫力最高です)

 

 

 

判野は文吾のボールはマイケルのより全然速いと体感
振り抜いたバット

新型ど真ん中直球は野田のミットに収まる
空振り三振に会場が湧く

 

近藤は諸星、河村、判野とシニア最強レベルを制圧し
ついにシニアNo.1投手になったのかと語る

 

い、、家長さんのこと思い出してやれよ近藤さん!!

ラストシーンの文吾の疲労感ヤバい
これはひょっとすると次のモブに打たれてまさかの失点?
判野には勝ち、試合に負けるてきな?

瑛太に即交代してくれ!!

 

知多翔陽 VS 青央

1回 0 – 0
2回 0 – 0
3回 0 – 0
4回 0 – 0
5回 0 – 1
6回 0 – 0
7回

 

知多翔陽
1番 ショート 岩塚
2番 センター 亀島
3番 ピッチャー 三科
4番 キャッチャー 判野
5番 サード 高畑
6番 ファースト 中村
7番 セカンド 栄
8番 ライト 丸内
9番 レフト 千種

 

 

 

青央
1番 サード 小谷野
2番 セカンド 神谷
3番 ライト 鮎川
4番 ショート 野田
5番 センター 間瀬
6番 ピッチャー 石浜
7番 ファースト 船木
8番 キャッチャー 米村
9番 レフト 尾野

 

BUNGO 289話へ続く
 

「BUNGO ブンゴ 288話 ネタバレ 感想 文吾 VS 判野 決着」への8件のフィードバック

  1. 前回、「ジャイロスライダーなんじゃないか」とコメントした者です。

    進化したど真ん中ストレートが投げ分け出来るほどのものとは思いもよらず…(笑) 投球のバリエーションもエータより上かもしれませんね

    1. コメントありがとうございます
      進化してましたねー。私もジャイロと思ってたので驚きの展開でした!

  2. ど真ん中の完成形かと思ったら、旧式と新型の使い分けだったのですね。
    完成形は、さらなる進化を遂げた後の真(シン)ど真ん中となるでしょうか。
    いずれにせよ、野田が空振った後の新型ど真ん中を捕球できたということは、対戦していないにも関わらず、石浜と野田が互いの到達点を共有できているということであり、そのライバル関係たるや…といったところでしょうか。

    1. コメントありがとうございます!
      野田が捕球出来た点に注目してなかったので、考察新鮮です!

      1. 前夜、石浜がシャドウピッチングをし、野田が素振りをしているとき、互いが互いのプレイをイメージしていましたからね。
        果たして、二人は高校野球を舞台に対決をするのか、一緒のチームに行くのか、、、

        1. なるほど、あそこからもう始まってたんですね。あれは今思えばこのバッテリーの伏線だったのか・・・

    1. ですよね…ラストシーンのクマたるや、お疲れモードが過ぎますね。監督気づけてたとしてもいきなり野田と瑛太のコンビやらせるのもリスクでしょうし悩ましいですね

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。