ちはやふる 最新 221話 ネタバレ 感想 クイーン・名人戦 第二試合

漫画「ちはやふる」の最新第221話のネタバレ、感想です。クイーン、名人戦。第一試合に敗れた千早、千歳が着物を届けてくれたのを知り涙、新しい着物に袖を通し、二回戦に挑む・・・BELOVE2020年1月号掲載エピソード。

 

 

前話、ちはやふる220話のネタバレ感想はこちら

 

前話、ちはやふる220話振り返り

 

ちはやふる 220話 ネタバレ

一回戦敗れた千早、どうして自分の獲りだと主張しなかったのかと反省

周防名人に勝利した新、千早は部屋へ戻ろうとする新と目が合いそうになるが逸してしまう

部屋へ戻ると千歳が着物を届け終え、自分の枕で寝ている。着物を寝ないで届けてくれた姉に感謝し涙、そのまま眠ってしまう

正と兼子ちゃんは周防名人に会いに行こうとするが1回戦を落とし、周りからもこのまま負けるのではと言われるのをきいてしまう

千早は着物を奏に着せてもらい、2回戦へ挑む

 

ちはやふる 最新 221話 ネタバレ 感想

 

ココハナ1月号の表紙でした!
だるまを抱える3人
だるま抱えるってなかなかに斬新な構図ですね笑笑
お正月感ある表紙で、もうそんな時期かぁと時の流れの速さに驚いてしまう

 

 

 

クイーン・名人戦 第二試合

大会役員控室では、読手の山城さんが読みの練習をする
3試合目を担当予定の九頭竜さんは布団にくるまり寒さをしのぐ
自分のような古い人間に居場所があるのが驚きだという九頭竜さんに山城さんは自分ももう引退だ、やりきるしかないと声をかけた

 

ふたりが若い頃の絵がフラッシュバックしてましたけど
九頭竜さん、お若い時も格好良い感じだったんですねー

山城さん地元で講演会するとか、ほんと人気者ですね

 

2試合目がまもなくはじまると告げられる
田丸は自分が大判係なのに着替えていなかった
ずっと頭の中でシミュレーションしていたのだという。仕方なく菫がそのまま次も担当することに
ズルいと騒ぐ田丸に桜沢先生が声をかけた
良い経験させてもらっていると言われキョトンとする田丸、桜沢先生はあなたもここに来るんでしょう?と尋ねた

 

 

 

桜沢先生の言葉、田丸に刺さったみたいですね
これは大判係でぎゃあぎゃあ騒いでる場合じゃないってことを理解しますよね
このあとはずっと大判係じゃなく、食い入るように千早と詩暢の試合を見つめて勉強するのでしょうか

そして奏がみんなの靴をせっせと整理してて、もうなんだか堪らなくキュンとしました
ほんといい子、田丸も手伝ってよ(笑)

 

原田先生は会場へ向かう周防名人を見つけて声をかける
新の強さについて訊かれた名人はレーダーチャートで言うとバラスンスが良いタイプだと評す
膝の状態を尋ねられた先生はまたさっき痛めたが、引きずってもかるたはできると微笑む
君はどうだと訊かれ、名人は次はキョコタンの読みなので楽しんでくると答えた

 

このシーンを読むと2戦目は周防名人が勝ちそうな予感ですね
1試合目のあとが全く描かれませんでしたがどういう精神状態なのでしょうか
ちょっと心配だったけど、いつもどおりな感じですね

 

 

 

新が会場に入ると千早と目が合う
着物が違うことに気づき、話をしていると詩暢が早くいけと追い払う

 

(笑)せっかくいい雰囲気だったのに
追い払われちゃった

 

周防名人に対峙する新の姿を見て新の父は祖父と新の姿が重なって見えた
新パパは幼い頃を思い出す

物心ついた頃、すでに父は名人でかるたを覚えて父とコミュニケーションを図るも
子供ながらにすぐに父に見限られたのがわかってかるた無しの人生を選んだのだった

 

「名人の子」は上手くて当たり前っていうプレッシャーはキツイですね
親が何かに秀でて有名人だと、同じ道を選ぶ子供には辛いこと多そうです

 

 

 

暗記時間に入る
新パパは祖父にそっくりな新を見て、新母に
新は怖がっているから自分じゃいらられないのでは?と指摘した

 

その発想は無かった!お父さん鋭い!!
新は怖がってる。だからおじいちゃんのマネして心の平穏を保っているのか

 

山城さんが読みはじめる
空札にすん止まりする新
続く「こぬ」で周防名人は「こ」の時点で反応
解説は「超☆感☆耳」だと大興奮する

原田先生はレーダーチャートだと周防名人は「感じ」が突出しているのだと
新と違って歪なチャートを思い浮かべた

 

名人ノリノリ!!取るたびに指でハートマークするの笑う

 

 

 

千早は札を移動させる
詩暢は陰キャの藤原興風と陽キャの紀貫之を並べるなんてと不快になる
他にも次々と陰キャと陽キャを並べる千早に心がざわつく

 

これは作戦なのでしょうか。詩暢めっちゃ怒ってる・・・
1試合目落とした千早と周防名人は2試合目で挽回となるのでしょうか
新は新パパが指摘してた怖がってるから真似してるのが本当だったとしたら、
なにかの拍子に怖がってる自分に気づいて、一気に崩れてしまいそうな予感です。心配

 

ちはやふる 222話へ続く

 

「ちはやふる 最新 221話 ネタバレ 感想 クイーン・名人戦 第二試合」に2件のコメントがあります

  1. もも〜ちゃん

    アメトリコさん

    いつもアップして下さってどうもありがとうございます!

    前にもありましたよね、新が原田先生と戦う時、おじいちゃんみたいに振る舞ったことが。 でも結局負けちゃったけど。 新は新として勝てるといいですね。でもキョコタンの読みなら周防名人がパワー全開かもしれませんねえ。 千早も須藤さんばりのおちょくるカルタ、ではなく人を翻弄するカルタを身につけたのですね。 武器が増えたんですね。 
    良いことです。この試合千早勝てるのでは? 勝って欲しいです。

    次号もよろしくお願いいたします!

    1. もも〜ちゃんさん

      コメントいつもありがとうございます。
      なるほど、最後のアレは千早が詩暢を翻弄するかるただったのですね。面白いです
      真っ直ぐなかるた以外もできるようになったのかー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。