ちはやふる 最新 238話 ネタバレ 感想 今度は千早がピンチ

漫画「ちはやふる」の最新第238話のネタバレ、感想です。クイーン、名人戦。第5試合、詩暢からたすきを受け取った新は伊勢神宮へ。由宇から差し入れのソースカツ丼を受けとり祖父との幸せな記憶が蘇る・・・BELOVE2021年10月号掲載エピソード。

 



スポンサーリンク


 

前話、ちはやふる237話のネタバレ感想はこちら

 

前話、ちはやふる237話振り返り

 

ちはやふる 237話 ネタバレ

詩暢からたすきを託された新は望みどおり伊勢神宮へ向かう。周防名人は山城さんから40年前に戻って対戦してみたくなったと言われる。5試合目頑張ってと伝えて山城さんは講演会へと向かった

新の後を追って一緒に伊勢神宮へやってきた太一。千早からも受け取ったたすきを前に悩む新に、太一はふたりは何かしなくても大丈夫だと伝え、お前は何がほしいんだと迫った。そこへ由宇がやってくる。差し入れのソースカツ丼と祖父の写真で新は祖父と大会後に食べたソースカツ丼の思い出が蘇った

 

ちはやふる 最新 238話 ネタバレ 感想

 

それぞれの休憩時間

新は目の前の太一が若き日の祖父に重なって見えて驚く
突然走り出す新、由宇の問いかけと幼き頃の祖父との楽しい思い出が蘇る

足を崩して倒れた新はその場で由宇に差し入れてもらったソースカツ丼を食べ始めた

 

(急なソースカツ丼、路上食べ。美味しそう・・・・)

 

 



スポンサーリンク


 

ロビーのソファでキョコたんに40年前に戻ってかるたをしてみたかったと言われたのを思い出して身悶える周防名人
そこへ正がやってきてやっと本気になったのかと尋ねた

いつも真面目にやっていたと応える周防名人に、正はじゃあどうしてそんなに邪魔な前髪のままなのだと指摘

 

(ソファでゴロゴロ身悶える名人、かわいい 笑 )

 

詩暢の足の攣りも収まり、千早は自分の控室へ戻ろうと歩き出す
しかし、途中で周りの音が大きく聞こえすぎて気を失う
たまたま通りかかった原田先生に連れられ控室へ戻る

奏は帯を解いて寝かせてやる
先生は神経を集中しすぎたのだろううと考えていた

 

(詩暢の次は千早か・・・やべーー。これは今度は詩暢たちが助けてくれる展開ですかね)

 

奏は高1の選手権の時のように棄権になったら・・・と不安になる
宮内先生は2リットルのペットボトルを寝ている千早の胸に置いて、冷えピタをこめかみと首の後に貼ってやる

 

 

体は緊張したりストレスを受けている間は脳の血管が収縮するが、解放されると急に拡散され頭痛が起こるのだと説明
千早には大丈夫よと声をかけ続けた

 

(宮内先生!さすがです。めっちゃ頼もしいです。かるたは強くないかもだけど、部活で起こる症状には慣れたもんですね)

 

周防名人の控室では正が名人の髪を切ってやっていた
髪を切る間、名人はキョコたんのことを考える
自分もこれから40年かるたを取るにはどうしたらいい?と問いかけた

 

(あんなに刹那的だった名人が・・・きょこたんパワーすごい。髪型も変わってまるで別人!)

 

詩暢の控室
結川さんと秀作がスノー丸のレアグッズを持っている件について問いかけると
ふたりは4試合目終了直後にリオリオの広報の熊野さんと、丸々堂の丸井さんが来てグッズを差し入れてくれたのだと説明

ファンだと聞いた詩暢は驚く
そして試合の生配信のコメント欄を見て、みんなが詩暢ではなく、千早推しなのを知る

 

(なんでコメント欄見たんでしょうか・・・ファンを意識したのかな??)

 

 

 

5試合目のアナウンス
会場へ戻ってきた名人の新しい髪型に湧く
千早もなんとか起き上がれるまで回復し、会場へ向かう

 

次回はついに5試合目開始ですかね
千早、大丈夫でしょうか・・・
そして新が一番休んでないような気が・・・むしろ食べて走ってアドレナリン出てるでしょうから一番コンディション良いのかも(笑)

 

ちはやふる 239話へ続く

 

「ちはやふる 最新 238話 ネタバレ 感想 今度は千早がピンチ」への1件のフィードバック

  1. もも〜ちゃん

    アメトリコさん お久しぶりです! 早速の更新いつもありがとうございます!

    そっかあ、ついに最終試合ですね! でも千早のコンディション悪そうなのが気になりますが。 さあ、ここでぶあ〜っと行きましょう! クイーン位はもうすぐそこまでです! 名人位はどちらの手に行くのでしょうね〜? いよいよ目が離せません! 

    目が離せないと言えば、「この音とまれ」も楽しみにしてま〜す! 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。