漫画 DAYS デイズ 最新 226話 ネタバレ 感想 あらすじ 猪原先輩の退屈な練習

漫画「DAYS」、デイズの最新第226話「備える人」の感想です。あらすじにふれているのでネタバレ注意です。梁山戦のこり15分、テンション爆上げだった聖蹟だったが体力はやっぱり限界。梁山は焦ることなくゆっくりと聖蹟ゴールに迫る。聖蹟の大ピンチに立ち上がったのは、GK猪原だった

 

 

226話の続き、DAYS デイズ最新第227話のネタバレ感想はこちら

前話、DAYS デイズ第225話のネタバレ感想はこちら

 

前話 DAYS デイズ 225話振り返り

 

デイズ DAYS 225話振り返り

3-2と迫られた梁山、しかし焦ることなく残り15分を使いじっくり攻め上がる

11番の長作がシュートを放つも猪原は動じず。その隙に臼井がセーブしコーナーキックに

 

漫画 DAYS デイズ 最新 226話 ネタバレ 感想

 

猪原回
226話は猪原回でした!
梁山戦で三点も獲られていますが、試合が約1年くらい続いてるので
1年以上ぶりに猪原が輝いてることになる(笑)

・前話のラストシーンで長作のシュートを前に動かなかったことを亜土夢に褒められる
・碇屋が直接ゴールを狙ったコーナーキックに神反応、加藤と中野が感心
「3点失点しても全くブレず そのスタイルを変えない 精神力は尊敬に値する」
・最後は加藤&長作の連携シュートもストップ

 

 

 

ほんとに大活躍でした。今回に詰め込み過ぎってくらい
ただ今帰仁だけ猪原パイセンの練習ちょっとディスってて笑ってしまった
「猪原先輩の練習は すごーく退屈だよ」
「そんなシュートやシチュエーション 意味あるのかなって感じる練習もいっぱい」

それから地味にこのシーンで新戸部が
「痛って 痛って」って足がまたつってた(笑)

でもこの地味な練習の成果で加藤のグランダーシュートを止めれたって展開につながるわけで
今帰仁が語る猪原像から最後のモノローグまで、一連の流れは美しかったです
※グランダーってゴロゴロのことなんですね!勉強になりました

年間を通してあるかないか・・・
ふむ
ないかもしれん
なければないで構わん
しかし
あった場合
確実に止めねばならん
今帰仁・・・
GKとはそういうポジションだ

 

もはや職人感ある発言! 猪原かっこよかったです。

 

 

次回227話は巻頭カラー&大増28ページとのこと
しかも次々回の228話もカラー
さすがにカラーが2週続くとなるとあれこれ期待してしまいますね

・聖蹟のカウンター攻撃で同点に
 来須と柄本が大活躍(今回加藤VSつくしが地味にあったのは伏線? まだ2人だけは元気だし)
・梁山4点目
・アニメ2期のお知らせ

とかとか。アニメはやっぱ無いですかねー(笑)4点目もこれだけ猪原が活躍した直後なのでなさ気だし・・・
となると、やっぱ同点って展開でしょうか?

同点だと嬉しい!水樹の2発は見たので、そろそろ柄本か風間に1点取らせてあげて。
それに25巻も12/15発売なので、12月はしばらくDAYSがアツいですね!!!

 

DAYS デイズ 第227話へ続く
 

 

 

2 thoughts on “漫画 DAYS デイズ 最新 226話 ネタバレ 感想 あらすじ 猪原先輩の退屈な練習

  • 2017年11月29日 at 7:45 AM
    Permalink

    おはようございます。

    猪原回になりましたね。
    「猪原が大会を通して今帰仁に教えるもの」という伏線も回収されていくようです。
    ますます、終わりに近付いている感じがして・・・

    風間が全く出てきませんでしたね。
    つくしが加藤を見たように感じたシーンは風間の位置を確認したんじゃないでしょうか。
    風間は体力の問題もあってカウンターに備えているのだと思います。
    きっと、次は風間とつくし(と来須?)のゴールシーンに。

    Reply
    • 2017年11月29日 at 11:55 AM
      Permalink

      はらへりさん
      そうか!今帰仁への引き継ぎ儀式が行われたわけですね。忘れてました。ありがとうございます!
      私は梁山戦で負けてもまだ、DAYSは続くと思ってます!負けちゃうと3年生引退で悲しいですけど。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。