DAYS デイズ 最新 244話 ネタバレ 感想 梁山の目にも涙

漫画「DAYS」、デイズの最新第244話「敗れ往く者」のネタバレ感想です。梁山戦が終わり、歓喜・喝采に包まれる聖蹟。観客席へ向かい挨拶した柄本の目には涙が。一方前年の覇者である梁山はまさかの敗北・・・ロッカールームへ戻った選手たちに秋子監督が伝えた言葉は?

 

 

244話の続き、DAYS デイズ 最新 245話のネタバレ感想はこちら

前話、DAYS デイズ 243話のネタバレ感想はこちら

 

前話、DAYS デイズ 243話の振り返り

 

DAYS デイズ 243話 ネタバレ

梁山戦、風間の決勝点で死闘は幕を閉じた

喜びを爆発させる聖蹟メンバー。泣き悔しがる選手たちに声をかける加藤

加藤は両選手挨拶の時に柄本を称賛

むっちゃんは涙ながらに聖蹟の選手たちを褒め称える

中澤監督も試合後のインタビューで選手たちを褒める。柄本は涙する

 

DAYS デイズ 最新 244話 ネタバレ 感想

 

碇屋の怪我
梁山VS聖蹟

前話243話では喜びを大爆発させる聖蹟側のエピソードでしたが
今回の244話は代わって梁山側のエピソードでした

りょうざんーーー(泣)
もうなぜかすっかり気持ちは梁山側(笑)

ロッカールームへ戻る碇屋たち
肩をか貸そうとする加藤を振り払う碇屋
しかし加藤は何を勘違いしたか、おんぶの体制に
「どうぞぉ おんぶだろぉ 遠慮はいらないぃ」

 

 

敗けても加藤と碇屋の悲壮感のなさっぷりに、日本代表なふたりの精神的タフさを垣間見ました
加藤、敗けが決まってからというものさっぱりしてて潔いです。さすがキャプテン。
碇屋もおんぶされるとこを想像して、イラッとして走り出すシーンにクスリときました
「ざっけんな!!やってられっかー!!」
 
 

気になっていた碇屋の怪我は膝の再発じゃなくって、スーパージャンピングボレー前の水樹股抜きの際に足首ひねったんですね
大したことなくてよかったです。

見直したら238話ですね。碇屋の荒野の世界に水樹も登場した回
確かに水樹股抜きの直前、痛そうな顔してる!!
で、すぐに秋子監督気づいてた
「良介あんた・・・」

この時はてっきり、あんた右足使うんかい!ってことなのかと思ってました

 

秋子監督と高木マルコ
お笑い担当の加藤、碇屋と真逆で秋子監督と高木マルコに泣かされました

 

 

まずは秋子監督からのお言葉

だけど私は指導者である前に教師だから
未来の話をしなければなりません
今日がスタートラインだと
あなた達はまだここからだと
進学する者、サッカーを続ける者、また別の道を選ぶ者、更に上のステージを選ぶ者

・・・もし可能なら
この仲間と過ごした3年間を
辛い時も苦しい時もあったけど
どうか
梁山サッカー部を
忘れないで・・・忘れないでください

 

あ” ぎ ご ぜ ん” ぜ い”

泣くーーーーーーーーー
秋子監督の涙に、もらい泣き。わすれないで、からの忘れないでくださいで涙腺崩壊
自らの去就については触れませんでした。去る3年には関係ないことだし、このロッカールームで言うことじゃないって判断したのかな。

碇屋と秋子監督、ふたりでのやりとりがあるって期待したんだけどな・・・
それはなかったですね

 

 

 

終始落ち込みっぱなしで心ここにあらずだった高木マルコ
ユニフォームを回収するさなぎの言葉で我に返る
ユニフォームを渡しながら涙する高木マルコ

終わりなんだな
終わりなんだな
高校生は
楽しかったのに

 

マルコにも泣かされるけど、さなぎが大阪弁で受け答えしてあげてたりと泣かせる

ラストシーンは誰もいなくなったグラウンドに向かう加藤
先客の碇屋がグラウンドに礼をする姿を発見

このふたりで締めるラストシーン
かっこよかった。加藤がグラウンドに礼じゃなくって、あえて碇屋。
碇屋がこんな事するんだって驚き
そして碇屋サッカー好きなんだなって、伝わるラストシーンでした

次回以降の展開が想像つきません。
ふつーに音羽と試合するんでしょうか・・・梁山戦後の音羽戦ってちょっと物足りない感ありますよね?
もういっそのこと急に決勝戦、桜木高校との一戦ってしちゃってもいいんじゃ・・・

ああああ、まだしばらくは梁山ロスが続くなー
次回の仮タイトルは発表なかったですが、連載五周年でセンターカラー!!!やべー楽しみです

 

DAYS デイズ 245話へ続く
 

 

 

8 thoughts on “DAYS デイズ 最新 244話 ネタバレ 感想 梁山の目にも涙

  • 2018年4月18日 at 7:12 AM
    Permalink

    おはようございます。

    今週は聖蹟がチラリとも出て来ないレアな回の一つとなりました。
    一校を除いて全てのチームが敗戦をするという当たり前の現実が繰り返されていることを再認識しました。秋子監督の涙は「DAYS」史上最大の涙腺崩壊どころでした。しかも、美しい。
    さなぎちゃんも可愛かった。これからも時々出てきてくれないかな?梁山。

    グラウンドへの礼、先客がいてそれが碇屋とは気付きませんでした。
    加藤が一人で行っているものとばかり。
    アメトリコさん、ありがとうございます。

    最後にしつこいですけど、やっぱり梁山は滋賀県代表だと違和感がありますね。
    さなぎちゃんも関西弁もう少し上手いはず。

    Reply
    • 2018年4月18日 at 8:00 AM
      Permalink

      はらへりさん
      ほんと秋子監督には泣かされました(泣)
      ご指摘のとおり梁山は関西のチームなのに関西弁が出ないことに違和感でしたが、さなぎの関西弁も言われてみると関西チームなのにあえてコテコテ関西弁をネタ的に使うシチュエーションって不思議ですね(笑)

      笑いあり涙ありの素敵なエピソードでした!

      Reply
    • 2018年4月18日 at 10:44 AM
      Permalink

      奈良だけどな

      Reply
      • 2018年4月18日 at 1:07 PM
        Permalink

        匿名さん
        ありがとう。奈良でしたね。

        Reply
  • 2018年4月18日 at 11:03 AM
    Permalink

    普通に聖蹟が負けて完結するのかと思ったけど、ここで勝ったから間違いなく選手権優勝するな。正直梁山はめちゃくちゃかっこよかった。特に加藤の最後のグラウンドへの礼なんかは感動モノ。
    音羽戦は簡単に書いて桜高戦をまた長く書くのかなぁ?その2つに勝って決勝は最後の10傑のチームとの試合と考えたら、40巻ぐらいは余裕でいきそうな気もするな。欲を言えば君下、大柴の代のインハイと選手権、つくし、風間の代のインハイと選手権も描いてほしい…
    Days最高!!安田先生これからも応援してます!!

    Reply
    • 2018年4月18日 at 7:12 PM
      Permalink

      あいばみらんさん

      つくしの成長物語ですから、是非ともそこまで行って欲しいですね。
      ところで、アメトリコさんは最後にグラウンドに礼をしていたのは「碇屋」ではないかとのことでした。
      私も最初に読んだ時は「加藤」が礼をしたものとばかり思っていました。
      そこで、読み返してみると確かに碇屋のような感じです。加藤が少し驚きの表情をしていますから。
      でも、どちらにしても感動的なシーンですね。

      Reply
    • 2018年4月18日 at 7:45 PM
      Permalink

      あいばみらんさん

      DAYS最高!
      君下・大柴の代のインハイと選手権!見てみたいです。
      つくしが先輩になるってどんなのか想像つかないけど、面白そうですね。

      Reply
  • 2018年4月19日 at 12:54 PM
    Permalink

    最後に礼してるの碇屋でしたね。僕は加藤が礼していて、碇屋がスタンドにいるのかなと思っていました笑 碇屋あんまりそういうことしなさそうだけど人一倍サッカーが好きってことが確かに伝わってきましたね。毎週毎週本当に楽しみです!

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。