DAYS デイズ 339話 ネタバレ 感想 桜高戦 後半10分 鳥飼と柄本の限界値

漫画「DAYS」、デイズの最新第339話「感謝を込めて」のネタバレ感想です。桜高戦、後半。臼井から聖蹟カウンターのチャンス。鳥塚は柄本をマンマーク。観客は柄本には攻撃のチャンスがないように感じていたが、ゴール前にシュートのチャンス。しかし鳥飼が身を挺してピンチを救った。

 

 

339話の続き、DAYS デイズ最新340話のネタバレ感想はこちら

DAYS デイズ 最新コミックス37巻のネタバレ感想はこちら

前話、DAYS デイズ 338話のネタバレ感想はこちら

前々話、DAYS デイズ 337話のネタバレ感想はこちら

 

前話、DAYS デイズ 338話 振り返り

 

DAYS デイズ 338話 ネタバレ

聖蹟対桜高、後半。臼井が拾ったボールから聖蹟のカウンターのチャンス。柄本には鳥飼がマークにつく。柄本は臼井とのテープ練習を思い出す。鳥飼と自分との間にテーブが見える。

速瀬がゴール前へパス、水樹がスルーして君下。犬童がボールを奪うが、臼井がすぐに奪い返す。犬童と臼井に目を奪われる鳥飼、その隙に柄本はゴール前へと走り出す

シュートのチャンス、しかし鳥飼は後ろからスライディングでチャンスを潰す。顔を歪める鳥塚、その様子に犬童は・・・

 

DAYS デイズ 最新 339話 ネタバレ 感想

 

聖蹟 対 桜高 後半

止められはしたが鳥飼に対する柄本のプレーを皆称賛する

 

 

 

千手に浦が柄本にはかわせないって・・・突っ込んでてクスリとしました。
断定的な表現はダメですね(笑)

 

秋子監督は高木マルコにトランジションについて説明してやる
サッカーを時間で区切ると
自分たちの攻撃、守備、その2つをつなぐトランジション(切り替え)の時間が存在する
攻撃から守備をネガティブトランジション
守備から攻撃をポジティブトランジション
この切替の時間をいかに0に近づけるかが重要で
柄本がマークを外せたのはポジティブトランジションが速かったから、この点においては加藤より上かもしれないと

 

 

 

加藤より上とか嬉しい表現ですねぇ。柄本本人にきかせてやりたい!
だから辞めないでと言いたい!!

トランジションて全然解ってませんでしたが、秋子監督説明上手!解った気になる

 

鳥飼はそんなに飛ばして大丈夫か、まだ後半10分だと柄本に声をかける
柄本は自分の身よりも鳥飼を案じる
鳥飼は挑発してるんじゃねえと怒る

 

柄本も気づいていたんですね。一緒にプレーしたからこそわかるのでしょうか
そしてふたりのカジュアルなやりとりは新鮮です

 

犬童が集中力が切れているのではと鳥飼を茶化す
鳥飼は大声で桜高メンバーに告げる
お前らは自分に頼ってばかり、桜高には俺がいなきゃダメ
自分が桜高にいたことを感謝しろと両腕を広げる

 

 

 

急な王様的態度も、もう腰が限界が近いのを悟っているような気がして
面白いはずなのに切なく感じてしまいます

 

大騒ぎする桜高
プレー再開
柄本も疲れから意識が遠のきそうになっている自分に気づく
気を引き締め集中と言い聞かせボールを呼ぶ

鈴木からのパスを鳥飼が阻止しようとする
こぼれ球を鳥飼が胸トラップ
しかしすぐに柄本がネガティブトランジションして奪い返す

 

切り替えのはやさ!!

 

こぼれ球を君下が拾う
鳥飼が身を呈し腰を入れた低い姿勢で再度奪い返す

 

 

鳥飼からのパスを受けた倉科丈一郎
しかし犬童はプレーを切るように指示

戸惑う丈一郎、しかし鳥飼がボールを呼び自らゴール前へ走り出す

 

プレーを切れってことは、ちょっと鳥飼ヤバいってことですね
あと、丈一郎って呼ばれてたけど絵は丈ニ郎なんだよな・・・

犬童も水樹が佐藤と鈴木間違えるみたいにナチュラルに間違えてて、丈ニ郎が「は?」ってなってたシーンなら面白い

 

パスを呼ぶ成神
鳥飼は無視し走り続ける

心の中、鳥飼は桜高メンバーへ感謝の気持ちを語る
FWからディフェンシブなポジションへ代わり、新しいことを覚えるのは楽しかったと
犬童、成神とボールを蹴るのは楽しかったと

 

 

 

千手は柄本とやりあった時にもう限界が来ていたのかとつぶやく

 

鳥飼のミドルシュート
しかしシュートは威力がなく猪原の正面

鳥飼はその場に倒れた

 

もう少し後で鳥飼ダメになるかと思ってましたが・・・ここで退場ですかね
聖蹟も柄本に限界が近そうなので、両チームなかなか100%の状態での勝負とはなりませんでしたね
少し歯がゆい気持ちです

美しいラストシーンでした。桜高メンバーへの感謝を伝えるシーンはウルルと来ました

 

聖蹟 対 桜高
1 – 1
柄本(前半20分) – 成神(前半40分)

 

DAYS デイズ 340話へ続く
 

 

 

「DAYS デイズ 339話 ネタバレ 感想 桜高戦 後半10分 鳥飼と柄本の限界値」に2件のコメントがあります

  1. AMETORICO さん

    鳥飼の回想シーンは感動モノでした。
    特に「振り向くな君は」を読んでいる人は、その気持ちが大きいんじゃないかな?
    まだ、後半10分ですか。
    桜高は大幅に作戦を変更せざるを得ないでしょうね。
    犬童の負担が増えそうです。

    AMETORICOさんの文章の随所に「つくし、辞めないで欲しい」の言葉が入っているのが、私たちDAYSファンの気持ちを代弁してくれていて嬉しいです。この桜高戦で何かしら考えを変えるきっかけが生まれてくれるといいのですが。
    読み返してみると、つくしのお母さんも試合前につくしの表情を観て「決めたのね」というシーンがありました。私は覚悟だと思っていたのですが・・・
    それでも、やっぱり理由がわかりません。

    1. はらへりさん
      コメントありがとうございます!
      まだ後半10分なんですよねー。でもつくしはもうバテちゃいそうで、前半から描かれている以上に激しい運動していたのだと伝わってきました。早く風間に来てもらって少しでも一緒にプレーしてほしいです

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。