DAYS デイズ 番外編 Another day 4 ネタバレ 感想 プロ入り直後 平と火村

漫画「DAYS」、デイズの番外編、Another day4話「東北魂」のネタバレ感想です。聖蹟が優勝した日の夜、伊藤は弟のキヨと1対1をする。キヨは聖蹟に入るという、それは兄がベンチながらも楽しそうだったからだという。

 



スポンサーリンク


 

Another day 4の続き、DAYS デイズ Another day 最新 5のネタバレ感想はこちら

DAYS デイズ 最終巻 コミックス42巻のネタバレ感想はこちら

前話、DAYS デイズ 番外編 Another day 3 のネタバレ感想はこちら

 

前話、DAYS デイズ 番外編 Another day 3 振り返り

 

DAYS デイズ 番外編 Another day 3 ネタバレ

優勝した日の夜、ラーメン屋と革屋与兵衛で打ち上げして帰宅した伊藤。試合を観ていたという父はチームは優勝したが全国では出番がなかった。それでも聖蹟を選んで後悔はなかったかと尋ねる

伊藤は悔しくて嬉しくて、すごく練習したけど試合にでれなくて。ただそれだけの話だと応える。沈黙を破ったのは弟のキヨ、キヨは伊藤を1対1に誘う

ユニフォームを着て1対1に応じた伊藤、公園でプレーしながら3年間を振り返った。弟のキヨは聖蹟を受けるという。あっていると伊藤が反応するとキヨはそうじゃなくて兄が楽しそうだったから入部したいのだと伝えた

伊藤は帰り道、楽しかったのかと自問し、楽しかったから後悔はないと答えを出した。そしてキヨに10番を着るようにと伝えた

 

DAYS デイズ 番外編 Another day 4 ネタバレ 感想

 

DAYSが番外編で帰ってきた!!6つのAnotherStoryということで

1話「見えないエール」 丸岡/甲斐2話「天才家族」 碇屋
3話「兄の背中」 伊藤
4話「東北魂」 平/火村
5話「欧州遠征」 成神/君下
6話「BLUE SKY」 柄本

というラインナップ

今回は第4話、青函のエピソードです

 

火村と平

青森からヒッチハイクして火村が平の練習する鹿島へやってくる

 

 



スポンサーリンク


 

(いつのエピソードやるのかなーってドキドキしてましたが、プロか。プロ入ってからのストーリーですか!)

 

自らもプロ入りを夢見る火村、練習場を覗き見ると
坊主頭の平がしごかれていた
同じチームの水樹も先輩たちからダメ出し

火村は目を疑った

 

(プロの厳しさってヤツですか。なんとなく平も水樹も一年目から才能大爆発させるもんだと思っていましたが、甘くはありませんね)

 

居残りひとり練習に励む平に火村はようやく声をかけた
火村は帰郷命令だと告げ、卒業式に出席するよう一緒に青森へ帰る

 

新幹線の車中
正直別人だと火村が切り出すと
俺よりもお前の方がと平

火村は1年ながらも、平から青函のキャプテンに命じられたのだった

 

(会話の中で、水樹のほうが適応が速いとありましたね。さすが怪物!そして火村がキャプテン!? あのチームでキャプテンやるのは大変そうですね・・・お父さんが監督ですよね。しかも。)

 

火村は自分は平とは違うからとキャプテンになったことに戸惑いを見せた
平は転校生の話や会社での昇進を例に、大事なのは大切なものを変えずにどうやって新しい自分を構築するかだと語った

 

 

火村は平の言葉で、平が新天地で平は変わろうとしているのだと理解する

 

(いいこといいますね・・・平。坊主頭も納得感がある。けど会社の昇進の例まで出せるのは、人生何周目だよってくらいの達観ぷりですね(笑))

 

目的地が近づき、窓の外は雪景色に
田舎だと毒づく火村に原風景を持っている人間は強い、青森県民は耐え忍んでこそだと平は伝えた

 

平、坊主でもイケメンでしたね。火村もいいキャラしてた
ふたりの新しいスタートにエールを贈りたい!
平も火村も、そして水樹も今がしんどいときですが耐え忍んで来年は良い春を迎えられるといいですね

 

DAYS Another day 5へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。