黒崎くんの言いなりになんてならない 54話 ネタバレ 感想 別フレ4月号

漫画「黒崎くんの言いなりになんてならない」最新54「アクマと夏祭り(後)」のネタバレ感想です。タクミ、黒崎くん、ミナと由宇の4人で夏祭りへ。タクミはおみくじの言葉を信じ、由宇に髪飾りをプレゼントする・・・別冊フレンド4月号掲載エピソードです。

 

 

54話の続き、黒崎くんの言いなりになんてならない最新55話のネタバレ感想はこちら

前話、黒崎くんの言いなりになんてならない 53話のネタバレ感想はこちら

 

前話、黒崎くんの言いなりになんてならない 53話の振り返り

 

黒崎くんの言いなりになんてならない 53話 ネタバレ

黒崎くんとタクミ、ミナ、由宇の4人で夏祭りへ。射的を楽しむ4人。黒崎くんは風で前髪で隠していた傷が見えてしまうミナに景品のお面をあげる。

その後、梶くんたちと偶然遭遇しみんなでたこ焼きを食べる。おみくじを引くも由宇は凶をひいてしまう。

黒崎くんはくじについてきたという幸運のお稲荷様を由宇にあげる。タクミのおみくじの恋愛欄にはあきらめなければ望みあり」とあった

肝試しに向かった一行。黒崎くんと由宇はいい感じだったが、氷野の手下に囲まれる。黒崎くんが対応する間、タクミが由宇を安全な場所へ避難させる

タクミは射的でもらった花飾りを由宇につけてあげる。

 

黒崎くんの言いなりになんてならない 54話 ネタバレ 感想

 

タクミの気持ち
由宇に髪飾りをつけてやりながらタクミは改めて由宇に惹かれていた
由宇が油断した好きに浴衣の帯を氷野の手下が緩める
浴衣が脱げそうになり赤面する由宇はタクミにひっついてなんとか見えないように努めようとする
タクミは由宇を抱きかかえ人混みから離れる

 

タクミの恋心切ない(泣)
でもやっぱりタクミは片思いしてる状態がいいよね。

 

 

 

着崩れを直そうとトイレへ向かう由宇
待ってるというタクミだったがそこへ梶くんのワンコが登場
驚いて大きな声を出してしまうタクミに怖いの苦手なの変わってないねと笑う由宇
タクミはその笑顔でまた由宇に惹かれてしまう

「・・・・いつだって 僕のみっともないところを 君は笑って受け止めてくれる」

 

同じ頃、黒崎くんは氷野の手下を蹴散らす
ひとりで皆の元へ戻ろうとする黒崎くんにミナは足をくじいたと嘘をついて一緒に戻ろうとする
しかし黒崎くんは全てお見通しで相手にしない
ミナは背中を向け歩き出す黒崎くんに改めて付き合って欲しいと告白
理想通りになるというが黒崎くんはおまえそんなにつまらねぇ女かと言い残し歩き出す
ミナは由宇の事が好きなのは黒崎くんの言いなりにならないからかと質問した

 

まさかのミナがタイトルコール(笑)
正確にはタイトルじゃないけど、ちょっとニヤニヤしちゃうシーンでした

 

甘酒を飲みながら黒崎くんの帰りを待つ由宇とタクミ
ミナとただならぬ関係になってやしまいかと甘酒に酔っ払った由宇がタクミに絡む
彼女だけど一度も好きとか言い合ったこともないし不安で向き合わなきゃいけないと思っているという由宇だったが
タクミは無理に関係をはっきりさせることはないと由宇の手を取った

 

 

 

タクミーーーーー!!!
もう気持ち完全に復活ですね。

 

タクミの手が冷たいからと温かい甘酒を買いに向かった由宇
その間に氷野がタクミの前に姿を現し、黒崎くんを引き離し、由宇と二人きりにしてやったのだと言う
タクミは冷静に次は黒崎くんと自分を仲違いさせようとしているのかと反論
由宇が甘酒を持って戻ってくる。氷野の姿に驚く由宇
タクミは氷野のことを調べたと氷野を追い詰める
氷野はタクミたちともともとは同学年
母親はいなくて父親は地元の名士、年の離れた兄がいる。状況だけみると黒崎くんに似ているが孤立してた理由は違うと指摘
うるさいと話を遮る氷野の元へ友達がやってくる
様子がおかしい氷野を由宇も心配し甘酒を飲むようにすすめる

氷野は由宇に黒崎くんにすり寄って自分の格をあげたつもりかと煽るが
由宇は無視して甘酒を飲ませる

「あたしが黒崎くんのそばにいるのは 好きだから」

そこへ黒崎くんが戻ってきて、来いと由宇を呼ぶが
興奮した氷野が由宇の肩を押しふたりはそのまま手すりを越え崖へ・・・

 

 

 

氷野がもともと同学年だったとか
新事実発覚ですね。タクミの調査力すごい!近く全容が明らかになりそうです。

って崖?なのかな?から落ちちゃうけど、どうなっちゃうのーーー
ここはタクミが助けてくれるとポイントアップなんですけどねー

 

黒崎くんの言いなりになんてならない 55話へ続く
 

“黒崎くんの言いなりになんてならない 54話 ネタバレ 感想 別フレ4月号” への1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。