黒崎くんの言いなりになんてならない 57話 ネタバレ 感想 久々の氷野

漫画「黒崎くんの言いなりになんてならない」最新57話「なくしたもの」のネタバレ感想です。由宇の記憶が戻らないので梶くんはこれまでの由宇の高校生活をコスプレで再現。しかし由宇が記憶を取り戻すことはなかった、別冊フレンド8月号掲載エピドード

 

 

前話、黒崎くんの言いなりになんてならない 番外編のネタバレ感想はこちら

 

前話、黒崎くんの言いなりになんてならない 番外編の振り返り

 

黒崎くんの言いなりになんてならない 番外編 ネタバレ

記憶が戻らない由宇の為に梶くんはこれまでの由宇が見てきた、体験してきた場面を再現しようと数々のコスプレを披露

寮の食堂で配膳係をしていたタクミと黒崎くんも加わり、盛り上がるも由宇の記憶が戻ることはなかった

 

黒崎くんの言いなりになんてならない 57話 ネタバレ 感想

 

別冊フレンド8月号表紙
そして巻頭カラーでした!!

表紙は海を楽しむ黒崎くんと由宇
この黒崎くん、いつもよりもやさしく見える、、なんででしょう
目の色のせいかなー

 

 

巻頭カラーはタクミ、由宇、黒崎くん、そしてミナの4人
ミナがなんか主要キャラっぽいの違和感あるけど嬉しくもある

 

由宇の記憶
医者から中学時代の記憶について訊かれる由宇
赤字蔵というあだ名でいじめられていたと話すと医者は自分にはキャンキャン吠えついていたと応じる
医者は黒崎くんで、バカ犬には再教育が必要だと迫る・・・

すべて由宇が見ていた夢だった

 

朝から黒崎くんの夢見ちゃうとか
記憶失っても本能は惹かれてるんですかね!

 

 

 

寮は夏休み中の帰省で人影が少ない
しかし黒崎くんはいて、由宇の通院に付き合う

診断を終えて部屋を出ると、屋上で氷野とばったり遭遇
氷野はまだ記憶が戻っていないのを理解しつつ、黒崎くんを取り合った仲だと説明
由宇は思い切って氷野に黒崎くんが自分のどこを好きだったのかと尋ねた

 

氷野!!もはや存在を忘れかけていたよイケメン
怪我のせいか憑き物が取れたようなスッキリした表情ですね

 

氷野はずぶとくておかしな人だと笑う

そこへ黒崎くんが飛んできて氷野の胸ぐらを掴む
由宇が止に入る
記憶がなくなったくらいたいしたことないという由宇の言葉にショックを受ける黒崎くん

 

 

騒ぎが収まり、氷野が連れて行かれた後
黒崎くんは由宇にお前にとって俺の記憶がないのはたいしたことじゃないんだなとつぶやいた

その言葉に胸が痛んだ由宇
黒崎くんがないてるように見えてしまったが、勘違いだった

 

黒崎くんショックだろうな・・・自分との思い出否定された気がしたんだよねきっと・・・

 

由宇の両親が由宇を連れて帰省しようとする
母は黒崎くんも誘う
黒崎くんは伺いますと即答

 

フットワークかるすぎ!!(笑)
お母さん、気軽に誘いすぎ

 

 

 

特急列車に乗る4人
寮に電話してくると黒崎くんが席を外した隙に
由宇の母は愛されてるわねと由宇に伝える
春美寮に入ってから会う度楽しそうだった、黒崎くんにいい影響をもらったのねと語る

 

列車の連結部でタクミに電話をかけた黒崎くん
しかし番号は現在使われていないとのメッセージ

 

ええええ!タクミどうした?それとも着拒ですか?
着拒だともっと違うメッセージでしたっけ・・・
タクミも事故で記憶喪失とか?

 

実家に到着
お風呂へと向かった黒崎くん
母はボディソープが切れていたと由宇に持っていって話をするようにけしかける
浴室のドアを開けてボディソープを手渡そうとする由宇
足を滑らせて黒崎くんに寄りかかってしまう・・・

 

 

 

ってどんなシチュエーションやーー(笑)
由宇、大胆にドア開けすぎっしょ。目線そらしてるから大丈夫みたいになってるけど
黒崎くんもとっさに前隠すとか笑笑

さすがにご両親もいるので何事もないでしょうが
実家ドキドキつづくのでしょうかー

…タクミ何があったーー

 

黒崎くんの言いなりになんてならない 58話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。