私たちはどうかしている 最新 27話 ネタバレ 感想 催事当日 女将VS七桜

漫画「私たちはどうかしている」最新27話「新生わらび餅」のネタバレ、感想です。妊娠疑惑のさなか、やっぱり椿が好きだと再認識した七桜。城島の実家、しまやのわらび餅をついに完成させた七桜だったが女将の妨害にあい・・・BELOVE6号掲載エピソード

 

 

27話の続き、私たちはどうかしている最新28話のネタバレ感想はこちら

前話 私たちはどうかしている 26話のネタバレ感想はこちら

私たちはどうかしている 出演キャラや伏線などをまとめたwikiはこちら

 

前話 私たちはどうかしている 26話の振り返り

 

私たちはどうかしている26話 ネタバレ

妊娠しているのでは?と不安になりながら音羽百貨店からの帰り道、七桜は改めて椿に惚れていることを認識する

妊娠しているかどうかを確認し、腹をくくった七桜はしまやのわらび餅を完成させる。

七夕イベント当日の朝、用意したわらび餅は女将に命じられ城島?が台無しに。しかし七桜は女将が用意した代わりの御菓子ではなくしまやのわらび餅で勝負すると言い張る

 

私たちはどうかしている 最新 27話 ネタバレ 感想

 

BELOVEの表紙でした!!
七桜を抱きしめ、こちらを見つめる椿
「愛しくて憎い男 この恋は止められない」

良い煽りです(笑)

そしてセンターカラー扉絵
こっちも七桜と椿ですが、いつもとちょっと絵が違う気がする・・・気のせいでしょうか
センターカラーのふたりはいつもより若く見えました

コミック第5巻は3/13発売、表紙は椿に後ろから抱きつく七桜!

 

 

 

催事前夜、わらび餅台無しの犯人は・・・?
女将にわらび餅をどうにかするよう命じられた城島でしたが、できませんでした
「できるわけ・・・ない・・・」

そらそうですよ!
七桜が頑張って作った「しまや」のわらび餅だもんねー(´;ω;`)

しかしそんなことは想定の範囲内だった女将は自ら手を下したのだった!!(悪)
「だれかさんが役に立たないから余計な仕事が増えたわ」

 

女将、さすがの精神力。やると決めたらやる女

 

七桜がついに女将を攻略!
床に散らばったわらび餅を前にしても動じず、催事に行きわらび餅を食べてもらうという七桜
城島はその言動に動揺するが、床に散らばるわらび餅を目にして七桜の意図を理解

椿のナイスアシストで女将の妨害作戦を回避していた七桜
女将の目の前で、富岡氏が作ったハズの最中をお客さんに試食させるシーンはシビレました!
「私の作ったわらび餅を食べてもらいにきたんです 女将さん」

 

富岡氏作のハズだった最中の中に・・・・わらび餅だとーーーー!!!
汗ひとつかいてない余裕の七桜。女将に対してこんなに自信満々なのって初じゃないだろうか
ま、アドバイスしたの椿だけど(笑)

「この店には毒を持った蝶がいる」

 

いやースカッとしました
女将の悔しそうな表情
床に散らばったわらび餅は七桜の過去の失敗作で、本物は女将自ら運んでいたなんて
痛快過ぎる展開

 

 

 

椿の追求で3年前のしまやのわらび餅台無し事件の犯人も女将だということが判明
これ・・・城島が知ったら怒るヤツですよ

 

城島はようやく毒が抜けた?
しまやのわらび餅は大盛況で売り切れ
しかも椿のはからいで商品名に「しまや」を入れることに!

今回の椿さん、イケメンすぎませんか?

 

催事が大成功を収め、城島の毒も抜けたようでした

どうして・・・
オレは作るのをあきらめた
充分頑張った
できる限りのことはやった
そうやって自分を正当化して
人を恨むことに逃げたんだ
でも
この人は

 

ラストシーンは七桜の笑顔に頬を赤らめる城島
同時に・・・七桜に本気で恋しちゃいましたかーーー!!!

 

 

今までは女将に命じられて椿との仲を引き裂こうとしていたわけですが
今回のはマジ恋ぽいです
城島はとはいえ、椿にも大きく借りがあるわけですしね
どうするんでしょうか

催事が終わって一段落かと思いきや
七桜の妊娠疑惑やら、三角関係やらで盛り上がりっぱなしです
前回おやすみだったし、余計そう感じるよねー

 

今回はなんだかところどころで七桜がいつもの倍可愛かったな(絵が)

 

私たちはどうかしている 28話へ続く
 

4 thoughts on “私たちはどうかしている 最新 27話 ネタバレ 感想 催事当日 女将VS七桜

  • 2018年3月1日 at 7:25 AM
    Permalink

    おはようございます

    城島くんの借金を支払ったり、わらび餅にしまやと名付けたりと椿、優しいなあ、と思ったら、
    「あの人」がしまや事件の犯人!
    それで優しかったのか、いいえ、恋敵の城島を遠ざける(手切れ金?)ためだと思います
    実際、七桜と働く城島くんの頭の中は花一杯に・・・・
    ほおを染める城島くんを冷ややかに見つめる椿が印象的でした

    Reply
    • 2018年3月1日 at 8:20 AM
      Permalink

      はいじさん

      コメントありがとうございます!
      椿はおっしゃるとおり早速頬を赤らめる城島に気づいてましたね!おそろしや椿‥抜け目ない
      七桜への愛情の現れなんだろうと解釈してます(笑)

      Reply
  • 2018年3月3日 at 7:35 AM
    Permalink

    おはようございます

    私は大旦那が犯人と思っていたのですが、みずぽん様のおっしゃる通り、ひげの人が怪しい!
    誰かが怪しいと思わせて、裏の裏をかく、それがこの作品の謎を解くカギだと思います
    例えば、椿は七桜の正体を本当に知らない、七桜の妊娠は、本当!
    人物で言えば、大旦那、椿、城島は元は善人なので裏の裏で善人に戻っただけです
    え?、女将、あの人の本当の顔はだれも知らないからわかりません・・・・

    Reply
    • 2018年3月3日 at 7:40 AM
      Permalink

      はいじさん

      おはようございます。多喜川は最初こそ七桜の味方キャラでしたが、今や七桜も強くなったので多喜川のキャラの重要性は下がったことを考えると実は悪い人だったという展開は面白いですね

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。