私たちはどうかしている 最新 48話 ネタバレ 感想 栞 全裸での懇願に椿は?

漫画「私たちはどうかしている」最新48話「雪を照らす光」のネタバレ、感想です。椿と二人きりの温泉宿泊後、光月庵では栞が椿の子を妊娠したと騒ぎに。嘘をつき跡がなくなった栞は全裸で椿に抱いてほしいと懇願する。BELOVE8月号掲載エピソード

 

 

48話の続き、私たちはどうかしている最新49話のネタバレ感想はこちら

前話、私たちはどうかしている 前話47話のネタバレ感想はこちら

登場人物、伏線、御菓子をまとめた 私たちはどうかしている wikiはこちら

 

前話、私たちはどうかしている 前話47話 振り返り

 

私たちはどうかしている 前話 47話 ネタバレ

七桜にキスされた椿、ずいぶん冷たいキスだという椿に七桜はママが残した光月庵を自分のものにして身の潔白を証明するのだと応える

長谷屋に栞の妊娠報告へ向かう女将と栞。栞の父はそっけない態度だったが妊娠を喜んでいた

光月庵に戻った椿は栞の妊娠のことを聞き驚く。花がすみでは多喜川が溝口議員の政治活動費について調査した結果を七桜に報告していた。

溝口議員は今日子と結託し裏帳簿を作っていたのだった。今度多喜川家で行われる茶会に溝口を誘ったところ、茶菓子を花がすみでとリクエストが入る

椿は妊娠について栞に説明を求めようとするが、栞は全裸になり抱いて欲しいと迫る

 

私たちはどうかしている 最新 48話 ネタバレ 感想

 

久々の大旦那
幼い頃の栞
父が3人目は絶対に男の子だと信じて、祈願もたくさんしたのにがっかりだと話していたのを聞いてしまう

 

栞、可愛そうだけど・・・今は同情できない!嘘ついてんだもん

 

 

 

全裸で椿に抱きつき、抱いて欲しいと懇願する栞
ずっと椿が好きだったという

椿は栞の首に手をやり、自分のどこが好きなのだと凄む
冷たい視線にゾクッとする栞、キスをされそうになるも
顔をそらし、震えたままそのまま床に座り込む

栞に服をかけてやり、以前なら躊躇なく抱いたかもしれない
栞を道具として・・・でも今の俺は、と七桜を思い浮かべて一言

「絶対に無理です」

 

おおおおおお!!言ったーー!!
いや、温泉の出来事から万が一にも栞だいちゃうなんてことあるんじゃないかと思ってしまった
良かったです。椿ちゃんとしてた

久しぶりのデビル椿も良かったです
こえーーー

 

椿は自分からは誰にも言うつもりはないと部屋を出た

 

 

 

翌日、12/1
雪が降る中、来店した客に「なんきん」を探していると訊かれた栞だったが応えられなかった

そこへ城島が、かぼちゃまんじゅうのことだとフォロー
冬至に「ん」のつくものを食べると運気が上がると言われていて
この時期だけ「なんきん」というのだと説明する

栞は一番助けられたくない人に助けられてしまった
また辛辣に言われてしまうと気まずい思いをする

 

厨房
城島はあれくらいならいつもなら答えられる
疲れているなら休みをもらえ、体が大事な時期だろと言う

予期せぬ言葉に驚く栞

城島は椿とそういう関係だとは知らなかった
あなたのものにはならないとか言ってしまってさーせんと頭を下げる

 

城島、「さーせんっ!!」とか可愛すぎる
まさかの城島と栞のフラグですかこれ!!

 

 

 

栞は謝らないでと、涙を流し
まんじゅうは苦手なのだと、かつて父が買ってきたお土産の中
自分のまんじゅうだけあんが入っていなかった思い出を語る

 

なに・・・なにこの話
セツナすぎる。なんなの
なに外れのまんじゅうって。長谷屋の旦那、そんなオーダーわざわざしたの?
ひどくない?

 

そして妊娠をしていないのだと城島に告白した

 

いや・・・もう栞がダークサイドへ真っ逆さまかと思いきや
やっぱり栞は悪にはなりきれませんでした
サクッとゲロってしまいましたけど、これで城島といい感じってのもアリですよね
城島が。。。その気になればですけど。

あーーでもこの後、妊娠が嘘だと知った今日子は怒り狂うんですかねーー
光月庵出禁かな

栞が結局嫌いになれませんでした(笑)

 

多喜川家ではお茶会が行われる
花がすみが振る舞う御茶菓子は薯蕷(じょうよ)まんじゅうという
皮に大和芋・山芋を使ったまんじゅうで、菓銘を「風花」という

 

 

 

溝口議員もまんじゅうを気に入り茶会は盛況で終わる

 

茶会の後
庭を散歩する溝口議員と七桜
七桜は茶会の御茶菓子に推薦してくれたお礼を伝える
七桜は光月庵贔屓だと思ったのに意外だといい
自分の店を大きくしたいのだと持ちかける
ポケットの中にはレコーダーを忍ばせていた七桜

溝口は乗り換えるのも悪くないと肩に手をやり
光月庵とどういう関係なのかと逆に七桜を追及

政治活動費のことは違法じゃない、それで脅そうとしても無駄だと反論
そして大旦那に死が近づいており、もう光月庵はダメだろうと話す

溝口は七桜の覚悟次第では望みを叶えてやろうと抱き寄せる
抵抗する七桜、そこへ多喜川が溝口に水をかけて止める

 

 

 

溝口の政治活動費の件は違法じゃないのかーー
残念です。これで溝口をどうこうするってのは終わりなのかな?

 

多喜川は光月庵の次期当主を誰にするか大旦那に決定権があるので
名乗りをあげるならいまだとアドバイス

同じ頃、今日子は溝口から電話を受け七桜が自分たちの事を知っていると知り
病院へ急ぐ

すぐに退院の手続きをするという今日子
病室へ入り廃人同然の大旦那を目にし、一安心

そこへ七桜がやってきた

 

七桜がと女将の一騎打ち!!
大旦那はふたりの口論から記憶呼び覚ますんでしょうか
そして、火事の中、今日子が見つけた遺書は白紙だという事実が判明しましたね

 

 

本物はまだ大旦那が屋敷のどこかにかくしているのでしょうか
それとも焼けちゃったのかしら

いやーー栞の闇落ちが収まってしまいどうなることかと思ったけど
やっぱり面白くなってきました。さすがです!!

 

私たちはどうかしている 49話へ続く
 

 

“私たちはどうかしている 最新 48話 ネタバレ 感想 栞 全裸での懇願に椿は?” への8件のコメント

  1. あーーーー
    栞と変なことにならなくて一安心です!
    栞もかわいそうな気はしますが‥城島くんと結ばれてほしいな~お互いなんだか気が合いそうで(^_^;)
    大旦那は3年以上あのままってことですよね?
    ほんとは演技?!なんてことも考えちゃいます(笑)
    この先が気になって仕方ありません~!

    1. keityさん

      ほんと一安心ですー笑
      嘘を突き通せない不器用でビビリな栞に同情もしちゃいますが****

  2. こんにちは、ご無沙汰しております!

    栞を拒絶したのは、椿に愛する人がいるから
    たとえ光月庵を奪う敵でも、椿は七桜を忘れることができない
    椿の胸中はせつない、そう思います

    一方、気になるのは城島くんの動向です
    「栞の妊娠が本当になれば、椿と結婚することになる」
    「そうすれば、自分は七桜に接近しやすくなる」

    こんな悪いことを考えていそうですね・・・
    (多喜川に焚き付けられる、はありそう)

    1. はいじさん

      お久しぶりです。コメントありがとうございます
      城島が久しぶりに出番が多かったですね(笑) もう城島は闇落ちはないと信じたいです。。。。

  3. ご無沙汰してます。
    みずぽんです。
    ここにきてやはり女将が本人ぽくなってきましたね。
    アリバイをどう崩すかがポイントで…。
    大旦那は「さくら」と聞いて正気を取り戻すのでしょうね。

    1. みずぽんさん

      女将と七桜の直接対決再びですね
      思えば、七桜も強くなりましたよね。女将と一騎打ちによゆーの表情ですから(笑)

  4. ametoricoさま、おはようございます

    以前から気になっていたのですが、七桜の名字はなぜ「花岡」なのでしょうか?(両親は高月と大倉)
    もしかして犯人を教えるメッセージかも、と考え、花の名前の登場人物を調べました
    大倉百合子   花岡七桜   高月椿

    この中に犯人がいるはずです!

    そう思ったのですが、多喜川の名前が判明しません、残念です・・・

    1. はいじさん

      おはようございます。お返事遅くなってしまいもうしわけないです。
      名字を変えた理由はわかるとして、たしかにどうして「花岡」を選んだのかはまだ明かされてませんね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。