私たちはどうかしている 62話 ネタバレ 感想 多喜川と百合子

漫画「私たちはどうかしている」最新62話「初恋」のネタバレ、感想です。七桜は女将が多喜川の父に樹の殺害を依頼したのでは?と考えていた。武六会当日、無事に御菓子を納めた七桜、多喜川と話をしようと姿を探すが由香莉に階段から落とされてしまう・・・BELOVE10月号掲載エピソード。

 



スポンサーリンク


 

62話の続き、私たちはどうかしている最新63話のネタバレ感想はこちら

前話、私たちはどうかしている 前話61話のネタバレ感想はこちら

登場人物、伏線、御菓子をまとめた 私たちはどうかしている wikiはこちら

 

前話、私たちはどうかしている 前話61話 振り返り

 

私たちはどうかしている 前話 61話 ネタバレ

七桜は女将が樹の殺害を多喜川の父に依頼したのではと持論を展開。そして多喜川の父が椿に似ていたと遺影を見て思ったのだとも説明した

椿と七桜は火事のあった母屋へ久しぶりに足を運ぶ。椿は火事の日、約束を守れなくてゴメンと謝った。

武六会にお菓子を無事に収めた七桜、多喜川と話をしようとしたところで由香莉に階段から突き落とされてしまう

 

私たちはどうかしている 最新 62話 ネタバレ 感想

 

多喜川の告白

由香莉から階段から突き落とされ気を失ってしまった七桜は中央病院へと運ばれる
話を聞いた椿は急ぎ病院へ向かう

 

治療を終えた七桜が診察室から出てくると多喜川が心配そうに結果を待ち構えていた
異常はなかったと聞くと安心してその場にへたり込む

武六会の途中だからと急いで戻ろうとする七桜に多喜川は少し休んでいこう説得した

 

 



スポンサーリンク


 

結構な大怪我かと思ったら大したことなくってよかったです
七桜もしかして驚異の身体能力の持ち主だったり?(笑)

 

病院の外のベンチに座るふたり
改めて由香莉の代わりにごめんと謝った多喜川
ふたりは幼なじみなのかと訊かれ、お互い家を背負う立場で近くにいただけだと応えた

七桜は百合子からの手紙をどうして多喜川の父が持っていたのかと尋ねる

 

おおお、ストレートに訊きました
事件の真相に迫ってきてますねー

 

近くの自販機に、言葉がうまく発せられない子供の姿が
多喜川は自分もああだったのだと過去を語りだす

多喜川家の跡取りとして生まれたが、うまく話す事ができず
そのことで母は自分をひどく責めるようになったのだった

ある日、光月案を父と訪れた時に百合子が優しくしてくれたことが忘れられず
百合子は当時中学生の多喜川の初恋の相手となる
それから足繁く光月案に通ったのである

 

た・・・多喜川の初恋の相手が百合子さん!!驚き

 

百合子の御菓子は父も大好きで
逮捕された時にもすぐに弁護士を派遣したのだった
百合子から預かった七桜への手紙は本当に百合子からのもの
多喜川は中身が気になって確認
何もやっていないという百合子
の言葉で、多喜川は女将の仕業だと確信したのだった

女将を消すため、多喜川は七桜に近づき利用したのだと涙
七桜に謝罪

七桜は多喜川の百合子への想いを知り、自分も百合子の温かさが好きだったと同情
涙する多喜川を抱きしめた

 

 



スポンサーリンク


 

おおお、多喜川にはもうチャンスなしかと思ったんですが
正直に過去を打ち明けて好感度回復ですね!!

 

ふたりの様子を柱の陰から椿は伺っていた
声をかけずに、椿はその場を去った

 

椿、ふたりがいい感じなのを見て嫉妬したのでしょうか

 

武六会では光月案の花衣が振る舞われ、メンバーからは高評価
由香莉が必死にいちゃもんをつける
今は2月、桜のお菓子など邪道だと
納得しかけた他の武六会メンバー、そこへ椿が「江戸彼岸」ですと口を挟む
花衣が2月に咲く早咲きの桜をイメージしたものだと説明

 

椿ナイスアシスト!!
多喜川と七桜が仲よさげなのを見て、むしろ助けてくれないかと心配でしたが
七桜より先に帰って、当主をサポートとはなかなかです

 

由香莉は食い下がり、肝心の当主がいない
店で出す御菓子も光月案から代えようと考えていると言う
椿は言いがかりだと応え、七桜に何をした?と迫る

返答に困る由香莉、そこへ七桜が戻ってきて自分の不注意で階段から落ちたと説明
それから、長谷屋の納得する菓子を作るチャンスがほしいと頭を下げた

 

 



スポンサーリンク


 

七桜は由香莉を恨んでいないのでしょうか
とんだとばっちりだったわけですけど・・・

次は長谷屋の御菓子づくりでしょうか
なんだかんだで、由香莉とも仲良くなったりして・・

 

私たちはどうかしている 63話へ続く
 

「私たちはどうかしている 62話 ネタバレ 感想 多喜川と百合子」への2件のフィードバック

  1. なんと、由香莉はかなりパワーアップしましたねぇ。多喜川さんが七桜を好きになったてことをどうしても認めたくないいですねぇ。
    徐々にそれぞれの過去も明らかになってきて、どこで話が繋がるのかドキドキします!
    ドラマもサイコーですが、先に本で見ちゃってると、ここは再現して欲しかったな…みたいなとこもけっこうあったりして(^_^;)
    ドラマの展開早すぎてなんだかついていけません(笑)
    2クールでもっとじっくりやってほしかったな(^_^;)

    1. keityさん
      ここに来て女将のポジションを由香莉が担っているのが微笑ましいです。意地悪さがまだまだ足りませんが・・・(笑)
      ドラマはなかなか悩ましいですよね、原作がどんな長さであってもだいたい10話くらいで終えなきゃいけないので

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。