私のことを覚えていますか 100話 ネタバレ 感想 生まれ変わった猫作

漫画「私のことを覚えていますか」、最新100話のネタバレ感想です。遥と猫作は清澄に戻る。SORAは裕司と鳥居に遥がずっと好きだと伝えた。ついに100話!・・・「私のことを覚えていますか」はピッコマで人気連載中!

 



スポンサーリンク


 

100話の続き、私のことを覚えていますか最新101話のネタバレ感想はこちら

前話、私のことを覚えていますか99話のネタバレ感想はこちら

 

前話 私のことを覚えていますか 99話 振り返り

 

私のこと覚えていますか 99話 ネタバレ

SORAのマネージャーの鳥居は遥とSORAの動画の火消しに追われる。SORAは裕司と鳥居に訊かれ、遥のことが好きだと伝えた。

清澄に戻った遥、猫作、そして森川麗子。遥の両親と猫作の両親はふたりが結婚する前提で話をしていた

 

私のことを覚えていますか 最新 100話 ネタバレ 感想

 

(100話到達ですね!)

 

新しい猫作

遥がSTARGOSSIPを辞めて1週間がたった
毎日猫作の入院している病院へ行き、看病したりメールチェックを手伝ったり
おしゃべりしたりして過ごしていた

遥は今の優しい猫作は嫌いじゃなかった

 

(も・・・・・もしかしてもう森川麗子は出てこないのかな・・・・)

 

 



スポンサーリンク


 

病室
雪が降り出し、天気予報をチェックしようとテレビをつける
SORAが出演する月影リゾートのCMが流れ出しテレビを消す遥

 

(これは気まずい。別に付き合ってたわけでもないんだけど元カレにばったり遭遇したような感ある)

 

猫作は自分はおっさんになってからかっこよくなるから
全然気にしないでSORAの作品を観て良いんだよ、大丈夫だと伝える

そして、怪我している間だけじゃなく治ってからもずっと一緒にいてほしいと続けた

遥はどうしたら猫作が好きになれるかな?と応える
まだ全然好きじゃないか・・と落ち込む猫作。遥は慌ててこの1週間でいいところたくさん見つけたとフォロー

でも例えばキスとかは全然無理とも言う

ショックを受ける猫作
それでもめげずに子供の頃したことあったろ?と言って
じゃあまずは抱っこからと両手を広げた

 

(猫作の空気の作り方の上手さよ。ふたりが自然体なのが素敵です。1週間でこんなに仲良くなれるのか・・と感心しつつも、遥が負い目を感じてるからだよなと邪推もしてしまう)

 

マルオとよっちゃんがお見舞いへやってくる
ふたりが抱き合っているのを目撃し、持ってきたケーキを落としてしまう
ふたりは声をかけずに一度退散

 

 

 

(やっぱりこのふたり笑わせる!!マルオがやってるって言うの最高です笑笑)

 

遥がいつまでやるの?と尋ねる
猫作は遥が嫌になるまでと応える

今の優しい猫作は嫌じゃないと遥

猫作は生まれ変わったのだと語る

階段から落ちながら、遥に嫌われたまま死ぬのかと覚悟した
でも死なずにすんだから、遥に優しくする
そしてこうちゃんを良い想い出に出来るように。と

 

(いい感じじゃん。。猫作頑張れ!!ちょっと応援したくなっちゃいました。)

 

遥の脳裏に一瞬、SORAと朝まで過ごしたロッジのことが蘇る
あの日も雪が降っていた
こうやって昔の恋を忘れていくんだろう
子供の頃の恋を30になっても引きずっていただけ
SORAを本当に好きだったということじゃないだろう。大人にならなきゃと

 

(いや、そんなこと言いながら結局SORAのことめちゃ考えてるじゃん。やっぱ駄目じゃん。こんなの生SORAが来ちゃったら秒殺じゃない?猫作が激渋になるまで待てないよ・・・)

 

その後、マルオとよっちゃんはふたりを追求
付き合うことになったんなら言えよと責めると、猫作は結婚式の余興を期待してると応えた

 

このまま誰も遥を訪ねなければ猫作に勝機あり。かもですが
まずはアランがやってきますかねー?
同じ頃にSORAもやってきてドタバタするって展開も面白そうです

SORAとの再会は早いほうが猫作の傷も浅く済みそうではあるけどな・・・物語てきには結婚式直前とかでお迎えがドラマチックよね

 

 

 

私のことを覚えていますか 101話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。