私のことを覚えていますか 56話 ネタバレ 感想 SORAと猫作

漫画「私のことを覚えていますか」、最新56話のネタバレ感想です。よっちゃんとマルオは猫作にダメ出し。月影リゾートの社長の娘である森川麗子はCMで山猫ワイナリーを使うことにする。裕司とSORAはそうとは知らずに仕事を引き受ける・・「私のことを覚えていますか」はピッコマで人気連載中!

 



スポンサーリンク


 

56話の続き、私のことを覚えていますか最新57話のネタバレ感想はこちら

前話、私のことを覚えていますか55話のネタバレ感想はこちら

 

前話 私のことを覚えていますか 55話 振り返り

 

私のこと覚えていますか 55話 ネタバレ

月影リゾートの社長の娘、森川麗子は広報担当として働いていた。月影リゾートの本社住所が清澄のそばだと気づいたSORA、しかし裕司は撮影で清澄に行くことはないだろうし自分たちは生まれ変わったのだと仕事を受けることにする

よっちゃんとマルオは帰りの車中で猫作を責める。よっちゃんは猫作が知りもしないで遥の仕事をバカにしたことを咎めた、ふたりは口論になる。

麗子は山猫ワイナリーの社長で清澄の町長である猫作の父を訪ね、CMの撮影でワイナリーを使いたいとお願いし許諾を得た

 

私のことを覚えていますか 最新 56話 ネタバレ 感想

 

SORAと山猫ワイナリー

山猫ワイナリーでのCM撮影現場
そこに遥の姿が

さかのぼること1ヶ月前
猫作は遥に電話
山猫ワイナリーのHPと役場のHPに載せるCM撮影レポートを書け
社長である俺の結婚相手だと紹介すれば、今後SORAに舐められないと言う

 

 



スポンサーリンク


 

そういう展開ですか、猫作の発想おもしろい(笑)

 

猫作は将来ワイナリーでこういう仕事もできるというとこを見せたいのだと本音を伝える
頭がおかしい、どうしてそっちで私が働く前提なのだと遥

猫作は言霊だと、主張し
でかくなってしまったワイナリーを経営するためのパートナーが必要なのだと本音を続けた

遥は怖いと電話を切る

 

猫作本音を告げれたのはいいですが、肝心の好きだということはまた言えずじまいでしたね
働く話まで飛躍させたことで、結婚は違和感なく遥受け入れてるっぽいとこは笑った
あと電話切られることに快感覚えてるのも(笑)

 

編集長に伝えると、プラスマイナスどっちでもいいからネタを拾ってこいという
よっちゃんやマルオはSORAのサインがもらえないかと興奮気味だ

 

撮影当日
SORAの乗るロケバスをワイナリーで見つめながら遥は考える
仕事とはいえ、この町に戻ってきたくなかっただろうと
いやでも、今や成功者だし昔のことだから気にしていないかなと

 

 



 

SORAがロケバスから出てくる
遥は猫作がSORAがこうちゃんだと気づくか?と考える

SORAは猫作の元へ挨拶に
そして、私のことを覚えていますか?と尋ねた

 

おおおお
まさかSORAからカミングアウトですかーー猫作もさすがにこうちゃんと言われればわかるよね。きっと。
それともまた別のところで大人になったふたりがあったことある設定ですかねー

裕司はいないですけど、裕司は東京で待機でしょうか

 

私のことを覚えていますか 57話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。