私のことを覚えていますか 72話 ネタバレ 感想 裕司からの口止め

漫画「私のことを覚えていますか」、最新72話のネタバレ感想です。SORAは遥をおんぶして山のペンションへ。裕司はSORAを探し車を借りようと猫作のところへやってくる・・・「私のことを覚えていますか」はピッコマで人気連載中!

 



スポンサーリンク


 

72話の続き、私のことを覚えていますか最新73話のネタバレ感想はこちら

前話、私のことを覚えていますか71話のネタバレ感想はこちら

 

前話 私のことを覚えていますか 71話 振り返り

 

私のこと覚えていますか 71話 ネタバレ

SORAは遥をおんぶして山のペンションへ。遥はダブルベッドだったことに赤面

SORAを探す裕司、猫作によっちゃんとマルオはSORAがこうちゃんだと説明。知っていたという猫作に兄弟に遥を取られるぞとよっちゃん。

猫作は遥は身の程をわきまえていると余裕を見せる。そこへ裕司がやってくる

 

私のことを覚えていますか 最新 72話 ネタバレ 感想

 

裕司の依頼

お風呂に入って温まる遥、雪が強くなってきてもしかするとこのままお泊りでは?と焦る
風呂上がりに鏡に写った自分の姿を見て自己嫌悪になり、あああああっと大騒ぎしていると何事かとペンションのオーナーが飛び込んでくる
オーナーの誤解を解きつつ、ペンションの下の急カーブのせいでおばけがでると噂が立ってしまっているという話を耳にする
遥は少し話ができないかと切り出した

 

 



スポンサーリンク


 

小さな窓ですが、雪を見ながらのお風呂素敵ですね
ペンションのオーナーが飛び出してきたドアはどこのドアなんでしょうか?お部屋からのドアだとさすがにありえないんですが
ペンションとかだと、謎にフロントと各部屋がドア1枚でつながってたりするのかな(笑)

 

猫作が運転する車に乗せてもらう裕司
後部座席ではこうちゃんがスターになったなんて信じられないと興奮気味のよっちゃんとマルオ

裕司は先にふたりには降りてもらってもいいかと提案
ふたりは戸惑いつつ応じ、SORAによろしくと伝える
裕司はSORAは幼かったからこの街のことを覚えていないし、住んでいたこともネットに書き込みしないでほしいという
もちろんお礼はすると

猫作は口止め料かと口を挟む
年商10億の会社やっている俺にいくらくれるのかと

 

 



スポンサーリンク


 

車内の空気察すると胸が苦しいです(笑)
裕司はSORAを守らなきゃだから、そう伝えるのは当然なんだけど
いつまでも隠し通せはしないですよね・・・・

 

裕司は遥と結婚するらしいが、あのゴシップ記者には頭を悩ませているんだと続けた
猫作が人に道案内を頼んでおいてなんなんですか・・・と反論しかけたところで道が通行止めになっているのが判明する

 

これはお泊り決定ですね・・・遥、ゆっくりSORAと話ができそうで良かったですね

 

遥はオーナーに18年前の事故について尋ねた
オーナーは記憶を辿り、事故直後のこうちゃんの姿を思い出した。
泣きもせずに呆然としていたと

遥はオーナーが作った食事を部屋に運ぶ
ベッドの上ではSORAがバスローブ姿のまま横になって眠っていた

 

ご飯美味しそうです。シチューだよな。

SORA寝ちゃったかー。積もる話も・・・と思ったんですが話はまた今度って事になりそうです

 

私のことを覚えていますか 73話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。