さよなら私のクラマー 最新 17話 ネタバレ 感想 あらすじ 月刊マガジン11月号

漫画「さよなら私のクラマー」最新第17話を読んだ感想です。あらすじに触れているのでネタバレ注意です。月刊マガジン11月号掲載エピソード、浦和邦成に敗れてしまったワラビーズ・・・新章突入です

 

 

17話の続き、さよなら私のクラマー最新第18話のネタバレ感想はこちら

さよなら私のクラマー 前話 第16話 振り返り

 

さよなら私のクラマー 16話

浦和邦成戦後半、安達太良アリスが2得点

そのまま逆転することができず、ワラビーズは決勝トーナメント1回戦敗退となる

 

さよなら私のクラマー 最新 17話 感想

 

久々にテツとタケが登場しました
タケが2−0で鮮烈デビューって嬉しそうに自慢するけど
敗戦した浦和邦成戦を思い出させ、皆に蹴られるシーンは微笑ましかった

男子サッカー部もスピンオフで描いて欲しい!

 

17話は浦和邦成に敗退して落ち込んだり、悩んだりするメンバーの話が中心でしたね
深津と恩田のやりとりは深津がちゃんと教師していて感心しました
千花から女子サッカーの未来がかかってるのに
なんで万年リーグ戦の学校を選択するのかと叱咤され悩む恩田
「女の子は楽しんでサッカーやっちゃいけないの?」

千花の言葉に理解を示しつつも、深津は恩田に「お前はそのままでいい」って・・・
深津せんせー、優しいじゃないっすか
予想してない不意打ち、ズルいです!(笑)
普段何考えてるか謎だけに、こういうことされると得点が高いよね

深津の日本の女子サッカーを広げるには「裾野を広げることだ」ってとこも同意でした。

周りに残念ながらサッカーやってたとかやってる女子っていないから・・・

「さよなら私のクラマー」がもっともっと女子からも人気が出てサッカーはじめてくれる女子が増えると良いですね!

 

 

 

佐和ちゃん燃える!
深津や能見の隣で試合を見守りつつ、またマネージャーっぽい感じのポジションになっちゃってた佐和ですが
試合を見てヤル気出してて感動しました

 


私はフットボーラーになりたいです
私は
私にしかなれない
フットボーラーになりたい

 

独白のような気もするシーンだったけど、隣にいた深津は何も言わねーのかよ(笑)
せっかく深津に感心したとこなのに!!せめて傘には入れてやってよ

 

次回18話はイタリア野郎へのリベンジを誓う能見コーチが「JKFBインターリーグ」に申し込む
てのと
まさかの池袋のアニメイトで浦和邦成3人(アリス、千花、夕)と曽志崎が遭遇!!
の続きが描かれるのでしょうか?

 

 

インターリーグに向けてまた練習をするって展開かと思われますが
男子サッカー部に混じってフィジカルどうにかするってのはもう諦めたのかな?
テツ、タケ、ナメックが出てきたので絡みありそうな気もする・・・

曽志崎はアニメイト遭遇からの一緒にお茶とかって展開かしら?

 

さよなら私のクラマー 第18話へ続く

 

“さよなら私のクラマー 最新 17話 ネタバレ 感想 あらすじ 月刊マガジン11月号” への1件のコメント

  1. ピンバック: さよなら私のクラマー 最新 18話 ネタバレ 感想 あらすじ 月刊マガジン12月号 - アメトリコ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。