さよなら私のクラマー 最新 24話 ネタバレ 感想 月刊マガジン6月号

漫画「さよなら私のクラマー」最新24話のネタバレ感想です。関東大会決勝トーナメント初戦、ワラビーズは浦川茜が率いる栄泉船橋に苦戦するも、2年生の活躍で1点目を奪うことに成功。続いて2点目は周防が決めて・・・月刊マガジン6月号掲載エピソード

 

 

24話の続き、さよなら私のクラマー 最新25話のネタバレ感想はこちら

前話、さよなら私のクラマー 23話のネタバレ感想はこちら

 

前話、さよなら私のクラマー 23話の振り返り

 

さよなら私のクラマー 23話 ネタバレ

得意のポゼッションサッカーを封じられたワラビーズ、栄泉船橋の強固な守りに手も足も出ない

一方の栄泉船橋は隙をみてカウンターを仕掛ける。

ピンチの中、宮坂は菊池とふたりで深津からアドバイスされたことを思い出していた

宮坂は練習を重ね、新たに取得したロングフィードパス

パスを受けた菊池はゴール前、田勢へパス。田勢は見事ゴールを決める

初得点で勢いに乗るワラビーズ、続いて周防が2点目を奪った

 

さよなら私のクラマー 最新 24話 ネタバレ 感想

 

2点目の詳細
前話のラストシーンで周防が追加点
そのまままさか栄泉船橋戦終了かな?と思ったんですけど
そんなこたぁなく、24話は一点目直後からのエピソードでした

田勢のゴールに湧くワラビーズ
宮坂のモノローグにジーンとキます

イマイチ自分の足は信じられないけど
でも
自分のチームメイトなら
信じられる

 

 

 

先制点を許した栄泉船橋
主将の浦川茜がゲームを立て直そうと激を飛ばす

ワラビーズが先制すると思ってませんでした
しかも追加点とかどうしたよ

ロングパスを警戒し宮坂にマークがついた分、パスコースが空く
ボールを受けた曽志崎から周防
ゴール前そのまま行くかと思いきや、相手のファウルとなりフリーキック
周防が蹴ってそのままゴール!!

周防かっこええ!
恩田が蹴って、セットアップからの周防のゴールを想像してただけに直接は驚きました
田勢が「メッシみたいだったぞ!」って褒めてましたけど、周防が久しぶりに主役感ありましたね

 

妙うごき出す
存在感消してた妙が2点獲られて大ピンチの中、遂に始動

ボールを受けた妙は浦田のパス要求も無視しそのままゴール前へ
恩田をサクッとシャペワでかわして、その後も3人ごぼう抜きしてシュート

 

 

危うく決まりかけるも惜しくもゴールバーに阻まれる

はわわあ
失敗しちゃったタエのドジっ娘
次もガンバりんご
ファイトもりもりー

 

ここまではウザカワキャラでしたが
最後はふつーに怖い人でした

「覚悟しとけよ山菜ヤローども 地獄みせてやるからな!!」

あ、ワラビーズだから山菜ね、なるほどね・・・ってキャラ変しすぎだろこの子、ヤバイ

 

さよなら私のクラマー 25話へ続く

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。