さよなら私のクラマー 最新 25話 ネタバレ 感想 月刊少年マガジン7月号

漫画「さよなら私のクラマー」最新25話のネタバレ感想です。決勝トーナメント初戦、栄泉船橋との試合。ワラビーズは田勢と周防がそれぞれ得点し2-0とリード。このまま圧勝ムードかと思いきや、栄泉船橋の妙が反撃を開始する。月刊マガジン7月号掲載エピソード

 

 

25話の続き、さよなら私のクラマー最新26話のネタバレ感想はこちら

前話、さよなら私のクラマー 24話のネタバレ感想はこちら

 

前話、さよなら私のクラマー 24話の振り返り

 

さよなら私のクラマー 24話 ネタバレ

関東大会、栄泉船橋との戦い。前半2年の活躍で田勢が初得点

宮坂のロングパスを警戒する栄泉船橋のスキをついて、曽志崎から周防へパス。そのままゴール前へ駆け上がる周防に栄泉船橋は堪らずファウル

フリーキックを周防がそのまま決めてワラビーズ2点目、このままワラビーズペースかと思われた矢先、栄泉船橋の妙が4人抜きしてシュートを放つ

妙はキャラ変し、逆転を誓う

 

さよなら私のクラマー 最新 25話 ネタバレ 感想

 

扉絵は将棋の銀を指そうとする栄泉船橋の浦川茜
勢いはワラビーズでしたが・・・栄泉船橋の逆襲がはじまる!!

 

 

 

妙の過去
栄泉船橋の過去エピソードで25話はスタート
守備がドヘタでユースをクビになった妙だったが、浦川茜は攻撃が得意な妙を面白いといってチームに迎え入れた

 

試合は前半残り8分
予定では後半頭から妙がしかけるはずだったが
試合前のプランが崩壊したと妙は主張。自分にボールを集めるように言う

調子ぶっこいてる山菜ヤローどもを
地獄の大釜にぶち込んでやる

しかし浦川茜は「ダメ 絶対」と譲らない

唯は鶴岡を脅迫しパスを要求
パスを受けた妙はドリブルからのノールックパスで栄泉船橋の早智がシュート

その後も妙はごぼう抜きのドリブルを決めて同点のシュートを決める

かすかな逡巡
その刹那に彼女は仕事をする
国府妙はフットボールに愛された女だった

 

圧倒的なプレーを間近で目撃した恩田は「すげー!!!」と目を輝かせる

 

 

 

これは・・・・・・もはや勝てる気がしない
圧倒的過ぎますよ。妙、本当に神に愛されてるレベルですね

 

妙は攻撃の手を緩めず、そのまま再度ドリブルで上がり2点目のゴールを決めた

 

って8分の間に2点も獲られたんですかーーー

このまま妙が攻め続けたら勝てる要素なしなワラビーズですが
気になるのはなぜ妙を浦川茜は後半頭から攻めさせようとしたか?ですね。スタミナに問題ありとか?

 

さよなら私のクラマー 26話へ続く

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。