さよなら私のクラマー 最新 27話 ネタバレ 感想 月刊マガジン9月号

漫画「さよなら私のクラマー」最新27話のネタバレ感想です。栄泉船橋戦、ワラビーズはあっという間に同点に追いつかれ前半を折り返す。どう妙に対応していいかわからない選手たちに深津は越前を妙にぶつける戦略に出る。月刊マガジン9月号掲載エピソード

 

 

27話の続き、さよなら私のクラマー最新28話のネタバレ感想はこちら

前話、さよなら私のクラマー 26話のネタバレ感想はこちら

 

さよなら私のクラマー 26話 振り返り

 

さよなら私のクラマー 26話 ネタバレ

栄泉船橋戦。前半のこり1分とアディショナルタイム、妙は責め続けループシュートを放つ。キーパーがボールに触れて惜しくもゴールとはならず

同点でハーフタイムを迎えたワラビーズ、雰囲気は重かったが佃と井籐はよくやったと褒める。深津は越前にアップを命じる

緊張する越前を励ます深津。紅白戦で恩田と周防をおさえられるのは越前だけなのだと能見コーチに説明した

越前は期待に応えるように、妙からボールを奪った

 

さよなら私のクラマー 最新 27話 ネタバレ 感想

 

越前VS妙
妙に対峙する越前のプレーを見つめながら深津はつぶやく

「「ボールを運ばせない」という事に関して越前はチーム1だ」

 

 

 

越前が時間を稼いでいる間に、菊池がやってきてふたりでボールを奪いに行く
しつこく妙にマークにつく越前。妙も苛つきはじめる

能見は一生懸命な越前を前に反省する

私は何を見てたんだ
あのコにこんな可能性があったなんて・・・

 

佐和よかったねーー(泣)
ようやくマネージャーキャラ脱しますね。これで。

 

妙は思い通りにプレーできない苛立ちを抑え越前に言う

「私には夢がある」

妙は目立ってマークされるから嫌だと言っていた背番号10番を茜から渡された時のことを思い出していた

「10番はエースナンバー ウチのエースはあんたなんだから」

妙は越前を抜き去る
たまらずファウルする越前だがアドバンテージを取られ
そのままプレー続行

ゴール前に迫る栄泉船橋。なんとかボールをクリアできるかと思いきや恩田はボールを奪われてしまう
妙に再度渡ったボール
妙はトラップから振り返りざまオーバーヘッドでゴールを決めた

 

妙のゴールかっこよすぎる!!主役感パない

 

 

 

凄いプレーだと興奮する越前。「止めちゃうぞー!!」とテンションを上げるも「無理ね」と妙

私には夢がある
茜さんの作ったこのチームを日本一にする
あの人を日本一のキャプテンにするんだ

 

越前は「私と一緒だ」と笑顔
自分にも夢があり、いつも一緒にいるサッカーが大好きな女の子が日本一になることだという

「10番さんをおさえて ノンちゃんが日本一だって証明します」

越前泣かせる。妙の気持ちもぶっ刺さる!

 

恩田は深津に呼ばれてクドクドとミスについて咎められる
戻った恩田が向かったのはボールを持った妙の前に立ちはだかる越前の隣だった

 

防戦一方でFWが空気なワラビーズ
久々に恩田が活躍しますかねーー

 

さよなら私のクラマー 28話へ続く
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。