さよなら私のクラマー 最新 29話 ネタバレ 感想 月刊少年マガジン11月号

漫画「さよなら私のクラマー」最新29話のネタバレ感想です。栄泉船橋戦、恩田の活躍からついにワラビーズは同点に。残り時間は6分とアディショナルタイム。試合の行方は?月刊少年マガジン11月号掲載エピソード

 

 

29話の続き、さよなら私のクラマー最新30話のネタバレ感想はこちら

前話、さよなら私のクラマー 28話のネタバレ感想はこちら

 

さよなら私のクラマー 28話 振り返り

 

さよなら私のクラマー 28話 ネタバレ

栄泉船橋戦。妙に佐和と恩田が立ちはだかる。茜は妙が上がった時にできるスペースを埋める戦略をとる

茜の戦略に舌を巻く深津と能見。恩田はアンカーをやるように深津に言われたのを思い出す

恩田はアンカーとしてボールを受け取り前へ進む、茜のファウルも物ともせず恩田は周防にパス、周防から曽志崎へ。曽志崎は見事ゴールを決め同点へ。

 

さよなら私のクラマー 最新 29話 ネタバレ 感想

 

巻頭カラー
扉絵は妙でした
カラーで見るとかっこよさマシマシです!強そう・・・

 

 

 

妙の逆襲
佐和はボールをうけた妙の前に立ちはだかる
ドリブルで抜きに来るかと思いきやパス
予想外のパスに反応できず
その隙に妙はゴール前へ。
惜しくもシュートは宮坂に阻まれた

佐和はドリブル突破だけじゃなく中でコンビネーションまで使われたら手がつけられないと青ざめる

 

妙、勢いマシてますね。かっこいいです

 

深津は妙のプレーに舌を巻く

サイドのデュエル 中央のコンビネーション
10番に縦横無尽にプレイさせてたら
ひとたまりもないぜ

 

今度はサイドチェンジのパスをきめる妙
ゴール前にクロスがあがるが得点とはならず

茜は自分のせいで点を取られたと思いつめた様子の妙を案じて声をかけた
「負けっぱなしでいいの?止められたまんまだべ」

茜は妙は将来プロになると予言

世界の強豪と戦っている 
ジャパンブルーのユニフォームを着て
まぎれもない日本のエースとして
でも今はそうじゃない
妥協とか我慢とかプロで嫌って程待ってるよ
だから今は
思いっきりぶちかましてきな
思いっきり楽しんでこい

 

 

 

そう言って頭に手をやる茜
他のメンバーもしょうがないからサポートしてやると妙に声を掛ける
妙は涙する

「茜さん達に拾ってもらって本当によかった」

 

急展開の涙に不意をつかれました。泣かせるっ!!

田勢はボールの出処の妙を抑えるべく、ポジションを下げると言うも
恩田はその提案を拒否
「いえ 前にいて下さい ボールを前線に運ぶのは私の仕事です」

佐和は「私の仕事」という言葉に刺さって頬をビンタして気合を入れ直す

試合時間残り2分
再度妙に渡ったボール
佐和は止めようとするも抜かれてしまう
ドリブルでゴール前へと突き進む妙は更に2人抜き去りシュート
しかし佐和が追いついていて足でシュートを止める
こぼれ球を再度妙が拾う
シザーズで恩田を抜き、佐和はエラシコで抜き
シュート体勢へ。ここで菊池がボールを奪うことに成功し恩田へパス
恩田には茜がぴったりマーク
二人がかかりで止めに来て前を向かせてもらえなさそうだったが
恩田はオーバーヘッドで二人の頭上を抜くパスを出す

ってここまで怒涛のスピード感
そして恩田のパスすげーーー超かっこよし!

田勢がボールを拾いゴール前へ
サイドへ上がってきた恩田へ
シュートコースを潰した茜だったが、恩田はヒールパスで曽志崎へ
曽志崎はゴールネットを揺らすシュートを決めた

 

 

 

鳥肌!のラストシーン見開き
なななんとワラビーズ勝利じゃないっすかー!!
そういえば、今回周防全くでてこなかった・・・

 

さよなら私のクラマー 30話へ続く
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。