さよなら私のクラマー 最新 46話 ネタバレ 感想 興蓮館戦 劇的決着

漫画「さよなら私のクラマー」最新46話のネタバレ感想です。興蓮館VSワラビーズ、恩田のパスに合わせたのは白鳥。白鳥の初ゴールで残り1点差まで迫る。勢いに乗るワラビーズは恩田が九谷を抜き去り、再度のチャンスを作る・・月刊少年マガジン4月号掲載エピソードです。

 

 

前話、さよなら私のクラマー 45話のネタバレ感想はこちら

 

さよなら私のクラマー 45話 振り返り

 

さよなら私のクラマー 45話 ネタバレ

興蓮館 対 ワラビーズ後半 恩田からのパス、最後に合わせたのは白鳥。ワラビーズは5-4とあと1点差まで近づいた

来栖は恩田のプレーに興味が湧く。九谷はもう恩田に好きにはさせないと意気込む。しかし恩田は九谷を抜き去った

 

さよなら私のクラマー 最新 46話 ネタバレ 感想

 

興蓮館 対 ワラビーズ 決着

恩田を追いかける九谷
一瞬、憧れる選手たちに自分だけ置いてけぼりにされる妄想が頭をよぎる

試合はアディショナルタイムに突入
恩田はプレーが止まったら試合終了だと考え、猛スピードでカウンターを完成させようと走る

 

 

背後から来た夏目をかわすも、続く来栖にボールを蹴られてこぼしてしまう
それを拾ったのは周防

 

いや・・・急なアディショナルタイム!!(笑)
後半長いなーと思ってたんですけど、一気にクライマックス来ちゃいました

 

周防の進行方向に白鳥がDFを引き連れながらパスを要求
白鳥を無視して、更に切り込む周防
梅芽が止めに入ろうとし、周防はDF3人を惹きつけた状態でヒールパス

受け取ったのは恩田

ふたりは中津に指示された通りのプレーを見せる

 

 

ゴール前の恩田に迫るのは九谷
足を伸ばしボールを奪おうとするが、恩田はルーレットでこれをかわす
そのプレーにゾクッとする梅芽

ゴール前、どフリーでシュートの体制
しかし後ろから夏目が倒しファウル
PKとなる

 

あああ。。でもPKだし
決めれば同点!!
ルーレットもそうだけど、その前の周防のパスが素晴らしくかっこよかった

 

夏目はレッドカードで退場
九谷と梅芽が何かいいたそうに夏目を見つめる。
夏目はみっともなく悪あがきしないとすぐに置いていかれると伝えてグラウンドを出た
カツオはスミマセンと頭を下げる夏目に、いい仕事だと迎え入れた
夏目のサッカー哲学が興蓮館の血統を継ぐ選手を育てていると考えていた

 

 

 

夏目さん、格好いいですね。
監督も納得のファウルか・・・

 

ワラビーズには暗い空気が漂う
ほぼ10人で走りまくり疲労困憊
かつこのプレッシャーの中、誰が蹴るのかという話に
そんな中、恩田は誰も蹴らないなら私が蹴りたいと手を挙げる

静寂の中、恩田が放ったシュートはキーパーの逆へ
しかし
大きくゴールをハズレてしまう

 

オーーーーノーーーーー
いやだあああああああ

負けたの?え。。。これで終わり?辛い
恩田、トラウマになんなきゃ良いけど・・・

 

 

 

さよなら私のクラマー 47話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。