ハイキュー 315話 ネタバレ 感想 音駒戦 「ドン」のジャンプを習得中

漫画「ハイキュー!!」最新第315話「こうげき」のネタバレ感想です。烏野VS音駒、第二セット。動きを封じられた日向に道を造ったのは影山。サードテンポのオープントスに助走を思いっきりとった日向は星海光来バリのジャンプをきめる

 

 

315話の続き、ハイキュー最新 316話のネタバレ感想はこちら

前話、ハイキュー 314話のネタバレ感想はこちら

ハイキュー最新コミック33巻のネタバレ感想はこちら

 

前話、ハイキュー 314話の振り返り

 

ハイキュー 314話 ネタバレ

音駒戦、第二セット。研磨の策を分析しながら舌を巻く影山。日向の動きを封じられどうすべきかんがえていたが、決心してオープントスをあげる

日向は初めてあがるオープントスに目を輝かせながら長距離の助走を取る

影山から以前言われたもっと跳べるという言葉、そして星海光来のジャンプを思い出しながら日向は高く跳んだ

 

ハイキュー 315話 ネタバレ 感想

 

星海光来ジャンプ
影山のオープントスから星海光来ジャンプでアタックを決める
かと思いきやーーー
まさかのカスゥッ(笑)
なんとか指先にあたったボールは弧を描いて音駒コートへ入り得点

やっぱ決まんなかったかー(笑)
そんな気はしてました・・・
影山が「クソションベンスパイク!!」言うてて辛辣

 

 

ただ研磨はめっちゃ動揺してる!!

「 今のは敢えてのオープン?? 「はやさ」が武器の翔陽なのに?ブロックがついてくるってわかってて??」

 

影山のスーパーサーブや田中のインサイドアタックが続くも得点決まらずラリーが続く
再度の影山のオープントス

中学時代の孤独な日向がいろんなトスあげてもらった回想シーンが泣かせる
影山のトスする両手アップも最高です。
五色も見惚れる綺麗なトス。やっぱ影山のトスが最良ですか

オープントスの度に鳥肌立ってたらキリがないんだけど(笑)

3枚のブロックを物ともせず今度は綺麗にアタックがキマる。あー気持ちい!!!

「まあまあのジャンプだったな」

「お前のトスはチョーすげえ」

なぜか褒められてもイラついてる影山(笑)
影山と日向のやりとりはいつも笑える
このセット落としたら負けるのに焦りとか悲壮感なし!

月島は日向のジャンプを見て舌を巻く
「・・・にしても日向の奴 前よりも空中での安定感が凄くないか・・・?」

なんだろ、この月島に褒められたら倍嬉しい感じ(笑)

 

鵜飼コーチの「勇気出してこー」は菅原のモノローグにあった
「単調なオープン攻撃を敢えて選択することはセッターにとって勇気の要る事」ってやつだったんですね
理解!伏線が回収されて気持ちいいです

 

 

 

音駒の反撃
「ドン」ジャンプに動揺する研磨

研磨が動揺するとか、超絶新鮮
このまま2セット目は取り返すかと思いきや・・・
戦意喪失してねーーー

「魔法攻撃・間接攻撃 封じられたり効果がなくても 物理攻撃でブン殴ればいい だよね」

影山のサーブアウトで同点
そしてここで・・・・久々の日向キラー犬岡登場!!

犬岡。。。。なんか顔変わったね

 

ゴミ捨て場の決戦 これまでの得点状況

第二セット
烏野-音駒
23 – 23

 

烏野 23点
日向 – 5 NEW
澤村 – 1
月島 – 3
田中 – 4
東峰 – 2
影山 – 1
リエーフブロックアウト – 2
リエーフサーブアウト – 1
? – 4

 

 

 

音駒 23点
山本 – 5
リエーフ – 5
? – 5
東峰サーブアウト – 1
日向タッチネット – 1
福永 – 1
黒尾 – 2
日向アタックアウト – 1
東峯アタックアウト – 1
影山サーブアウト – 1 NEW

 

第一セット 終了
烏野-音駒
25 – 27

 

烏野 25点
? – 9
東峰 – 6
日向 – 3
月島 – 2
リエーフサーブネット – 2
山口 – 1
澤村 – 1
田中 – 1

 

 

 

音駒 27点
? – 7
黒尾 – 7
リエーフ – 3
山本 – 2
福永 – 2
海 – 2
孤爪 – 1 
オーバーネット – 1
影山サーブアウト – 1
田中サーブアウト – 1

 

ハイキュー 316話へ続く
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。