ハイキュー 317話 ネタバレ 感想 音駒戦 第二セット終了

漫画「ハイキュー!!」最新第317話「更新」のネタバレ感想です。烏野VS音駒、第二セット。影山のオープントスに日向のドンジャンプを前に音駒は苦戦、犬岡を投入、更に猫又監督は球彦にもリエーフとの交代を命じた

 

 

317話の続き、ハイキュー最新318話のネタバレ感想はこちら

前話、ハイキュー 316話のネタバレ感想はこちら

ハイキュー最新コミック33巻のネタバレ感想はこちら

 

前話、ハイキュー 316話の振り返り

 

ハイキュー 316話 ネタバレ

音駒戦、第二セット。オープントスを警戒する音駒。研磨のサーブを澤村が拾い影山がオープントス

日向のアタックはリエーフと犬岡に阻まれてしまう。再び影山が拾い、そのまま日向はドンのジャンプでアタックを決めた

日向はブロックの指先を狙いアタックを決める。田中サーブで試合再開。田中は途中出場の犬岡を狙う。犬岡は見事レシーブ

犬岡はMBからWSに転身し、レシーブを身に着けていた。猫又監督は1年セッターの球彦にリエーフとの交代を命じた

 

ハイキュー 317話 ネタバレ 感想

 

まさかの・・・・天井サーブ
リエーフに代わって登場した球彦、ダブルセッターで何かやってくれるのかと思ってましたが
まさかの天井サーブ!!
前話316話でコメント頂いていたとおりの展開でびっくりしました!!

椿原アゲイン(笑)

烏野の反応最高です

「うわっ まじか またコレ・・・!?」

 

 

 

田中がビクビクしながらレシーブ
そして久々の東峰パイセンの出番

「そろそろ俺にもちょうだいな」

やっぱ一発では東峰先輩は決められず。球彦が強烈なアタックに痺れながらなんとかレシーブ、福永がフォローして
烏野コートへ。田中が拾ってもう一度東峰
今度はアタックがキマる!!

球彦の出番はここで終了
短いけどいい経験させてもらった的なシーンだったので、また球彦は出てきそうですね。

 

第二セットついに決着
日向サーブで試合再開
犬岡アタックを影山・ 月島コンビがワンチで勢いを殺す
烏野ボールでシンクロアタック

今回も東峰さんがアタック
しかし久々登場の感がある黒尾がワンタッチ
音駒もシンクロアタックお返し
音駒は山本がアタック

ここで、日向がナイスレシーブ

・・・やっぱり
翔陽は戦う度に新しい

 

 

 

音駒コートに戻ったボールはそのまま、コートギリギリに落ち
なんとそのまま烏野第二セット勝利!!

最後はめちゃあっけなかったですが
ようやく第二セット取り返しました!
ゴミ捨て場の決戦、やはりと言うべきか最終セットまでもつれ込みました
両チーム、第3セットは誰が活躍するんでしょうか

 

ゴミ捨て場の決戦 これまでの得点状況

第二セット 終了
烏野-音駒
26 – 24

 

烏野 26点
日向 – 6 NEW
澤村 – 1
月島 – 3
田中 – 4
東峰 – 3 NEW
影山 – 1
リエーフブロックアウト – 2
リエーフサーブアウト – 1
? – 4

 

 

 

音駒 24点
山本 – 5
リエーフ – 6
? – 5
東峰サーブアウト – 1
日向タッチネット – 1
福永 – 1
黒尾 – 2
日向アタックアウト – 1
東峯アタックアウト – 1
影山サーブアウト – 1

 

第一セット 終了
烏野-音駒
25 – 27

 

烏野 25点
? – 9
東峰 – 6
日向 – 3
月島 – 2
リエーフサーブネット – 2
山口 – 1
澤村 – 1
田中 – 1

 

 

 

音駒 27点
? – 7
黒尾 – 7
リエーフ – 3
山本 – 2
福永 – 2
海 – 2
孤爪 – 1 
オーバーネット – 1
影山サーブアウト – 1
田中サーブアウト – 1

 

ハイキュー 318話へ続く
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。