ハイキュー 321話 ネタバレ 感想 音駒戦 西谷スーパープレー

漫画「ハイキュー!!」最新第321話「禽獣角逐」のネタバレ感想です。烏野VS音駒、ついにファイナルセット。月島は師匠の黒尾と対峙。黒尾は月島の成長を喜ぶ。最後は月島がアタックを決めて、烏野7 – 音駒6となる。

 

 

321話の続き、ハイキュー最新322話のネタバレ感想はこちら

前話、ハイキュー 320話のネタバレ感想はこちら

ハイキュー最新コミック34巻のネタバレ感想はこちら

 

前話、ハイキュー 320話の振り返り

 

ハイキュー 320話 ネタバレ

音駒戦、ファイナルセット。日向に代わり前衛に出た月島。両チームラリーが続く中、黒尾と張り合うも競り負ける

黒尾は月島のプレーを「徹底ネチネチブロック」と評し、「良かった間違ってなかった」と月島の成長を喜んだ。

6-6で譲らない展開の中、月島はアタックを決めて満面の笑みを浮かべた

 

ハイキュー 321話 ネタバレ 感想

 

止まらない殴り合い
音駒対烏野
お互い譲らない攻防の最中、一瞬の隙を見て研磨がツーを決めようとする
西谷と日向がなんとか反応するも
日向がボールに触れてしまったため、西谷が飛び込んだ場所より後ろにボールが飛んでゆく
音駒の得点となるかと思いきや西谷が反応する

頭のてっぺんから
足指の先まで
今の俺の筋肉は
必ず 応える

 

 

 

西谷は左足のカカトでボールを蹴り上げる
ボールは音駒のコートへ。
烏野8 – 音駒7

 

うおおおおおおお!!
なんという神プレー
そしてモノローグのときの両手の筋肉が透ける演出
超絶かっこよかったーー。鳥肌モノでした。

 

湧く観客席
研磨は雰囲気に飲まれることなく
ブロックからのワンタッチボールをライトに流れながらトス

「こっちおいで」

研磨のポジションに釣られた日向、生まれた隙間を狙って山本がアタックを決めた

 

日向に代わり、ピンサーで山口が登場
山口のレシーブを山本がレシーブからの黒尾アタック
月島のワンタッチを影山がトス
ブロックに跳んだ黒尾はアタックを打とうと跳んだ月島の高さに気付く

「やっぱりツッキーの打点 前より高い 終盤になっても」

月島はアタックを決める。興奮する山口がかけより手を叩きあう

烏野12 – 音駒10

コミック34巻のコンビ再びじゃないっすかーーー

 

 

 

山口の二度目のサーブ
山本が拾って、山本がアタックを決める

その後も両者譲らず
14-14

ちょっちょっちょ。。。前話の倍点入ったー

黒尾のサーブで試合再開
月島がアタックを決める
月島に代わり、菅原がコートへ
サーブからのリエーフのアタックをレシーブ

俺達は俺達の芯が何かを
証明する

シンクロアタック
今回は澤村がバックアタック
ブロックに邪魔されず狙った所にボールが跳ぶかに思われたが
ネットに阻まれ、音駒コートへネットイン

音駒は犬岡を交代要員として送り出す

 

ゴミ捨て場の決戦 これまでの得点状況

第三セット
烏野-音駒
16 – 14

 

烏野 16点
田中 – 1
影山 – 1
東峰 – 1
日向 – 1
? – 7 NEW
月島 – 3 NEW
西谷 – 1 NEW
澤村 – 1 NEW

 

 

音駒 14点
リエーフ – 1
山本 – 3 NEW
? – 7 NEW
黒尾 – 2 NEW
田中アタックアウト – 1

 

第二セット 終了
烏野-音駒
26 – 24

 

烏野 26点
日向 – 6
澤村 – 1
月島 – 3
田中 – 4
東峰 – 3
影山 – 1
リエーフブロックアウト – 2
リエーフサーブアウト – 1
? – 4

 

 

 

音駒 24点
山本 – 5
リエーフ – 6
? – 5
東峰サーブアウト – 1
日向タッチネット – 1
福永 – 1
黒尾 – 2
日向アタックアウト – 1
東峯アタックアウト – 1
影山サーブアウト – 1

 

第一セット 終了
烏野-音駒
25 – 27

 

烏野 25点
? – 9
東峰 – 6
日向 – 3
月島 – 2
リエーフサーブネット – 2
山口 – 1
澤村 – 1
田中 – 1

 

 

 

音駒 27点
? – 7
黒尾 – 7
リエーフ – 3
山本 – 2
福永 – 2
海 – 2
孤爪 – 1 
オーバーネット – 1
影山サーブアウト – 1
田中サーブアウト – 1

 

ハイキュー 322話へ続く
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。