ハイキュー 328話 ネタバレ 感想 梟谷 対 貉坂 春高準々決勝

漫画「ハイキュー!!」最新第328話「負けられない戦い」のネタバレ感想です。星海光来から小さな巨人を決めようと宣戦布告された日向は興奮。木兎はTOP3に入るエースの桐生が率いる貉坂と対戦する。梟谷対貉坂、エース対決の行方は?

 

 

328話の続き、ハイキュー最新329話のネタバレ感想はこちら

前話、ハイキュー 327話のネタバレ感想はこちら

ハイキュー最新コミック34巻のネタバレ感想はこちら

 

前話、ハイキュー 327話の振り返り

 

ハイキュー 327話 ネタバレ

音駒戦に勝利した烏野。次の試合までの間、影山は井闥山学院の佐久早たちとすれ違い、軽く挨拶

星海光来から小さな巨人を決める戦いをしようと宣戦布告された日向は「リアル「小さな巨人」と試合だぞ ちょーーーー楽しみだなーー!!!」と喜ぶ

昼食を食べに店に入った烏野応援団は灰原アリサと山本あかねと相席に。涙ぐむ山本あかねに冴子姉さんは「・・・何を言っても野暮だわ」と言って乾杯する

黒尾たちは大将とみかちゃんと遭遇。大将は黒尾たちを煽るが、黒尾は応じず。大将が悪態ついてるところにみかちゃんが戻ってくる

井闥山学院はストレートで勝利。続く試合は木兎の梟谷と桐生の貉坂(むじなざか)だった

 

ハイキュー 328話 ネタバレ 感想

 

梟谷 VS 貉坂
インターハイベスト4の貉坂とインターハイベスト8の梟谷の対決
赤葦は「全部勝つ」と言った木兎のことを考えていた

 

 

木兎は合宿で黒尾と赤葦から五本の指に入るけど3本には入れないと言われたのを思いだし
高らかに宣言する

んぬっふっふっ
5本だの3本だの
多いわ!!
俺は
1本の指に入るエースだ!!!!

 

意味が分からない会場
しかし梟谷の選手たちは木兎語だと理解する

「「○本の指に入る」って響きが好きなんだろ」

 

木兎調子良さそうですね
エース対決に期待が高まります!!

 

両校のスターティングメンバー

貉坂
桐生 – 3年 WS 188cm
本渡 – 2年 WS 179cm
蝦夷田 – 3年 WS 182cm
臼利 – 2年 S 182cm
猯(まみ) – 3年 MB 190cm
雲南 – 3年 MB 190cm
尾新 – 2年 Li 174cm

 

 

梟谷
木兎 – 3年 WS 186cm
猿杙 – 3年 WS 181cm
木葉 – 3年 WS 178cm
赤葦 – 2年 S 183cm
鷲尾 – 3年 MB 188cm
尾長 – 1年 MB 193cm
小見 – 3年 Li 166cm

 

1年は梟谷の尾長だけですね
顔面偏差値は雲南と臼利と本渡のおかげで貉坂のほうが高い(笑)

 

臼利のサーブで試合開始
赤葦は最初のアタックのチャンスに木兎ではなく1年の尾長にトス

「木兎さんは何時になく好調 1発目を託して勢いに乗りたい・・・し いつもならそうする けど貉坂もそれを警戒している筈」

尾長のアタックは貉坂に読まれていてコミットブロックをくらう

 

赤葦は考えすぎたと木兎に謝罪
臼利の2本目のサーブはアウト

 

梟谷のサーブ
尾長のサーブを桐生がレシーブ
臼利から桐生へトス
ブロック三枚の上をゆく桐生のアタックが決まる

「ブロックを物ともしない これぞ全国三大エーーース!!!」

 

 

研磨は臼利の動きに注目し黒尾に尋ねる

「貉坂のセッターって有名?」

「?さあ聞いたこと無えけど」

 

序盤はセッター対決となりそうな予感ですね
臼利早速注目されてる・・・さして目立った活躍してなさそうな気がしたんですが
セッターから見るとまた違うんですかね?
目立ってはなかったけど出番は確かに多かった(笑)

赤葦が負けるのは見たくないから、ぎゃふんといわしてやってほしい。
臼利イケメンだけれども。

 

梟谷 対 貉坂
これまでの得点
梟谷1 – 貉坂2

梟谷
臼利サーブアウト – 1

貉坂
雲南ブロック – 1
桐生 – 1

 

ハイキュー 329話へ続く
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。