ハイキュー 330話 ネタバレ 感想 梟谷対貉坂 おせおせ貉坂

漫画「ハイキュー!!」最新第330話「エースのさだめ」のネタバレ感想です。貉坂と梟谷による春高準々決勝。貉坂の絶対的エース桐生は中学時代の全国大会で執拗なブロックから最後にはトスを呼ぶのを諦めたことを後悔していた。過去を払拭するようにどんなトスでもあわせる桐生に梟谷は勝てるのか?

 

 

330話の続き、ハイキュー最新331話のネタバレ感想はこちら

前話、ハイキュー 329話のネタバレ感想はこちら

ハイキュー最新コミック35巻のネタバレ感想はこちら

 

前話、ハイキュー 329話の振り返り

 

ハイキュー 329話 ネタバレ

インターハイベスト4の貉坂とインターハイベスト8の梟谷による春高準々決勝

貉坂のエース桐生はアタックを決めながら、中学2年で全国大会に出た時のことを思い出していた

エースとして注目を集めていた桐生。初戦を勝利するも2回戦では執拗なマークにあいスパイクが決まらない。同じくエースとして頭角を現していたウシワカ

ウシワカも同じくブロックされ、実力こそ桐生より下だが最後までアタックをやめなかった。方や桐生はセッターが上げるトスに最後はオーバーハンドで返して敗れてしまう

現在、桐生は過去の後悔を払拭するようにどんなトスでも合わせてアタックを決め続けた。低いトスに一歩助走でアタックを決める姿に研磨も感心する

貉坂ペースで進む試合、11-9とリードを許す梟谷。桐生の再度のアタックは木兎の正面。どうしようか考えが巡る木兎だったが最後は胸でレシーブを決めた

 

ハイキュー 330話 ネタバレ 感想

 

梟谷と貉坂
木兎の胸レシーブに湧く観客

「んーー自由っ(笑)」

からの鷲尾のアタックで梟谷10-貉坂11

木兎の活躍に盛り上がる観客だったが
その雰囲気を吹き飛ばすように桐生がアタックを決める
梟谷10-貉坂12

勢いそのまま、木兎を狙ってサービスエースを決める桐生

 

 

 

桐生マジ空気読まない活躍っぷり(笑)
貉坂ここまでほぼ桐生の得点シーンしかない!

 

桐生はウシワカや木兎のようにバレーを純粋にするだけ
周りからの評価なんて全く気にしないタイプの選手たちにコンプレックスを感じていた

続くサーブも木兎狙い
レシーブが吹き飛ばされ、梟谷10-貉坂14
三本目は外れて梟谷11-貉坂14

 

桐生、すごい選手なのにウシワカや木兎にコンプレックス感じてるなんて
そういうの知るとむしろ応援したくなっちゃいますね。

木兎に上がったトス、しかしMB雲南はコースを限定させてブロック
梟谷12-貉坂16

さすが190cm!!
雲南かっこええ
猯(まみ)を手文字で煽るとこも笑えた。マジいいキャラしてます

 

再度木兎のアタック
しかしまたコースを塞がれ(ストレートを閉める)、ボールが飛んだ先にはリベロの尾新が待ち構える
本渡が決めて梟谷12-貉坂17

この点差はヤバイ・・・第一セットは貉坂すね

 

 

 

臼利のサーブを猿杙がレシーブ
赤葦から木兎へのトスかと思いきやツーを決めようとする
しかし臼利だけじゃなく蝦夷田と雲南はそれを読んでいて蝦夷田はブロックを決める
梟谷12-貉坂18

 

あっちゃーー。貉坂は桐生以外の選手も活躍しはじめました
梟谷は今回はいいとこなしでしたね・・・ツライ。

 

梟谷 対 貉坂
これまでの得点
梟谷12 – 貉坂18

梟谷
臼利サーブアウト – 1
? – 9 NEW
鷲尾 – 1 NEW
桐生サーブアウト – 1 NEW

 

貉坂
雲南 – 2 NEW
桐生 – 6 NEW
? – 8 NEW
本渡 – 1 NEW
蝦夷田 – 1 NEW

 

ハイキュー 331話へ続く
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。