ハイキュー 331話 ネタバレ 感想 梟谷 赤葦の敵は木兎が討つ

漫画「ハイキュー!!」最新第331話「エースのめざめ」のネタバレ感想です。貉坂と梟谷による春高準々決勝。貉坂桐生の圧倒的存在感を前に苦戦する梟谷、徹底的に狙われる木兎だけでなく赤葦の調子も・・・

 

 

331話の続き、ハイキュー最新332話のネタバレ感想はこちら

前話、ハイキュー 330話のネタバレ感想はこちら

ハイキュー最新コミック35巻のネタバレ感想はこちら

 

前話、ハイキュー 330話の振り返り

 

ハイキュー 330話 ネタバレ

インターハイベスト4の貉坂とインターハイベスト8の梟谷による春高準々決勝

桐生のアタックを胸でレシーブした木兎。観客席はそのプレーに湧くも桐生は歓声をかき消すようにサービスエースを決めた

続く二発目も木兎を狙ってサービスエースを決める。桐生はウシワカや木兎のように周りと自分を比べることなくただバレーをやる人間に負けたくないと感じていた

桐生のサーブは3本目は外れる。木兎にあがるトスだったが雲南はコースを限定させてブロック。再度木兎のアタックだが今度はリベロの方向へ打たされてしまう

臼利のサーブ、赤葦から木兎へのトスはフェイクでツーアタックを決めようとするが、全て貉坂の選手たちに読まれてしまっていた

あっけなくブロックされてしまった赤葦・・・

 

ハイキュー 331話 ネタバレ 感想

 

中学生の赤葦
梟谷への推薦入学が決まっていた赤葦
行こうかどうか迷っていたが、1年ながらスターのように試合で活躍する木兎の姿に入学を決めた。

 

 

 

赤葦の中学の頃・・・・あんまかわってないですが
少しだけ幼いですね
木兎が監督と胸でハイタッチしてるの笑う
「ア”ーーーーイ!!」

 

木兎に引っ張られるようにバレーにハマっていく赤葦
関東大会で勝利し春高へ

 

木兎のカリスマ性
自らが努力を怠らず
その背中を見たメンバーが触発されるってパターンなのですね
言葉じゃなくって行動で示す!

赤葦のモノローグもシビレた

 

過去エピが終わり試合に戻る
臼利は赤葦がツーアタックするのも全て読んでいた。
かつ、最初のサーブはわざと力を抜きブロックを速攻に絞らせていた
赤葦が木兎を使わないことを予測していたからだった
追い詰められていく赤葦

研磨たちは臼利が策士だと気づいていた

「ヤな事するよね・・・」

 

前夜から木兎だけじゃなくって赤葦もターゲットにしてたなんて
臼利こええええ
チームメイトからも「臼利ってハツラツと性格が悪いよな」って言われてて納得(笑)

 

 

 

臼利のサーブ
木兎がレシーブ
赤葦のトスは低く尾長のアタックはネットに当たって貉坂コートへ
臼利のトス
赤葦とは真逆、高いトス

臼利は敢えて赤葦と同じプレーを上手くやってみせる

から雲南がアタック
小見がレシーブ
木兎のアタックに臼利は全く反応できない

 

再度木兎にアタックのチャンス
今度は超インナーアタック
強烈なアタックに選手も会場も静まり返る

俺は今まで「皆のおかげのエース」だったけど
あと何日かでお前らとはお別れだからいい加減
ただのエースになるよ

 

木兎さんかっけえーーーー
日向も相当シビレた顔してた!!
覚醒しましたね!

何より赤葦を執拗に狙い、いじめる臼利をプレーで黙らせるってのがもうね
最高ですよ!!
まさにぎゃふんと言わせた感ある!!よくやってくれた!!
臼利イケメンだから、好意的に見てたけど今回のエピは腹たったもんね(笑)
木兎の得点シーンがずっと無かったので、なおさら今回の2回連続アタック成功はスカッとしました。

 

 

過去エピでも背中を見せて赤葦を引っ張ってきた木兎
貉坂戦でも同じくプレーで引っ張るスタイルに目頭熱くなる。

第一セットは獲られそうな展開でしたが、4点差まだわからなくなってきましたね。

 

梟谷 対 貉坂
これまでの得点
梟谷14 – 貉坂18

梟谷
臼利サーブアウト – 1
? – 9
鷲尾 – 1
桐生サーブアウト – 1
木兎 – 2 NEW

 

貉坂
雲南 – 2 
桐生 – 6
? – 8
本渡 – 1
蝦夷田 – 1

 

ハイキュー 332話へ続く
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。