ハイキュー 365話 ネタバレ 感想 鴎台戦 予期せぬ突然の決着!?

漫画「ハイキュー!!」最新第365話「終わりと始まり・2」のネタバレ感想です。烏野対鴎台ファイナルセット。烏野は全員攻撃のスタイルを変えず、終盤でもジャンプし続けてついにブレイク、逆転を果たす。しかし日向の体力は魔の三日目に限界が近づいていた。

 

 

365話の続き、ハイキュー最新366話のネタバレ感想はこちら

前話、ハイキュー 364話のネタバレ感想はこちら

前々話、ハイキュー 363話のネタバレ感想はこちら

ハイキュー最新コミック39巻のネタバレ感想はこちら

 

前話、ハイキュー 364話の振り返り

 

ハイキュー 364話 ネタバレ

烏野 対 鴎台 ファイナルセット。日向はこれまでの強敵との闘いを思い出し楽しいと感じていた

後衛に下がった日向、このまま山口と交代は嫌だとブレイクを狙う。日向のサーブを白馬がコートへ戻す。東峰のレシーブ、田中と続いて影山がツー。しかしこれはブロックに阻まれる。ブレイクならずかと思いきや澤村の足にあたり再び鴎台コートへ

野沢のアタックを月島がワンタッチ、日向が拾ってから月島がセンターでジャンプしてアタック

ブロックの上を行くアタック。決まったかと思いきや星海が拾う。白馬のアタックを今度は日向がナイスレシーブ。ウシロ・マイナスのドンジャンプからのアタックでブレイク。烏野逆転。しかし日向はスタミナ切れか、差し伸べられた田中の手をうまく握れなかった

 

ハイキュー 365話 ネタバレ 感想

 

 

 

烏野 対 鴎台 ファイナルセット

コートに両手をつき立ち上がれない日向
会場がざわつく
立ち上がろうとすると尻もちを付いてしまい、自分でもどうしたのかわからずにいると
影山が多分そいつ熱がありますと説明

影山はさっき手を握られた時に異常に熱かったから気づいたのだった
タイムアウトを取る烏野

昨日の夜から変だった。ずっとハイテンションで音駒戦の後も
ご飯も食べずに休まないし、ずっとスイッチが入ったままだったと影山は説明を続ける

菅原は日向の異常な運動量を見慣れすぎて気づかなかったが準々決勝までこれたことが奇跡だったのかと焦る

体温計が鳴る
液晶には39.1℃の表示

 

なんてこったい・・・
バテただけだと思ってたのに。まさかの熱とか。

影山はちゃんと日向のコンディション見ていたのですね。さすがですわーーー

 

 

 

日向は怪我じゃない、まだ動けると鵜飼コーチに迫る
武田監督は澤村のときと同じ様に大丈夫なことを確認してこいと指示

しかし日向はベンチから立ち上がろうとしない
武田監督は意を決し、これ以上試合に出せないと告げる

日向の手をとり、この先絶対にこんな気持になるものかと刻め
がむしゃらだけでは越えられない壁がある、その時必要なのは知性・理性・思考
今この瞬間もバレーボール、勝つことを考えてくださいと伝えた

日向は涙が止まらない

 

武田監督めっちゃいいこという・・・けど、これで終わりなのかーー
途中でおいちゃんが久々に登場してテンション上がりました
おいちゃん、まだ走ってる・・・大丈夫かな

 

監督はこれから日向の背が伸びるかもしれないけど
バレーの世界ではずっと小さい
他人よりチャンスが少ないと心得て、チャンスをこぼすこと無いよう
いつも最前列にいろと続けた

 

 

 

日向に代わり成田がコートに入ることに
泣きながらごめんなさいと言う日向にメンバーはいつもどおり明るく小言を言う
澤村は日向がいないと困る、必要だから飯食って寝ろと命じる

 

日向のごめんなさいで涙腺崩壊
辛すぎる

 

コートを出る日向に影山は「俺の方が長くコートに立つ」は今回も自分の勝ちだと伝える
日向は涙を拭い、影山を見つめ返す

星海は大声で日向を待っていると告げる

 

あかん。。。影山だけでも泣けるのに、星海パイセンが追い打ちかけてきた

日向はコートに頭を下げる

白馬が試合中は無理だろうと星海に指摘
星海はこぼ試合でという意味じゃないと答えた

 

 

 

宮侑は稲荷崎とネコとカモメでやっとあの妖怪を倒したなとどこか寂しそうにつぶやいた

後ろ髪引かれるように日向はコートを後にする
振り返ると目の前で試合が行われるコートのドアが閉まった

 

ここでタイトルが「終わりと始まり・2」ってわかる演出!!!!
最近タイトルを超絶有効活用してて、意味のあるタイトルで、タイトルを見せる場面もよく考えられているので唸ってしまう。

「終わりと始まり・2」ということで
1はハイキューの第1話なんですよね。「終わりと始まり」
影山の「一番長くコートに立つ」のくだりは1話目で日向が影山に負けて涙で語るシーンのセリフですよね!
今回の回想シーンでは描き直されてました

 

第1話と同じタイトルを2としてつけた意味を考えると
鴎台戦はこれで終わりで、烏野は準々決勝敗退ということですかね。
2話が同じく敗れて春、高校入学だったので、もしかしたらイキナリ日向2年の春から始まるのかもしれません・・・・

 

 

3年の引退の言葉とか、春高の梟谷の快進撃や井闥山学園も気になるけど
なんだかきっと次は春な気がしてなりません。
ハイキューの第一章が幕を閉じたのでしょうか

成田が突然変異で最強の囮になってないかなーーー

 

烏野 対 鴎台 得点状況

第三セット
烏野14 – 鴎台13

烏野
日向 – 3
東峰 – 3
澤村 – 1
田中 – 4
影山 – 1
? – 2

 

鴎台
別所 – 2
白馬 – 1
星海 – 5
アタックアウト – 1
? – 4

 

 

 

第二セット 終了
烏野25 – 鴎台22

烏野
日向 – 7
影山 – 2
東峰 – 5
月島 – 2
澤村 – 1
? – 4
サーブアウト – 2
サーブネット – 1
アタックアウト – 1

 

 

鴎台
野沢 – 2
星海 – 6
昼神 – 4
白馬 – 4
諏訪 – 1
? – 3
サーブネット – 2

 

第一セット 終了
烏野20 – 鴎台25

烏野
日向 – 3
田中 – 2
東峰 – 3
月島 – 2
野沢サーブアウト – 1
? – 8

鴎台
星海 – 6
昼神 – 2
田中ネット – 2
白馬 – 3
? – 10
野沢 – 1
諏訪 - 1

 

ハイキュー 366話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。