ハイキュー 368話 ネタバレ 感想 春高準々決勝 井闥山学園の結果

漫画「ハイキュー!!」最新第368話「なにもの」のネタバレ感想です。烏野対鴎台ファイナルセット。日向が抜けた後も烏野は戦力を落とすこと無く鴎台に食らいつく。しかし最後は小さな巨人、星海光来がアタックを決めて、烏野は春高準々決勝敗退となった。タクシーで試合を最後まで見届けた日向、何を思う。

 

 

368話の続き、ハイキュー最新369話のネタバレ感想はこちら

前話、ハイキュー 367話のネタバレ感想はこちら

前々話、ハイキュー 366話のネタバレ感想はこちら

ハイキュー最新コミック39巻のネタバレ感想はこちら

 

前話、ハイキュー 367話の振り返り

 

ハイキュー 367話 ネタバレ

烏野 対 鴎台 ファイナルセット。同点からの影山のサーブ、野沢がなんとか触れて烏野チャンスボールかと思いきや別所が押し込む

西谷が拾い田中が超インナー、しかし上林がレシーブして烏野チャンスボールに。今度はシンクロアタック、月島へとトスが上がるが足が攣ってしまう

月島に代わり山口が投入。いきなり山口へトスがあがり、アタックを決める。鴎台はすぐに取り返し、24点。マッチポイントを迎える

鴎台のサーブを東峰がレシーブ、澤村のアタックは昼神に阻まれ、烏野再度チャンスボールに。今度は田中がアタック

星海が拾ってから烏野陣地へ、エース東峰の強烈なアタック。しかし野沢が拾い、戸倉から最後は星海がアタックを決めた。烏野の春高が終わった。

 

ハイキュー 368話 ネタバレ 感想

 

烏野の春高が終わる

セットカウント2-1
勝者、鴎台
烏野は準々決勝で敗退となる

 

 

天井を見上げ、コートに大の字になる澤村
照明を見つめてから立ち上がるも下半身がぷるぷると震える

 

キャプテン澤村の見開き敗退カット
やっぱこれで最後の3年にスポットあたりますね!

 

3年3人で労をねぎらい
整列し礼
病院の待合室の日向はタブレットから目が離せずにいた

 

拍手の中
両チーム握手してコートを去る
後ろ髪引かれる烏野3年4人は無言のままコートに向き直し礼をする

それを見つめる1,2年の選手たち

 

ここまでほぼセリフなし!
言葉ないせいかじわじわと悲しい

 

 

3年3人じゃなく、潔子さんも一緒で4人なのがいいよね

目頭熱くなっちゃったけど
山口の目がウルウルしてるの見て耐えきれなくて涙!!

 

黒尾や木兎がお疲れ様と声をかける

無言でコートを見つめ何か言いたそうな宮侑に北が声をかけた
結果が全てなら負けた3年は無
勝てないなら良い試合も無価値かも
でも、雑巾がけの一往復やボール拾いの一本、その後の美味しいご飯で
自分の身体はできてる。この先怖いものはないと

 

北キャプテンめっちゃ良いこというやん!

 

澤村は観客席の滝ノ上に日向の様子を確認
病院の後、宿に戻るという

 

 

悔しそうな冴子に日向は何かを諦めたわけじゃないと宇内
冴子は宇内を見てなきゃ烏野には来ていないし
影山にも出逢えていないと応じる
宇内は自分がモンスターを創ったかもしれないのか、悪くないと微笑む

 

別のコートではセットカウント2-1で犬伏東が井闥山学園を下す

 

井闥山学園が敗けた・・・!?
マジですかーーーーー
これは予想外の展開
犬伏東って強いんだ・・・

 

これで3大エースが全員敗退だと観客席がどよめく
雲雀田はもっと佐久早を見たかったと応じつつ、ここにいる誰一人として負けを経験しない者などいない
強者ほどより上の強者に打ちのめされると語る
挑む者だけに勝敗という導と経験値を得る権利があるのだと

 

最後は雲雀田の語りに
病院を出た日向のドアップ見開きでエンド!

タイトルの「なにもの」はラストで雲雀田が敗者たちに
明日は何者になる?と問いかけるとこから付けてるんですね

 

 

日向は風に髪をなびかせて
なんだか大人びた表情です
もう2年生になるんですね

春高編は梟谷の試合とかでもうちょい引っ張るのか
それとも烏野の敗戦の夜やるのか

試合以外のエピソードは久しぶりなので、春高の続きやるとしても
もう少し烏野の敗戦後にフォーカスしてほしい!

 

ハイキュー 369話へ続く
 

「ハイキュー 368話 ネタバレ 感想 春高準々決勝 井闥山学園の結果」に4件のコメントがあります

  1. オレンジフラワー

    AMETORICOさん、

    毎回粋だなとジワるのが、クライマックスや試合終了前後の、セリフのないシーンの連続。
    作家さんの丁寧なキャラの成長の上書きとか、構図の妙とか、もう読んでいて自分の心の内もしん、とする感覚になります。

    終わりましたね。
    そして、皆凛々しく誇らしく。
    頭を下げる3年生の背中を見ている影山は、夜なんて声をかけるんだろ、とか、この経験が新生烏野にどう影響していくんだろうとか。この瞬間も作家さんが巻き続けているだろう伏線とその回収に、近い未来また泣くんだろうなとか。

    木兎さんがめちゃくちゃオトコマエ急上昇だし、マスクしてない佐久早の言葉のリアルさ、キャラの一面が見えて良かったです。

    北さんはもう!
    人生の真実をあんな笑顔でいわれちゃ、いや、明日からも頑張っちゃいます^_^

    宇内も、かつての自分を少し誇らしく感じたんじゃないかな。

    とにかく凛々しく誇らしい表情ばかりの選手たち、またここから始まるんですね。

    次のキャプテンは縁下くんだと思います。だいぶ前に「根性無しの戦い」のエピで、2年の総意は縁下で、ましてや、単細胞バカ(日向影山)、ひねくれ(ツッキー)をまとめられるのは縁下しかいないみたいなの、あったような。
    リベロはキャプテンになれないみたいですね。

    次回は宿舎の夜、やってほしいなあ。

    1. オレンジフラワー

      わ、すみません、夜中寝ぼけてて、ほぼ同じ内容連投してしまいました!最初の消してくださいませ。

      そして今朝JK受験生の娘が、ハイキューを読みながら、負けた選手の中に木兎さんが入っていたのは、佐久早は春高で負けたけど木兎さんは予選で佐久早に負けてるから、入っているんだね、佐久早に負けたアレがあるから今の木兎さんがある、みたいな?ハイキュー読むと、自分もがんばろ〜って思うんだ!

      って出かけていきました。
      じーん(涙)

      長々とすみません、いつも!

      1. 娘さんと同じ作品楽しめるって素敵です!ハイキューに元気、私ももらっています。油断してるとないちゃう!(笑)

    2. オレンジフラワーさん

      コメントありがとうございます!
      終わりましたね・・・・
      セリフがないことがこんなに効果的だとは!

      佐久早がなんだかんだ優勝して最強って設定なのかと思ったのですが
      誰しも敗者になりえるのだってことがすごく伝わります

      木兎が残っているのでまだ春高エピソード続く予感がしています。日向以上にド直球な主役感のある木兎が優勝するってストーリーも良いですよね!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。