ハイキュー 385話 ネタバレ 感想 伊達工 宮城選抜合宿組の卒業後進路

漫画「ハイキュー!!」最新第385話「テンションが上がると同時に悔しさも感じます」のネタバレ感想です。MSBYブラックジャッカルとシュヴァイデンアドラーズの第1セット。ロメロと星海のアタックを日向が誘発。ふたりのアタックを読んでいた日向は見事レシーブを決める。自らを最強の囮とした日向を目にした影山は・・・

 

 

385話の続き、ハイキュー最新386話のネタバレ感想はこちら

前話、ハイキュー 384話のネタバレ感想はこちら

前々話、ハイキュー 383話のネタバレ感想はこちら

アニメ ハイキュー 最新9話の感想、原作との違いはこちら

ハイキュー最新コミック42巻のネタバレ感想はこちら

 

前話、ハイキュー 384話の振り返り

 

ハイキュー 384話 ネタバレ

MSBYブラックジャッカルズとシュヴァイデンアドラーズの試合 第1セット。星海のサーブで試合再開。犬鳴のレシーブから最後は木兎がアタック

平和島のレシーブからロメロのアタック、日向はポジショニングでロメロにフェイクを誘発。ロメロはフェイクを決めたかに思われたが、日向が反応

続く星海のアタックチャンス。星海は日向の背後、コートの隅を狙うが日向はオーバーハンドで対応。ロメロはニンジャショーヨーだと興奮。澤村と影山は日向が自らを最強の囮にすることができるようになったのだと感心する

 

ハイキュー 最新 385話 ネタバレ 感想

 

MSBYブラックジャッカル VS シュヴァイデンアドラーズ 第1セット

いきなり黄金川登場!!
この感動している顔はおむすび宮でおむすびが買えたことじゃなくて、日向の成長に感動している顔ですよね
この顔、練習試合で影山すげーってなったときの顔じゃないですか。アニメとシンクロさせるニクイ演出です

 

 

そして、黄金川、仙台フロッグスということはツッキーと同じチームなんですね!!!!アツい

他にも1ページ目は宮城選抜合宿組が勢揃いして日向の成長をどこか悔しそうに見つめるという構成でワクワクしました
385話のタイトル「テンションが上がると同時に悔しさも感じます」はまさに宮城選抜合宿組の心境を現しているのかもしれませんね

 

ペドロは日向のプレーをインドアニンジャと称賛
東峰は日向の守備囮も凄いけど、それに引っかかれるのは攻撃の先の守備の位置を把握しているということだから
引っかかれる方も凄いと感心する

 

両チーム点の取り合いで16-16
ロメロのジャンピングサーブ
佐久早がレシーブ

日向がブロードに走る
宮は明暗にトス
日向につられ反応が遅れた昼神
得点を許してしまう

 

ブロードしたときのツッキーの悔しそうな顔(笑)
そして日向も本気で走ってたというのがトスもらえなかったときのシュンから伝わる笑笑ついでに木兎もシュンしてるの笑う

 

 

 

ブロッカーを釣れた快感を味わう宮侑
観客は日向の動きにざわつく

澤村たちは密かに、ウチの最強の囮ですと脳内で語り誇らしそう

 

ブラックジャッカル17 – アドラーズ16

観客席で試合を見つめるのは伊達工の青根と二口
ふたりともVC伊達という社会人チームに所属

本来囮的役割が多いのはMBだが
釣り名人の日向に加え、ベテランMBのダブル引っ掛けとは
地獄の漁業かよと二口

 

ふたり同じチームになったんだ(笑)
青根は前から老けてたからあんまり変わんないですね
二口は髪型が変わったけど相変わらずかっこいいです

 

ブラックジャッカル19 – アドラーズ18

 

 

日向のサーブ
影山から牛島
ブロックが弾いたボールを宮侑がコート外からフォロー
日向はジャンピングトス
トマスが打つかと思いきや、ボールはライトから戻ってきた宮侑へ

宮侑がアタックを決めた

 

くうぅぅぅぅ
宮城選抜合宿の回想シーン挟むなんてーー
しかも「全部できる様にならなきゃ」のとこだもんなー

なんてアツい演出ですか。目頭沸騰ものだよ
これ、鷲匠監督も入ってたら泣いた

 

スマホで試合を見ていた百沢
日向にお前を倒したいと言われたときのことを思い出していた

 

百沢!!プロになってる。あれから急成長したんだね。
しかもDivision1、2mはやっぱハンパない

 

 

 

谷地が日向すごいと拍手
月島はあれくらいできなきゃ2m超えのバーンズと代わった価値がないと指摘
谷地は囮の効果とセッターとリベロ(第二のセッター)がいないときにハイレベルな攻撃を成立させる技術をもって
ようやくバーンズと同じくらいチームに貢献できるのかと納得

山口はバーンズが入るときと日向が入るときでチームのタイプがガラッと変わる
ブラックジャッカルは全く違う種類の強さの手札を持っていると感心する

 

どどどどうしたー
山口はともかく谷地さんも相当詳しくなってますね(笑)
真面目な顔でバレー語る谷地さん新鮮です

 

悔しそうな月島はオポジットにいて個人で点が獲れなきゃと指摘
次の瞬間、日向がバックアタックを決める

ブラックジャッカル21 – アドラーズ17

 

 

 

バレーボール協会の杉本は日本代表監督の雲雀田がかつて言っていた
「彼らは選ばせにやってくる」という言葉を思い出していた

 

これはもしかして、早々に次週で試合終わりで代表選考の話になるんですかーーー
まだ影山のすごいとこ見れてないなー(笑)

次号のジャンプはハイキュー号!表紙、巻頭カラー、そして高校編プレイバックシール付き!!楽しみーーー

 

MSBYブラックジャッカル VS シュヴァイデンアドラーズ 得点状況

MSBYブラックジャッカル 21
日向 – 3 NEW
宮侑 – 1 NEW
佐久早 – 2
トマス – 2
木兎 – 1
明暗 – 1 NEW
? – 12 NEW

 

 

 

シュヴァイデンアドラーズ 17
宮侑サーブアウト – 1
ロメロ – 3
牛島 – 1
? -10 NEW
日向サーブアウト – 1
佐久早サーブネット – 1

 

終章で判明した卒業後の進路整理

日向 – MSBYブラックジャッカル スパイカー 172.2cm
宮侑 – MSBYブラックジャッカル セッター 187cm
木兎 – MSBYブラックジャッカル アウトサイドヒッター 190cm
佐久早 – MSBYブラックジャッカル アウトサイドヒッター 全日本大学選手権MVP 192cm
及川 – アルゼンチン CAサン・ファン セッター

 

 

影山 – シュヴァイデンアドラーズ セッター 2016年オリンピック日本代表 188cm
牛島 – シュヴァイデンアドラーズ オポジット 192cm
星海 – シュヴァイデンアドラーズ アウトサイドヒッター 173.1cm
月島 – 仙台フロッグス(Division2) ミドルブロッカー 大学4年 卒業後仙台市博物館(宮城)勤務
黄金川貫至 – 仙台フロッグス(Division2) セッター 自動車メーカー(仙台)勤務
尾白アラン – 立花レッドファルコンズ アウトサイドヒッター
大平獅音 – キンイロスポーツジャンパーズ(Division3) アウトサイドヒッター スポーツメーカー勤務
中島猛 – キンイロスポーツジャンパーズ(Division3) リベロ スポーツメーカー勤務
山形隼人 – 日脚自動車ライオンズ(Division2) リベロ
五色工 – Azuma Pharmacyグリーンロケッツ(Division1) アウトサイドヒッター 大学4年
桐生八 – Azuma Pharmacyグリーンロケッツ(Division1) アウトサイドヒッター
古森元也 – EJP(東日本製紙)RAIJIN(Division1) リベロ
鷲尾辰生 – EJP(東日本製紙)RAIJIN(Division1) ミドルブロッカー
角名倫太郎 – EJP(東日本製紙)RAIJIN(Division1) ミドルブロッカー
金田一勇太郎 – たまでんエレファンツ(Division2) ミドルブロッカー 大学4年 卒業後電気工事会社(埼玉)勤務
百沢雄大 – 大日本電鉄ウォーリアーズ(Division1) ミドルフォロッカー
青根高信 – VC伊達(社会人チーム)ミドルブロッカー 建設会社勤務
二口堅治 – VC伊達(社会人チーム)アウトサイドヒッター エネルギーメーカー勤務

 

 

研磨 – ㈱Bouncing Ball代表取締役 大学生 プロゲーマー 株式トレーダー Youtuber KODZUKEN(コヅケン)
山口 – 大学4年生 卒業後家電メーカー(宮城)勤務
谷地 – 大学4年生 卒業後広告デザイン会社(東京)勤務
東峰 – アパレルデザイナー(東京)
澤村 – 宮城県警生活安全部(宮城)
菅原 – 小学校教諭(宮城)
宮治 – 「おにぎり宮」店主
金田一・国見 – 大学生
武田先生 – 烏野高校教諭 男子バレー部監督
烏養コーチ – 坂ノ下商店店主 烏野バレーボール部コーチ
木下 – 鉄道会社勤務
成田 – 不動産会社勤務
田中 – スポーツインストラクター
潔子さん – 田中と結婚 スポーツショップ店員
縁下 – 理学療法士
昼神 – 獣医学部5年 兄の福郎はシュヴァイデンアドラーズのキャプテン
瀬見 – 公務員 バンドマン
白布 – 大学医学部5年
川西 – 大学4年
関向幸治(コージー) – 大学4年
泉行高(イズミン) – 大学4年
宇内 – 漫画家 週刊少年ヴァーイ「ゾンビ剣士ゾヴィッシュ」連載中(打ち切り間近)
赤葦 – 大手出版社週刊少年漫画誌配属(ほんとうは文芸希望)
杉本菊多郎 – 日本バレーボール協会大会運営事業部
雲雀田吹 – 全日本男子代表チーム監督
国見英 – 大学4年 卒業後一十一銀行(宮城)勤務
川渡瞬己 – 旅行代理店(宮城)勤務
照島遊児 – 美容師見習い

 

 

 

ハイキュー終章 時系列

2015年 卒業、日向準備、影山Vリーグ入
2016年 日向リオ、影山日本代表
2017年 日向リオ
2018年 日向帰国 MSBYブラックジャッカル入団 → 今ココ11月 日向22歳
2019年 日向・影山代表選出?
2020年 東京オリンピック

 

ハイキュー 386話へ続く
 

「ハイキュー 385話 ネタバレ 感想 伊達工 宮城選抜合宿組の卒業後進路」に2件のコメントがあります

  1. オレンジフラワー

    AMETORICOさん

     いつもありがとうございます!
     もう、毎回最高瞬間ときめき率更新してるんですけど!

     今週の圧巻は、侑のフォローに日向のトスからの侑アタック、痺れすぎっ

     セッターが逆サイドにトスを上げた瞬間の身体の反りとまなざしが大好物です笑笑

     いやもうこれ(大興奮)、絶対アニメと本誌のタイミングを意識的に合わせましたね、相乗効果どころじゃないっ

     百沢のDivision1、感慨深いです。あの宮城県合宿で日向が声をかけなかったら、今の彼はないんですものね。

     あぁ、今週も頑張れます^_^

    1. オレンジフラワーさん

      今週もアツかったですね。試合はなんだかこのままサクッと終わってしまいそうで・・・もうちょっと観ていたかったなーと思うところです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。