ハイキュー 388話 ネタバレ 感想 日向 VS 影山 第2セット 影山の逆襲

漫画「ハイキュー!!」最新第388話「最強の敵・2」のネタバレ感想です。影山は生まれてすぐに祖父の一与と姉の美羽の影響もありバレーに夢中に。小中高とバレーにのめり込み、途中祖父が亡くなり、チームでも孤立したりするが最強を目指し精進し続けた。そして、目の前にはかつての最強の味方が最強の敵として立ちはだかった。

 

 

388話の続き、ハイキュー最新389話のネタバレ感想はこちら

前話、ハイキュー 387話のネタバレ感想はこちら

前々話、ハイキュー 386話のネタバレ感想はこちら

アニメ ハイキュー 最新13話の感想、原作との違いはこちら

ハイキュー最新コミック42巻のネタバレ感想はこちら

 

前話、ハイキュー 387話の振り返り

 

ハイキュー 387話 ネタバレ

影山はママさんバレーのコーチを務める祖父、一与と姉でバレーボールチームに所属する美羽の影響で生まれてすぐにバレーボールにのめり込むように。

ある日、チームの試合で勝利目前の中、影山がサーブをわざと弱く打つことに一与が気づく。影山はもっと試合をしていたかったからとバツが悪そうに応える

一与は強くなれば更に強い相手と戦えるとアドバイス。その後中学でもバレーにのめり込む。祖父が亡くなってもバレーへの情熱は冷めやらず、高校は白鳥沢に落ち烏野に進学した影山。そして目の前にはかつての最強の味方である日向が最強の敵として立ちはだかったのだった。

 

ハイキュー 最新 388話 ネタバレ 感想

 

MSBYブラックジャッカル VS シュヴァイデンアドラーズ 第2セット

 

影山はブラックジャッカルの選手それぞれの強さを振り返る

 

 

牛島のサーブを日向がレシーブ

影山は日向のバランス感覚が段違いに良くなったことに気づく
砂という不安定な上で磨かれた安定かと

 

前話に続いて「最強の敵・2」
今度は影山が反撃に出る番って感じでしょうか

 

最後はトマスが決め
ブラックジャッカルが7 – アドラーズ6

木兎のアタックをアドラーズがブロック
木兎自らフォローしたボールを宮侑がトス

日向が突っ込んできてアタック
動きを読んでいた影山がワンチ

 

黄金川が「フェ」とビビる
一緒に試合を観ていた作並がまたブロックの気持ちになってるのかと指摘

 

 

 

さ・・作並!!建設会社勤務ってことは青根と同じ会社なのかな

 

武田先生は烏養コーチに影山は星海と変人速攻できないのかと訊く
烏養コーチはできるけど、やらないだけ星海は空中戦の達人だと言う

星海は影山のトスからブロックの隙間を見つけアタックを決めた

 

烏養コーチは星海を活かすならはやさより空中での余裕だという選択だと続けた

星海の得点で得意げに日向へと微笑む影山
意味が分からない様子の日向に宮侑は「俺の得点は俺のモノ スパイカーの得点も俺のモノ」だと説明

 

影山らしさ出てきましたね!!面白くなってきたー

 

 

 

影山のトスからロメロがアタックを決める
続く影山のサーブはノータッチエース

ブラックジャッカル 9 – アドラーズ10

2回目のサーブ
今度は日向がレシーブ
佐久早のアタック、回転がかかりブロックを弾く
星海がなんとか拾うもオーバーネット気味
影山がワンハンドトスでロメロへ
ロメロのアタックが決まる

 

影山無双状態!!

 

影山3回目のサーブ
佐久早がレシーブ
日向のアタックを平和島が上げる
ネットを超えそうになるが、アドラーズの選手たちはトスが上がると信じて全員突っ込む

 

 

 

ビビる黄金川
田中は影山を追い込むのが日向だったが
プロは全員日向だらけだと息を呑む

 

いやーーシュヴァイデンアドラーズのメンバーが全員突っ込む見開きはすごい迫力です!!

 

しかし影山はそのままボールにすら触れず
見送ったボールはブラックジャッカルのコートへ

影山はボールに触らない、誰も使わないという選択をしたのだった
赤葦はなんという贅沢だと驚く

 

影山のサーブ4回目がはじまる
まだ負けてないよ?という日向に出逢った時の言葉を思い出しながら
影山はこころの中で、俺もまだ負けていないぞとつぶやいた

 

 

 

わーお!
影山サーブ4回連続ってすごい
ブラックジャッカルぜんぜん点数決まってなくない?(笑)
2セット目はシュヴァイデンアドラーズが取るストーリーになりそうですね

ようやく影山の見せ場が来て嬉しいです!!日向の反応も楽しみだなー

 

MSBYブラックジャッカル VS シュヴァイデンアドラーズ 得点状況

第2セット
ブラックジャッカル9 – アドラーズ12

MSBYブラックジャッカル 9
? – 8 NEW
トマス -1 NEW

シュヴァイデンアドラーズ 12
? – 7 NEW
星海 – 1 NEW
ロメロ – 2 NEW
影山 – 1 NEW
平和島 – 1 NEW

 

 

第1セット終了
ブラックジャッカル25 – アドラーズ20

MSBYブラックジャッカル 25
日向 – 3
宮侑 – 2
トマス – 1
佐久早 – 2
トマス – 2
木兎 – 2
明暗 – 1
? – 12

 

 

 

シュヴァイデンアドラーズ 20
宮侑サーブアウト – 1
ロメロ – 3
牛島 – 2
? -12
日向サーブアウト – 1
佐久早サーブネット – 1

 

終章で判明した卒業後の進路整理

日向 – MSBYブラックジャッカル スパイカー 172.2cm
宮侑 – MSBYブラックジャッカル セッター 187cm
木兎 – MSBYブラックジャッカル アウトサイドヒッター 190cm
佐久早 – MSBYブラックジャッカル アウトサイドヒッター 全日本大学選手権MVP 192cm
及川 – アルゼンチン CAサン・ファン セッター

 

 

影山 – シュヴァイデンアドラーズ セッター 2016年オリンピック日本代表 188cm
牛島 – シュヴァイデンアドラーズ オポジット 192cm
星海 – シュヴァイデンアドラーズ アウトサイドヒッター 173.1cm
月島 – 仙台フロッグス(Division2) ミドルブロッカー 大学4年 卒業後仙台市博物館(宮城)勤務
黄金川貫至 – 仙台フロッグス(Division2) セッター 自動車メーカー(仙台)勤務
尾白アラン – 立花レッドファルコンズ アウトサイドヒッター
大平獅音 – キンイロスポーツジャンパーズ(Division3) アウトサイドヒッター スポーツメーカー勤務
中島猛 – キンイロスポーツジャンパーズ(Division3) リベロ スポーツメーカー勤務
山形隼人 – 日脚自動車ライオンズ(Division2) リベロ
五色工 – Azuma Pharmacyグリーンロケッツ(Division1) アウトサイドヒッター 大学4年
桐生八 – Azuma Pharmacyグリーンロケッツ(Division1) アウトサイドヒッター
古森元也 – EJP(東日本製紙)RAIJIN(Division1) リベロ
鷲尾辰生 – EJP(東日本製紙)RAIJIN(Division1) ミドルブロッカー
角名倫太郎 – EJP(東日本製紙)RAIJIN(Division1) ミドルブロッカー
金田一勇太郎 – たまでんエレファンツ(Division2) ミドルブロッカー 大学4年 卒業後電気工事会社(埼玉)勤務
百沢雄大 – 大日本電鉄ウォーリアーズ(Division1) ミドルフォロッカー
青根高信 – VC伊達(社会人チーム)ミドルブロッカー 建設会社勤務
二口堅治 – VC伊達(社会人チーム)アウトサイドヒッター エネルギーメーカー勤務

 

 

研磨 – ㈱Bouncing Ball代表取締役 大学生 プロゲーマー 株式トレーダー Youtuber KODZUKEN(コヅケン)
山口 – 大学4年生 卒業後家電メーカー(宮城)勤務
谷地 – 大学4年生 卒業後広告デザイン会社(東京)勤務
東峰 – アパレルデザイナー(東京)
澤村 – 宮城県警生活安全部(宮城)
菅原 – 小学校教諭(宮城)
宮治 – 「おにぎり宮」店主
金田一・国見 – 大学生
武田先生 – 烏野高校教諭 男子バレー部監督
烏養コーチ – 坂ノ下商店店主 烏野バレーボール部コーチ
木下 – 鉄道会社勤務
成田 – 不動産会社勤務
田中 – スポーツインストラクター
潔子さん – 田中と結婚 スポーツショップ店員
縁下 – 理学療法士
昼神 – 獣医学部5年 兄の福郎はシュヴァイデンアドラーズのキャプテン
瀬見 – 公務員 バンドマン
白布 – 大学医学部5年
川西 – 大学4年
関向幸治(コージー) – 大学4年
泉行高(イズミン) – 大学4年
宇内 – 漫画家 週刊少年ヴァーイ「ゾンビ剣士ゾヴィッシュ」連載中(打ち切り間近)
赤葦 – 大手出版社週刊少年漫画誌配属(ほんとうは文芸希望)
杉本菊多郎 – 日本バレーボール協会大会運営事業部
雲雀田吹 – 全日本男子代表チーム監督
国見英 – 大学4年 卒業後一十一銀行(宮城)勤務
川渡瞬己 – 旅行代理店(宮城)勤務
照島遊児 – 美容師見習い
西谷夕 – イタリアでカジキ漁
影山美羽 – ヘアメイクアーティスト
作並浩輔 – 建設会社勤務

 

 

 

ハイキュー終章 時系列

2015年 卒業、日向準備、影山Vリーグ入
2016年 日向リオ、影山日本代表
2017年 日向リオ
2018年 日向帰国 MSBYブラックジャッカル入団 → 今ココ11月 日向22歳
2019年 日向・影山代表選出?
2020年 東京オリンピック

 

ハイキュー 389話へ続く
 

「ハイキュー 388話 ネタバレ 感想 日向 VS 影山 第2セット 影山の逆襲」に2件のコメントがあります

  1. オレンジフラワー

    AMETORICO さん

     影山の誰も使わない選択、ゾクゾクしました!
     今週は鬼滅が重すぎまぶた腫れ気味で、ハイキュー、素晴らしいのですが、気持ちが甘露寺さんカップルに持っていかれました。

     烏養コーチの影山評、攻撃が淡々と決まって見えるのは、
    セットされたボールが混じり気なく「良いセッティング」だから

     地味に響く〜、元セッターのコーチや赤葦さん、現役こがねの反応がまた影山無双ぶりを表していますね。

     アニメ4期のタイミングや、365話きっちり使って日向の1年の成長を描いたり、計り知れない緻密な構成をする作家さんですが、オリンピックの延期までは想像もしていなかったでしょうね。
     クライマックスが近づいている感じが寂しいですが、最強の敵からの最強の味方再びを想像するだけで、明るい震えがきます笑

    1. オレンジフラワーさん
      コメントありがとうございます。鬼滅やばかったですねー・・・
      たしかにオリンピックイヤーに終章持ってきて今年終わるのかと思っていましたが
      オリンピックの延長でハイキューもそのまま延長になると嬉しいですね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。