ハイキュー 393話 ネタバレ 感想 背中で語る星海 音駒のあの人が登場

漫画「ハイキュー!!」最新第393話「一番乗りの男」のネタバレ感想です。MSBYブラックジャッカルとシュヴァイデンアドラーズの試合、第3セットは宮侑、そして木兎の活躍でブラックジャッカルがリード。このままブラックジャッカルが第3セットも勝利するのか。

 


スポンサーリンク


 

393話の続き、ハイキュー最新394話のネタバレ感想はこちら

前話、ハイキュー 392話のネタバレ感想はこちら

前々話、ハイキュー 391話のネタバレ感想はこちら

アニメ ハイキュー 最新13話の感想、原作との違いはこちら

ハイキュー最新コミック43巻のネタバレ感想はこちら

 

前話、ハイキュー 392話の振り返り

 

ハイキュー 392話 ネタバレ

MSBYブラックジャッカル VS シュヴァイデンアドラーズ、第3セット、宮侑が三刀流サーブで得点を重ねる。

木兎が宮侑のトスからストレートを決めたかに思われたがアンテナにあたってアウト。木兎は続いてクロスを決める。湧く観客席

木兎はプレーしながら春高決勝戦でファイナルセットまでもつれ込んだ末に敗れた日のことを思い出す。木葉はトスが短くなったことを謝る。木兎はあれを決めてこそ普通のエースだと自分を責めた

かつての梟谷メンバーが見守る中、木兎は短く返ったボールに背面アタックで対応し得点。普通のエースとなった姿をかつての仲間たちにアピールした

 

ハイキュー 最新 393話 ネタバレ 感想

 

MSBYブラックジャッカル VS シュヴァイデンアドラーズ 第3セット

回想シーン
昼神は獣医学部に合格
これからはミスったら誰か死ぬかもしれない、でも大丈夫じゃない時もあるともうわかっているから大丈夫だと語る
星海は一緒に夕焼けを見つめ、何も言わない

 

このふたりの雰囲気好きです。青春って感じする

 

 


スポンサーリンク


 

試合は木兎のアタックが決まり
ブラックジャッカル20 – アドラーズ17

宮侑のサーブ
オレに来いと心の中でつぶやく星海の元へボールが
オーバーハンドでレシーブ
イラつく宮
昼神のアタックがワンチとなり、戻ったボールを木兎がアタック
ブロックアウトを狙うが
それが昼神にはバレていてアタックを避けた

 

うひょーーこれぞプロ!!必殺技のぶつけ合い
観客席の中島はチビが高さに対抗できる武器がブロックアウトだったのになぁと残念そうにつぶやくのがなんだか切なかったです

 

宇内は改めて星海のプレーを見て自分は小さい代わりに技術で勝負すると考えていたが
大きさに関係なく技術を磨いたものが技術を持っている、世界は平等じゃなくて平等だと思い返していた

 

 


スポンサーリンク


 

星海と宇内とくれば、やはり小さな巨人VS最強の囮!な春高ラストマッチを思い出しますねー
なんだかすごく昔のことのように感じてしまう

 

星海はトスに反応しながら、昼神と違って自分がミスしても人が死ぬことはないからマシで
好きなことで飯が食えないくらいだと思いだしていた

その言葉の後、昼神は好きなことだからしんどいこともあるだろうけどと続けたのだった

アタックに跳びながら
コレを決められなければ明日自分の居場所はない、コレを決められない自分に明日の居場所はいらないと考えていた
星海は日向がブロックアウト避けを誘うのを察知し、寸前で強烈なアタックに切り替えた

170cm代のふたりの高度な駆け引きに高身長選手達は青ざめる

 

これこれこれーー!!やっぱり星海と日向はバチバチやんなきゃですよねー
で、星海がアタックなら日向のちょっと上っていう(笑)
日向追いつき追い越せたかなーと思ったんですけど、まだ難しいのかな笑

高身長選手達が青ざめる横に身長載ってるの笑う

 

ブラックジャッカル20 – アドラーズ19

春高で星海に身長のことを聞いてしまったスポーツライターの柄長
隣には出版社でインターンをしている元音駒の山本あかねが星海のスパイクの技術は一つ抜きん出てると語る

 


スポンサーリンク


 

 

音駒きたーーあかねめちゃ成長してる
音駒の選手たちのその後、そろそろ明らかになっていきますかねー
まだ研磨くらいですよね判明しているの

 

柄長は春高後も6年星海を追いかけ続けた
「小さい事」こそ星海の翼だと言う

星海の背中は、190cm代の選手達に空中戦はこうやるのだと語っていた

 

星海エピソードでしたねー自分と似たライバルがいるのって良いですよね
次はそろそろウシワカですかね。元プロのお父さんとか登場するのでしょうか

 
 
MSBYブラックジャッカル VS シュヴァイデンアドラーズ 得点状況

第3セット
ブラックジャッカル20 – アドラーズ14

MSBYブラックジャッカル 20
宮侑 – 5
明暗 – 1
木兎 – 5 NEW
? – 9 NEW

 


スポンサーリンク


 

 

シュヴァイデンアドラーズ 19
影山 – 1
昼神 – 1
木兎アウト – 2 NEW
星海 – 2 NEW
? – 13 NEW

 

第2セット終了
ブラックジャッカル21 – アドラーズ25

MSBYブラックジャッカル 21
? – 18
トマス -1
木兎 – 1
宮侑 – 1

 

シュヴァイデンアドラーズ 25
? – 16
星海 – 2
ロメロ – 2
影山 – 1
平和島 – 1
昼神 – 3

 


スポンサーリンク


 

第1セット終了
ブラックジャッカル25 – アドラーズ20

MSBYブラックジャッカル 25
日向 – 3
宮侑 – 2
トマス – 1
佐久早 – 2
トマス – 2
木兎 – 2
明暗 – 1
? – 12

 

 


スポンサーリンク


 

シュヴァイデンアドラーズ 20
宮侑サーブアウト – 1
ロメロ – 3
牛島 – 2
? -12
日向サーブアウト – 1
佐久早サーブネット – 1

 

終章で判明した卒業後の進路整理

日向 – MSBYブラックジャッカル スパイカー 172.2cm
宮侑 – MSBYブラックジャッカル セッター 187cm
木兎 – MSBYブラックジャッカル アウトサイドヒッター 190cm
佐久早 – MSBYブラックジャッカル アウトサイドヒッター 全日本大学選手権MVP 192cm
及川 – アルゼンチン CAサン・ファン セッター

 


スポンサーリンク


 

影山 – シュヴァイデンアドラーズ セッター 2016年オリンピック日本代表 188cm
牛島 – シュヴァイデンアドラーズ オポジット 192cm
星海 – シュヴァイデンアドラーズ アウトサイドヒッター 173.1cm
月島 – 仙台フロッグス(Division2) ミドルブロッカー 大学4年 卒業後仙台市博物館(宮城)勤務
黄金川貫至 – 仙台フロッグス(Division2) セッター 自動車メーカー(仙台)勤務
尾白アラン – 立花レッドファルコンズ アウトサイドヒッター
大平獅音 – キンイロスポーツジャンパーズ(Division3) アウトサイドヒッター スポーツメーカー勤務
中島猛 – キンイロスポーツジャンパーズ(Division3) リベロ スポーツメーカー勤務
山形隼人 – 日脚自動車ライオンズ(Division2) リベロ
五色工 – Azuma Pharmacyグリーンロケッツ(Division1) アウトサイドヒッター 大学4年
桐生八 – Azuma Pharmacyグリーンロケッツ(Division1) アウトサイドヒッター
古森元也 – EJP(東日本製紙)RAIJIN(Division1) リベロ
鷲尾辰生 – EJP(東日本製紙)RAIJIN(Division1) ミドルブロッカー
角名倫太郎 – EJP(東日本製紙)RAIJIN(Division1) ミドルブロッカー
金田一勇太郎 – たまでんエレファンツ(Division2) ミドルブロッカー 大学4年 卒業後電気工事会社(埼玉)勤務
尾長渉 – たまでんエレファンツ(Division2)ミドルブロッカー 大学4年 卒業後電気工事会社(埼玉)勤務
百沢雄大 – 大日本電鉄ウォーリアーズ(Division1) ミドルフォロッカー
青根高信 – VC伊達(社会人チーム)ミドルブロッカー 建設会社勤務
二口堅治 – VC伊達(社会人チーム)アウトサイドヒッター エネルギーメーカー勤務
理石平助 – VC神奈川(Division1)アウトサイドヒッター 大学4年
千鹿谷栄吉 – VC神奈川(Division1)ミドルブロッカー 大学4年
木葉秋紀 – エアーガイツ製薬バレーボール部(社会人チーム)アウトサイドヒッター 製薬会社(東京)営業
昼神招子 – 光新薬レッドラビッツ オポジット 昼神幸郎の姉

 


スポンサーリンク


 

研磨 – ㈱Bouncing Ball代表取締役 大学生 プロゲーマー 株式トレーダー Youtuber KODZUKEN(コヅケン)
山口 – 大学4年生 卒業後家電メーカー(宮城)勤務
谷地 – 大学4年生 卒業後広告デザイン会社(東京)勤務
東峰 – アパレルデザイナー(東京)
澤村 – 宮城県警生活安全部(宮城)
菅原 – 小学校教諭(宮城)
宮治 – 「おにぎり宮」店主
武田先生 – 烏野高校教諭 男子バレー部監督
烏養コーチ – 坂ノ下商店店主 烏野バレーボール部コーチ
木下 – 鉄道会社勤務
成田 – 不動産会社勤務
田中 – スポーツインストラクター
潔子さん – 田中と結婚 スポーツショップ店員
縁下 – 理学療法士
昼神 – 獣医学部5年 兄の福郎はシュヴァイデンアドラーズのキャプテン
瀬見 – 公務員 バンドマン
白布 – 大学医学部5年
川西 – 大学4年
関向幸治(コージー) – 大学4年
泉行高(イズミン) – 大学4年
宇内 – 漫画家 週刊少年ヴァーイ「ゾンビ剣士ゾヴィッシュ」連載中(打ち切り間近)
赤葦 – 大手出版社週刊少年漫画誌配属(ほんとうは文芸希望)
杉本菊多郎 – 日本バレーボール協会大会運営事業部
雲雀田吹 – 全日本男子代表チーム監督
国見英 – 大学4年 卒業後一十一銀行(宮城)勤務
川渡瞬己 – 旅行代理店(宮城)勤務
照島遊児 – 美容師見習い
西谷夕 – イタリアでカジキ漁
影山美羽 – ヘアメイクアーティスト
作並浩輔 – 建設会社勤務
北信介 – 米農家
猿杙大和 – 区役所(東京)職員
小見春樹 – 役者(東京)
白福雪絵 – 食品メーカー栄養士(千葉)
雀田かおり – スポーツポロモーター(東京)
柄長ニ三 – スポーツライター(春高で星海にインタビューした人)
山本あかね – 大学1年 出版社インターン

 


スポンサーリンク


 

 

ハイキュー終章 時系列

2015年 卒業、日向準備、影山Vリーグ入
2016年 日向リオ、影山日本代表
2017年 日向リオ
2018年 日向帰国 MSBYブラックジャッカル入団 → 今ココ11月 日向22歳
2019年 日向・影山代表選出?
2020年 東京オリンピック

 

ハイキュー 394話へ続く
 

「ハイキュー 393話 ネタバレ 感想 背中で語る星海 音駒のあの人が登場」に3件のコメントがあります

  1. オレンジフラワー

    AMETORICOさん、

     こんにちは、星海回、素晴らしい描き方でした!
     小さいひとたちの言葉、中島や宇内の言葉は本当にせつなく、宇内の「世界は平等じゃなくて 平等だ」を三人の背中で表現することのセンス。

     ブロックアウト避けシーンからの、星海の一転強打の空中線の駆け引きを描き、おそらくこれから世界と戦っていくだろうジャパンのメンツに向けて背中で煽る星海の表情、新米チビって、いやいやひれ伏しました^_^

     強さに一番乗りの星海、痺れます。星海ママ、魔法の言葉をありがとう〜

     この作家さんの、面白さに責任を持って描こうとチャレンジし続ける姿勢が、ほんとプロですね。
     毎回毎回ありがとうしかない(涙)

     ハイキューの稲荷崎戦、延期のようですが、一番面白い試合だからこそ、時間をかけて全力で製作してほしいです^_^

    1. オレンジフラワーさん
      コメントありがとうございます
      今回のエピソードは日向以外のキャラでバレーの世界で小さいことを描くってのが凄いですよね
      星海ママ!そういえば仙台での試合なので主要キャラたちの家族が見に来ていてもおかしくはないんですけどねー
      出てこないかなー

      アニメの制作延期は残念ですが、おっしゃるとおり最高の試合なのでこれを機に更に良い内容になるといいですね

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。