ハイキュー 397話 ネタバレ 感想 第4セット 6年越しの再戦 白馬の今

漫画「ハイキュー!!」最新第397話「▷つづきからはじめる」のネタバレ感想です。MSBYブラックジャッカルとシュヴァイデンアドラーズの試合、第3セット、両チームのラリーが続く中、ロメロが繋げと叫ぶ。両チームに緊張感が増す。最後は日向が空中で体勢を変えてツーアタックを決めた。

 



スポンサーリンク


 

397話の続き、ハイキュー最新398話のネタバレ感想はこちら

前話、ハイキュー 396話のネタバレ感想はこちら

前々話、ハイキュー 395話のネタバレ感想はこちら

ハイキュー最新コミック43巻のネタバレ感想はこちら

 

前話、ハイキュー 396話の振り返り

 

ハイキュー 396話 ネタバレ

MSBYブラックジャッカルとシュヴァイデンアドラーズの第3セット、両チームのラリーが続きロメロが繋げと叫ぶ

両チーム、ロメロの鬼気迫る言葉を繋がなかったら殺すという意味だと理解する。木兎、牛島が強烈なアタック。しかし決まらず。

宮侑が繋いだボール、日向が代わりにセッターを務める。影山はツーアタックを警戒。自分の背後に注意を払う。日向はトスの体勢を空中で変えアタック。しかもそれは左手でだった。

日向のアタックでブラックジャッカルが第3セットを奪取。穴原監督は宮城県合宿を終えた後の居酒屋で鷲匠監督が高さを持たないものが高さの代わりに与えられたのが飢えだと語っていたのを思い出していた

 

ハイキュー 最新 397話 ネタバレ 感想

 

MSBYブラックジャッカル VS シュヴァイデンアドラーズ 第4セット

敗れた春高での記憶が頭をよぎる

宮侑のサーブを星海がレシーブ
ロメロのアタックを明暗がワンチ
からのブラックジャッカルシンクロ攻撃

 



スポンサーリンク


 

明暗のアタックを平和島がレシーブ
お返しにシュヴァイデンアドラーズもシンクロ攻撃
最後はウシワカが宮侑の手前に強烈なアタックを決めた

 

ものすごいラリーー!!始まりからテンションMAX!!

 

ブラックジャッカル9 – シュヴァイデンアドラーズ9

影山のサーブはアウト
木兎のサーブを平和島がレシーブ
影山のトスからウシワカがアタック
明暗は手を皿にしてブロック

シュヴァイデンアドラーズコートにボールが戻る

 

明暗今回大活躍!高校どこだったんですかねー。明暗もモンスタージェネレーションなのかな

 

助走距離を取る星海
影山のトスを呼ぶ

 



スポンサーリンク


 

逆サイドから星海のバックアタック
空中でブロックの指先を見たはずが、よきせぬ場所から手が伸びる
それは日向の手で星海のアタックはブロックされた

星海は日向が小さくて見えなかったと悔しがる

ブラックジャッカル11 – シュヴァイデンアドラーズ9

 

日向スキルで星海を驚かせることに成功しましたね!

 

昼神はバレーは基本見上げている競技
星海は自分より小さい相手に慣れていないのだろうと察する

白馬芽生はスマホで試合を見ながら6年越しに星海が言っていた春高で果たせなかった再戦が叶ったんだなと嬉しそう

 

白馬もやっぱりプロになってました!
立花レッドファルコンズということは尾白アランと同じチームですか!!強烈だなー

 

武田先生はビーチで2人体制を経験したせいか、コート上のことすべてに責任というか執着を感じると話す

日向のサーブ
影山のトス

日向の脳裏に高校時代白鳥沢と試合した時に、スパイクに全く対応出来なかったことが蘇る

アタックに跳ぶウシワカ
ボールの先には日向の姿が

 

タイトルの「▷つづきからはじめる」のとおり
星海と牛島との再戦だったわけですね
あとはまだ因縁が残るとすると影山ですかねー
この試合に勝てばようやく、日向が影山に初めて勝ったことになるんですね

 



スポンサーリンク


 

にしてもラリーの描写が多かったせいか
キャラが紙面上で自由に動く様は迫力マシマシでした
セリフ無視して色んなもの被せちゃう演出好きです!

 

MSBYブラックジャッカル VS シュヴァイデンアドラーズ 得点状況

第4セット
ブラックジャッカル11 – アドラーズ9

MSBYブラックジャッカル 11
宮侑 – 1
日向 – 1 NEW
影山サーブアウト – 1 NEW
? – 8

 

シュヴァイデンアドラーズ 9
牛島 – 1 NEW
? – 8 NEW

 

第3セット終了
ブラックジャッカル25 – アドラーズ23

MSBYブラックジャッカル 25
宮侑 – 5
明暗 – 1
木兎 – 5
? – 11
佐久早 – 1
日向 – 1

 



スポンサーリンク


 

 

シュヴァイデンアドラーズ 23
影山 – 1
昼神 – 1
木兎アウト – 2
星海 – 2
? – 16
牛島 – 1

 

第2セット終了
ブラックジャッカル21 – アドラーズ25

MSBYブラックジャッカル 21
? – 18
トマス -1
木兎 – 1
宮侑 – 1

 

シュヴァイデンアドラーズ 25
? – 16
星海 – 2
ロメロ – 2
影山 – 1
平和島 – 1
昼神 – 3

 



スポンサーリンク


 

第1セット終了
ブラックジャッカル25 – アドラーズ20

MSBYブラックジャッカル 25
日向 – 3
宮侑 – 2
トマス – 1
佐久早 – 2
トマス – 2
木兎 – 2
明暗 – 1
? – 12

 

 



スポンサーリンク


 

シュヴァイデンアドラーズ 20
宮侑サーブアウト – 1
ロメロ – 3
牛島 – 2
? -12
日向サーブアウト – 1
佐久早サーブネット – 1

 

終章で判明した卒業後の進路整理

日向 – MSBYブラックジャッカル スパイカー 172.2cm
宮侑 – MSBYブラックジャッカル セッター 187cm
木兎 – MSBYブラックジャッカル アウトサイドヒッター 190cm
佐久早 – MSBYブラックジャッカル アウトサイドヒッター 全日本大学選手権MVP 192cm
及川 – アルゼンチン CAサン・ファン セッター

 



スポンサーリンク


 

影山 – シュヴァイデンアドラーズ セッター 2016年オリンピック日本代表 188cm
牛島 – シュヴァイデンアドラーズ オポジット 192cm
星海 – シュヴァイデンアドラーズ アウトサイドヒッター 173.1cm
月島 – 仙台フロッグス(Division2) ミドルブロッカー 大学4年 卒業後仙台市博物館(宮城)勤務
黄金川貫至 – 仙台フロッグス(Division2) セッター 自動車メーカー(仙台)勤務
尾白アラン – 立花レッドファルコンズ アウトサイドヒッター
白馬芽生 – 立花レッドファルコンズ ミドルブロッカー
大平獅音 – キンイロスポーツジャンパーズ(Division3) アウトサイドヒッター スポーツメーカー勤務
中島猛 – キンイロスポーツジャンパーズ(Division3) リベロ スポーツメーカー勤務
山形隼人 – 日脚自動車ライオンズ(Division2) リベロ
五色工 – Azuma Pharmacyグリーンロケッツ(Division1) アウトサイドヒッター 大学4年
桐生八 – Azuma Pharmacyグリーンロケッツ(Division1) アウトサイドヒッター
古森元也 – EJP(東日本製紙)RAIJIN(Division1) リベロ
鷲尾辰生 – EJP(東日本製紙)RAIJIN(Division1) ミドルブロッカー
角名倫太郎 – EJP(東日本製紙)RAIJIN(Division1) ミドルブロッカー
金田一勇太郎 – たまでんエレファンツ(Division2) ミドルブロッカー 大学4年 卒業後電気工事会社(埼玉)勤務
尾長渉 – たまでんエレファンツ(Division2)ミドルブロッカー 大学4年 卒業後電気工事会社(埼玉)勤務
百沢雄大 – 大日本電鉄ウォーリアーズ(Division1) ミドルフォロッカー
青根高信 – VC伊達(社会人チーム)ミドルブロッカー 建設会社勤務
二口堅治 – VC伊達(社会人チーム)アウトサイドヒッター エネルギーメーカー勤務
理石平助 – VC神奈川(Division1)アウトサイドヒッター 大学4年
千鹿谷栄吉 – VC神奈川(Division1)ミドルブロッカー 大学4年
木葉秋紀 – エアーガイツ製薬バレーボール部(社会人チーム)アウトサイドヒッター 製薬会社(東京)営業
昼神招子 – 光新薬レッドラビッツ オポジット 昼神幸郎の姉
飯綱掌 – DESEOホーネッツ(Division1)セッター 井闥山高校出身、元JOCベストセッター賞
甲斐涼晴 – DESEOホーネッツ(Division1)ミドルブロッカー 犬伏高校出身

 



スポンサーリンク


 

研磨 – ㈱Bouncing Ball代表取締役 大学生 プロゲーマー 株式トレーダー Youtuber KODZUKEN(コヅケン)
山口 – 大学4年生 卒業後家電メーカー(宮城)勤務
谷地 – 大学4年生 卒業後広告デザイン会社(東京)勤務
東峰 – アパレルデザイナー(東京)
澤村 – 宮城県警生活安全部(宮城)
菅原 – 小学校教諭(宮城)
宮治 – 「おにぎり宮」店主
武田先生 – 烏野高校教諭 男子バレー部監督
烏養コーチ – 坂ノ下商店店主 烏野バレーボール部コーチ
木下 – 鉄道会社勤務
成田 – 不動産会社勤務
田中 – スポーツインストラクター
潔子さん – 田中と結婚 スポーツショップ店員
縁下 – 理学療法士
昼神 – 獣医学部5年 兄の福郎はシュヴァイデンアドラーズのキャプテン
瀬見 – 公務員 バンドマン
白布 – 大学医学部5年
川西 – 大学4年
関向幸治(コージー) – 大学4年
泉行高(イズミン) – 大学4年
宇内 – 漫画家 週刊少年ヴァーイ「ゾンビ剣士ゾヴィッシュ」連載中(打ち切り間近)
赤葦 – 大手出版社週刊少年漫画誌配属(ほんとうは文芸希望)
杉本菊多郎 – 日本バレーボール協会大会運営事業部
雲雀田吹 – 全日本男子代表チーム監督
国見英 – 大学4年 卒業後一十一銀行(宮城)勤務
川渡瞬己 – 旅行代理店(宮城)勤務
照島遊児 – 美容師見習い
西谷夕 – イタリアでカジキ漁
影山美羽 – ヘアメイクアーティスト
作並浩輔 – 建設会社勤務
北信介 – 米農家
猿杙大和 – 区役所(東京)職員
小見春樹 – 役者(東京)
白福雪絵 – 食品メーカー栄養士(千葉)
雀田かおり – スポーツポロモーター(東京)
柄長ニ三 – スポーツライター(春高で星海にインタビューした人)
山本あかね – 大学1年 出版社インターン
岩泉一 – スポーツ科学科を卒業後、アーバインポーラベアーズトレーニングコーチの空井に弟子入り
空井崇 – 牛島の父、アーバインポーラベアーズトレーニングコーチ

 



スポンサーリンク


 

 

ハイキュー終章 時系列

2015年 卒業、日向準備、影山Vリーグ入
2016年 日向リオ、影山日本代表
2017年 日向リオ
2018年 日向帰国 MSBYブラックジャッカル入団 → 今ココ11月 日向22歳
2019年 日向・影山代表選出?
2020年 東京オリンピック

 

ハイキュー 398話へ続く
 

「ハイキュー 397話 ネタバレ 感想 第4セット 6年越しの再戦 白馬の今」への2件のフィードバック

  1. オレンジフラワー

    AMETORICO さん、

     いつもありがとうございます。
     おっしゃる通りラリーの応酬に興奮と感動しかありません、選手のセリフがほぼなしで、くそ!とか^_^画力とキャラの見えない努力の積み重ねが発揮される感動で、もう毎回じーーーーーん!としています。
     ウシワカのアタックを受けようとする日向のレシーブを想像して影山がわくっとする描写たまりませんでした^_^
     早く二人の変人速攻進化版か見たい!

     おっしゃる通りこの試合に勝てば日向は初めて影山に勝つんですね。

     にしてもウシワカの「ラリーの出口」、さすがです^_^

    1. オレンジフラワーさん
      コメントありがとうございます!
      日向・影山コンビでの再演楽しみですよねー。きっと日本代表になって実現するんでしょうね。この試合の後は代表選考とかになるんでしょうか
      ふたりで及川とも勝負してほしいし、まだまだ終わってほしくないですね

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。