アニメ ハイキュー!! TO THE TOP 10話 感想 椿原高校戦

アニメ「ハイキュー!!」、4期最新10話「戦線」を観た感想と原作版「ハイキュー!!」との違いをまとめました。春高、烏野の初戦の相手は椿原高校。大事な初戦を前にシューズを無くしてしまった日向。チームのピンチに潔子さんが立ち上がる。慣れないコートに苦しむ影山、果たして試合の行方は?

 

 

10話の続き、アニメ ハイキュー最新11話のネタバレ感想はこちら

前話、ハイキュー TO THE TOP 第9話の感想と原作の違いについてはこちら

ハイキュー原作コミックス42巻のネタバレ感想はこちら

ハイキュー原作最新話386話のネタバレ感想はこちら

アニメ ハイキュー!! TO THE TOP 10話「戦線」 原作との違い

 

アニメ ハイキュー 第9話 原作エピソード該当箇所

第10話「戦線」は原作では
232話「戦線」
233話「最初の敵」
234話「アジャスト」

の3話分
11話はちょうど235話「解放」から始まりとなりますね
次も椿原戦ですね

 

 

アニメと原作の違い

アニメになくて原作にあったシーン
・子供の見た目
・会場への移動は電車
・烏養コーチが大学の先輩に会い全国の話を訊く
・奥田元太と高梨ひろみカップルの登場
・会場で日向にサーブを上げたのは木下じゃなくて成田
・シューズが届くまでボール拾いする日向
・スターティングメンバー紹介

 

今回は結構違いましたね
面白かったのが原作だと電車が止まってて、しかたなくバス移動し
アップ後は電車で戻る。で、電車で日向が月島にドヤるというシーンもあるのですが
最初からバス移動だったとこですね。

なぜバスだけにしたんだろう・・・たしかに電車が止まってるとか鉄道会社に喧嘩売ってる感じだからですかね(笑)

あとは成田じゃなく木下が会場でサーブ上げてるのも地味に違って面白かったです。
元太とひろみカップルは出さないわけにはいかないだろうと思っているのですが、この後出てくるのかなー
面白いのになーふたり

 

アニメ ハイキュー 第10話 感想

見どころは
1.潔子さん走る
2.影山の調整
3.頼もしい山口

 

 

でしょうか
潔子さんがシューズを受け取りに行くシーンは期待通りの感動モノでした
モノローグからの走り幅跳びかっこよかったです。

原作で読んだときも感動したのを思い出しました

 

影山が新しいコートに慣れず、調整に時間がかかる描写
これも丁寧に描かれていましたね。最後にドンピシャ決まるとこはアニメならではの立体感ある演出でゾクッとしました
影山が苦戦するのってほんと珍しいです

 

そして烏野のピンチに登場した山口!
以前と違ってピンサーとして登場してもおどおどしていなくて、頼もしい感じでした。
山口が緊張するとこっちまで緊張伝わってソワソワしちゃいませんか?(笑)

どんだけ成長すんだって烏養コーチに言われてましたけど、その後キャプテンまで上り詰めるわけで
空白の1年の間に更にどう成長したのかが気になります

 

 

アニメ ハイキュー TO THE TOP 11話へ続く
 

 

 

「アニメ ハイキュー!! TO THE TOP 10話 感想 椿原高校戦」に2件のコメントがあります

  1. いつも楽しく読ませていただいています(^_^)
    電車ではなくバスだけの移動にしたのは、練習していた体育館までの「距離」かなと思います。(「バスで10分位」という台詞があったので停留所に停まることも考えれば3~4キロくらいでしょうか)
    アニメではシューズバッグを受け取った潔子さんがバスに乗り遅れたシーンがあり、東京体育館まで走っています。
    電車で何駅かだと走れませんもんね。
    次も楽しみにしています(^_^)

    1. ふじもんさん
      考察ありがとうございます!なるほどー潔子さんの走るシーンを長く取るためという説はアリそうですね!面白いです。
      原作との違いが今回は結構あったので面白かったですねー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。