アニメ ハイキュー!! TO THE TOP 最新 12話 感想 梟谷 音駒 春高二回戦へ

アニメ「ハイキュー!!」、4期最新12話「鮮烈」を観た感想と原作版「ハイキュー!!」との違いをまとめました。春高、烏野は初戦の相手椿原を下し2回戦へ進むことができた。音駒、梟谷も無事に2回戦へ。そんな中、試合終了後の会場で日向は星海に出会う

 

 

12話の続き、ハイキュー TO THE TOP 最終回13話の感想、原作との違いはこちら

前話、ハイキュー TO THE TOP 第11話の感想と原作の違いについてはこちら

ハイキュー原作コミックス42巻のネタバレ感想はこちら

ハイキュー原作最新話388話のネタバレ感想はこちら

アニメ ハイキュー!! TO THE TOP 12話「鮮烈」 原作との違い

 

アニメ ハイキュー 第12話 原作エピソード該当箇所

第12話「鮮烈」は原作では
243話「それぞれの初戦」
244話「弱点その6」
245話「鮮烈」
246話「それぞれの夜」

の4話分、12話からコミック28巻に突入です

 

 

 

予想に反して梟谷、音駒の2回戦進出する姿も描かれました

246話の途中で終わって、エンディングテーマ曲後に叶歌と田中のシーンが続いてびっくりしました。
叶歌のその後はまだ原作では描かれていませんが、プロになってそうですね

てっきり田中は叶歌と結ばれるもんだとばかり・・・まさかの潔子さんだもんな。ミャクナシだったのに・・・

 

 

アニメと原作の違い

アニメになくて原作にあったシーン
・試合を見終えて練習へ向かう伊達工
・初戦突破に喜ぶ池尻
・泣く椿原
・元太とひろみ

 

敗れた椿原の泣くシーン
そして監督のまずは飯を食うっていうとこやってほしかったなーー

アニメではコミックス28巻の244話と245話の間に描かれていたおまけ二コマにあったTシャツ買うか悩む影山の姿が描かれていましたね!
これ地味に嬉しかったです(笑)

 

 

 

アニメ ハイキュー 第12話 感想

見どころは
・梟谷の試合
・動く星海
・星海と日向の運命の出逢い

ですかね。
木兎はやっぱり主役感ありますねー。原作でもそうですけど、アニメだと更に出てきただけで場面が明るくなるというかワクワクしますね。
いつか木兎が主役の番外編とかやってほしいです。
赤葦の献身的な姿も微笑ましかった。

星海は基本原作は白黒なので白髪や白いユニフォームなのが、まだ見慣れなくって新鮮に映りました。
目のフチが印象的ですよね。思わず凝視しちゃう(笑)

星海に出逢い明らかにビシビシと刺激を受けている日向
最後にはここに来れてよかったとかエモいこと言っちゃって油断していた涙腺を刺激されました。

 

 

 

星海と日向の関係って、春高で出逢い戦うだけじゃなく
その後プロ編でも続くので互いに交わす台詞が伏線になってるとこもありそうでアニメで復習するのが楽しみです。

 

13話は叶歌と田中の話から、ついに稲荷崎登場まででしょうか
稲荷崎戦はむちゃくちゃアツいのでアニメで見るの本当に楽しみです。
またBGMでうるうる来て、なんどもリピートして見ちゃうと思う。青葉城西戦とか白鳥沢戦みたいに

 

ハイキュー TO THE TOP 13話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。