アニメ ハイキュー!! TO THE TOP 20話 感想 稲荷崎戦 北信介登場

アニメ「ハイキュー!!」、4期2クール20話「頭」を観た感想と原作版「ハイキュー!!」との違いをまとめました。春高、ニ回戦、烏野VS稲荷崎、第二セット終盤に交代で登場したのは稲荷崎キャプテンの北信介。北の登場でピリリと緊張感が走る稲荷崎、果たして北の実力とは?

 



スポンサーリンク


 

20話の続き、アニメハイキューTO THE TOP最新21話のネタバレ感想はこちら

前話、ハイキュー TO THE TOP 第19話の感想と原作の違いについてはこちら

ハイキュー原作コミックス最終45巻のネタバレ感想はこちら

ハイキュー原作最終話のネタバレ感想はこちら

アニメ ハイキュー!! TO THE TOP 20話「頭」 原作との違い

 

アニメ ハイキュー 第20話 原作エピソード該当箇所

第20話「頭」は原作では
274話「頭」
275話「継続と蓄積」
276話「仕掛ける」
277話「多勢に無勢」

 

北キャプテン登場からのー第3セット序盤まででした。

 



スポンサーリンク


 

 

アニメと原作の違い

アニメになくて原作にあったシーン
・元太とひろみ
・シンクロアタックを嫌いだというのは侑だけじゃなく治も
・観客席に北信介のおばあちゃん
・研磨と黒尾のコメント
・山口の「影山サーブ良かったな」や縁下の「烏合・・・」

 

北の過去については省略されること無く丁寧に描かれていて嬉しかったです
やっぱユニフォームもらって泣くとこは良いですよねー

 

アニメ ハイキュー!! TO THE TOP 20話「頭」 感想

なんと言っても北キャプテンの魅力爆発のエピソードでしたね
とはいえ原作以上には伸ばせないので、エピソードの半分くらいでしたけど

 

回想シーンや、稲荷崎のメンバーからの北への想いが漫画だと小さいコマで描かれていたのが
アニメだと全画面描写なのは、改めてアニメ化する魅力の一つだなぁと

 

 



スポンサーリンク


 

第二セットを奪われて、場面は烏野中心に描かれます
第3セット開始前の東峰の西谷への言葉にはグッと来ますよね。卒業後もふたりが仲良しなのも納得です

 

最後は月島と影山コンビによる尾白アランドシャット
これは気持ちよかったああああ

エモい曲こいいいい!!と思ったけどそれはなかった・・・(笑)

角名の全国のすげえブロッカー達・・ってとこで出てくるブロッカー達の中、地味に天童がいるのがジワリました

 

ハイキュー TO THE TOP 21話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。