ハイキュー 41巻 ネタバレ 感想 鴎台戦終盤 42巻 43巻収録エピソードも

漫画「ハイキュー」の最新コミックス41巻を読んだネタバレ感想です。41巻の続き42巻、43巻の内容にも触れているのでネタバレ注意です。春高、準々決勝鴎台との戦いはついにクライマックスを迎える。41巻には番外編も収録!

 

 

前巻、ハイキュー40巻のネタバレ感想はこちら

ハイキュー最新話のネタバレ感想はこちら

 

ハイキュー 41巻 ネタバレ 感想

 

表紙は小さな巨人たち大集合
星海と日向、そして宇内だけじゃなく鷲匠監督も!!

 

358話 カモメ

星海のブロックアウト狙いのアタックをかわしたツッキー
流れはこれで烏野か?と思いきや、ここで鴎台のターン

読み返すと刺さるアーロン監督の教えはブロックじゃなく「メンタルトレーニング」ですね
良いプレーがいつもできるための「思考の仕方」。後で昼神が活躍する時に効いてくるんですよね!これも小さいけど伏線だったんだね

 

 

 

359話 縦の中の矛、矛の中の盾

実況がノリノリで五色がいちいち反応するのが可愛すぎました
今本誌では日向たちはプロになったわけですが
この試合を観客席で立ち見している宮侑と一緒にプレーするのかと思うとなんだか感慨深いです

「リードブロックは最後に咲うブロックだ」がまさかツッキー自分に跳ね返ってくるとは・・・
疲れからくる判断力の低下故ですかね

 

エピソード後の挿絵が最高でした
実況の真似した天童と白布にいじられる五色
「調子乗り太郎」が一番好き(笑)

 

360話 教え

双方点の取り合い
昼神が東峰の渾身の一撃をネット際に落としそうになりながらも拾ってつなげる
宮兄弟が中学時代とはキャラ変してる、昔はもっと余裕がない感じだったと指摘

「ミスったって死なない」の思い出があるからいつも冷静でいられるんですね
アーロン監督の教え+星海との思い出で今があるのか

 

 

 

卒業後は獣医学部に進んだ昼神
冷静なキャラはお医者さんにピッタリですね

 

361話 ”頂の景色”・2

ようやく烏野が反撃に転じる!
このエピソードではやっぱり鷲匠監督が選手時代を思い出し
高く跳ぶ日向を見て自分にもできると希望を抱くシーンが胸アツですよね

あくまで高さで勝負することを諦めない
最後の監督の握りこぶしで涙腺が緩む

「頂の景色」2なわけですが1は2巻収録の8話「頂の景色」
350話以上費やして、2が出てくるとか。。。どこまで考えて古舘先生書き始めてたんだろう

 

362話 小さな巨人VS

星海/小さな巨人 VS 日向

日向の動きにあの昼神が動けない!!
最後には名前を付けてくれるなら「最強の囮」が良いって日向も言い出して
これまたアツいシーンでした

 

 

本誌では日向の久しぶりに試合が始まるのですが
観客や実況からは「最強の囮」って呼ばれてるのかもしれませんね!

 

363話 小さな巨人 VS 最強の囮

前話、362話では空欄だった場所に「最強の囮」を入れてくるとかタイトルの使い方に唸る!!
日向と星海の闘い再び!!

 

364話 独りではないのなら

日向の活躍に触発され月島がもうひと踏ん張り!
レシーブ勝負でも良い勝負する星海と日向!
ほんとに身長だけじゃなくプレーも似てるとこありますよね、ふたりは。

ウシロマイナスでアタックを決めるとこは震えました
影山の練習中のジャージ姿と重なる描写とかヤバい!

 

365話 終わりと始まり・2

烏野ノリノリだったのに、日向まさかの高熱リタイア
39.1℃
これは・・・辛い

 

 

一旦止まっちゃったら動くの辛そうですね。、もうちょっとだったのに。無念すぎます

武田先生の言葉で涙腺崩壊
「今この瞬間もバレーボールだ」で泣いちゃいました

影山と星海に見送られコートを去るわけですが
その後星海と影山が同じシュヴァイデンアドラーズに所属し
日向と戦うことになるなんて・・ほんと運命ですよね

再戦をきっと心待ちにしていた星海がどんなプレーするのか楽しみです

 

番外編

フジテレビの番組で石川祐希選手とコラボした漫画が掲載
これ知りませんでした!
日本代表のユニフォーム?姿の日向、影山、西谷が見れて大満足です!!

 

ハイキュー42巻 収録予想エピソード

 

 

 

366話 みつめる
367話 俺たちの春が終わる ← 鴎台戦決着
368話 なにもの
369話 飯と筋肉
370話 挑戦者 ← 終章スタート
371話 地球の裏側で
372話 もう1人の挑戦者
373話 宣戦布告・2

 

ハイキュー43巻 収録予想エピソード

 

374話 初志
375話 磨く
376話 ビーチバレーボール
377話 帰国!
378話 ラスボス
379話 妖怪大戦争
380話 ごあいさつ・2
381話 呉越同舟

 

「ハイキュー 41巻 ネタバレ 感想 鴎台戦終盤 42巻 43巻収録エピソードも」に2件のコメントがあります

  1. オレンジフラワー

    AMETORICO さん、

     アニメ編、本誌と続き、コミックスも失礼します。

     いや〜、アニメ4期始まったから尚更、影山というセッターのいないお前に魅力はない、からの、頂の景色2の鷲匠先生の握りこぶしに、鷲匠先生がスパイクで跳ぶ姿に、もう何重にも感動の余韻が。

     ラストの武田先生の言葉、まだバレーボール人生始まったばかりの日向へのメッセージ。私も涙腺崩壊でした。

     ハイキュー、常に最新刊が一番面白いって何⁈

     365話の終わりの始まり2、連載時その作者さんの心憎い仕掛けに読書は騒然としてましたね〜

     どこを読んでもバレーボールの面白さしか詰まってないハイキュー、出会えて本当良かったし、作者さんの意思と努力にただただありがとうです。

    1. オレンジフラワーさん

      余韻・・・わかります。あの厳しかった鷲匠先生がすっかり日向のファン、からの更には恩師になるわけですからね。なんだかアニメの方でも出てきただけで涙腺がヤバいです(笑)
      コミックで続けて読むと、また週刊で読むのとはまた違った面白さがありますよね。コミックで没入して読むのが私は好きです(みんなそうか(笑))

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。