呪術廻戦 最新 118話 ネタバレ 感想 渋谷で 宿儺 VS 魔虚羅

漫画「呪術廻戦」の最新118話「渋谷事変36」を読んだネタバレ感想です。負傷した伏黒、サイドテールを道連れにと十種影法術から魔虚羅を召喚する。ふたりで調伏するために出てきた魔虚羅、魔虚羅を倒し調伏自体がなかったことにしようと宿儺が立ち向かう

 



スポンサーリンク


 

118話の続き、呪術廻戦最新119話のネタバレ感想はこちら

前話、呪術廻戦117話のネタバレ感想はこちら

 

前話、呪術廻戦117話の振り返り

 

呪術廻戦 117話 ネタバレ

伏黒はサイドテールの呪詛師に十種影法術について説明する。2匹の玉犬だけが与えられ、それ以外の式神を使うには術師と玉犬で調伏を済ませる必要がある。複数人でも調伏ができるがその場合、調伏は無効になる。無駄なように思える複数人による調伏だが、使い方があるという

伏黒は式神を召喚、「布瑠部由良由良(ふるべゆらゆら)八握剣異戎神将(やつかのつるぎいかいしんしょう)魔虚羅(まこら)」。姿を現した魔虚羅はこれまでどの十種影法術師も調伏することができなかったのだという

魔虚羅の存在を感じ取った宿儺は伏黒たちの元へ、とっさにサイドテールを助ける。調伏の途中、どちらかが死ねば伏黒も死んでしまうからだ。魔虚羅を倒し調伏自体なかったものとしようと宿儺は考えた

 

呪術廻戦 最新 118話 ネタバレ 感想

 

魔虚羅 VS 宿儺

魔虚羅の刃での攻撃を右腕で受ける宿儺
地面が衝撃で凹む

回転ジャンプして顔面にパンチをお見舞いしつつ「解」
膝をつく魔虚羅だが背中の法陣が回転し傷が回復する

 

 



スポンサーリンク


 

魔虚羅のサイズ感・・デカイなーー
でも宿儺ヨユーですね・・これは全く苦戦せずに終わるんでしょうか

 

宿儺は斬撃で仕掛けるも、魔虚羅は弾き返す
ビルに亀裂が入る
魔虚羅の打撃を受けるも今度は吹き飛び、ビルを幾つも貫通する

 

いい感じに魔虚羅反撃入りましたね!!
宿儺が焦るとこが見たい!!

にしてもやっぱり、渋谷編は街の描写が最高です!!

 

畳み掛けるような魔虚羅の攻撃をかわし
宿儺が反撃
魔虚羅の顔面に斬撃を食らわせる

その場に倒れ込む魔虚羅
空高く跳びあがり、宿儺は立ち上がるだろうと予測
魔虚羅の法陣がまた回転し立ち上がる

 



スポンサーリンク


 

宿儺は度々魔虚羅が法陣を回転させる度に、前の攻撃に対応することを理解
この能力はあらゆる事象に適応する最強の後出しジャンケンだと

 

じゃんけんのこと虫拳っていうんですね。初耳
なんだか、やべー能力ですが宿儺焦ってないですねー相変わらず

 

宿儺はあの時の俺なら敗れていたかもと、過去の伏黒との遭遇時を思い出す
笑いながら、宿儺は領域を展開する
「伏魔御厨子(ふくまみづし)」

 

伏魔御厨子発動までさせたので一応、やべーとは思ってるのかなー
魔虚羅の法陣は玉の数だけしか効果ないんじゃないでしょうか。だとすると残り6回ですかね

 

呪術廻戦 119話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。