呪術廻戦 119話 ネタバレ 感想 宿儺 VS 魔虚羅 決着 重面の術式は?

漫画「呪術廻戦」の最新119話「渋谷事変37」を読んだネタバレ感想です。伏黒が十種影法術で調伏のために魔虚羅を召喚。サイドテールに不意をつかれ瀕死の状態。宿儺が魔虚羅の力に反応し登場。宿儺は魔虚羅の能力があらゆる事象に適応する最強の後出しジャンケンだと理解

 



スポンサーリンク


 

119話の続き、呪術廻戦最新120話のネタバレ感想はこちら

前話、呪術廻戦118話のネタバレ感想はこちら

 

前話、呪術廻戦118話の振り返り

 

呪術廻戦 118話 ネタバレ

伏黒が召喚した魔虚羅と宿儺の戦い。魔虚羅の刀を腕で受け止めた宿儺、「解」で反撃に出るが魔虚羅の背中の法陣が回転し魔虚羅は回復

魔虚羅の攻撃で吹っ飛ぶ宿儺。再び反撃するも魔虚羅は再び回復。魔虚羅の能力があらゆる事象に適応する最強の後出しジャンケンだと理解。宿儺は領域を展開する

 

呪術廻戦 最新 119話 ネタバレ 感想

 

宿儺 対 魔虚羅 決着

宿儺の斬撃は2種類
・解 – 通常の斬撃
・捌 – 呪力差に応じ相手を卸す

 

「捌」って初紹介?
パット見ずっと捌使ってれば良いんじゃないの?と思うんだけど違うのかな

 

宿儺の領域、「伏魔御厨子」は結界で空間を分断しない
宿儺は縛りにより、必中効果範囲を設定できる
今回は伏黒が範囲から外れるよう、半径140mとした

 

なんか難しい話になってるけど、宿儺が伏黒ラブで気を使ってるってことですね!

 

 



スポンサーリンク


 

領域内にいた人間たちは「捌」は浴びせられ、消滅
同じく魔虚羅にも「捌」が浴びせられる

魔虚羅初見となった捌で魔虚羅が適応する前に倒すのが作戦だった
虫の息となった魔虚羅、宿儺は領域を解除しとどめを刺した

 

捌での集中攻撃の描写かっこよかったです。
結局圧倒的な実力差がありましたね。宿儺の完全体・・想像できないくらい強いですねこりゃ

 

サイドテールの呪詛師の元へ宿儺が戻る
魔虚羅の背中にあった法陣を放り投げる

宿儺は去ねとサイドテールを追い払う

サイドテールの名は重面春太
術式は奇跡を貯め、重面の命に関わる場面で放出
奇跡の量は目元の模様でわかるが重面も自覚していなかった

今日も生き延びたと考えていた重面だったが
前後真っ二つに両断されてしまう

奇跡は七海との戦いで使い果たしてしまっていたのだった

 

サイドテールの名前がせっかく判明したのに・・・ついに死んじゃいました
運を貯めるって面白い術式ですよね。ただ貯めちゃう分なんだか普段は良いことなさそう・・・・

 

宿儺はそろそろ虎杖に戻ると感じる
宿儺は気を失った伏黒を本陣に送り届ける、学長は一瞬宿儺が見えた気がしたが虎杖なのか宿儺なのか確信が持てずにいた

 

 



スポンサーリンク


 

次回は久しぶりに虎杖登場ですかね
宿儺と魔虚羅の戦いもう少し続くかなーと思ったんですけどねー

宿儺の伏黒ラブ度合いを感じられたエピソードでした

 

呪術廻戦 120話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。