呪術廻戦 120話 ネタバレ 感想 意識が戻る虎杖 七海と真人再び

漫画「呪術廻戦」の最新120話「渋谷事変38」を読んだネタバレ感想です。宿儺は領域を展開し、魔虚羅に捌を集中的に浴びせた。捌が初見だった魔虚羅は対応することができず、法陣を使うまもなく敗れてしまう。宿儺は重面も真っ二つにする。

 



スポンサーリンク


 

120話の続き、呪術廻戦最新121話のネタバレ感想はこちら

前話、呪術廻戦119話のネタバレ感想はこちら

 

前話、呪術廻戦119話の振り返り

 

呪術廻戦 119話 ネタバレ

宿儺は領域を伏黒が外れるように設定、領域の中で捌と解を集中的に浴びせる。人間を含め、魔虚羅にも攻撃が浴びせられる。

瀕死の魔虚羅、宿儺は領域を解除しとどめを刺した。伏黒の元へ戻った宿儺、サイドテールの呪詛師、重面は今回も助かったと宿儺の元から逃げようとするが真っ二つに。宿儺は意識を失った伏黒を学長の元へ送り届けた。宿儺は虎杖へと姿が戻った。

 

呪術廻戦 最新 120話 ネタバレ 感想

 

虎杖の苦悩

109前
23:14

宿儺はせいぜい噛み締めろと虎杖に伝え意識から消えた
自我を取り戻した虎杖
目の前が何一つ無くなった状態になっているのを目にする
そして宿儺だった時の記憶が遅れて頭に蘇る
ストレスのあまりその場にうずくまり嘔吐

 

うわーーあのヨドバシカメラとかあるとこ全体無くなった???東急百貨店は残ってるのかな??

 

 



スポンサーリンク


 

爪を立て地面をひっかきながら、自分に死ねと言う
目からは涙がこぼれ落ちる

しかし人を助けろという祖父の言葉を思い出し戦わなくてはと戦意を取り戻した

 

渋谷駅 地下

漏瑚の攻撃で半焼した七海
意識を朦朧とさせながらも改造人間達を倒しまくる

 

ああ・・・なんてこったい。七海さん、イケメンだったのに

 

全て切り刻んだ後で真人が登場
ちょっと話をするか?と訊く
七海は心ここにあらず、目の前にいるのが灰原に見える
結局何がしたかったんだろうなと自分がどうして呪術界へ戻ってきたのかと考える

灰原ではなく真人が指差す方へ目をやる
胸には真人の腕が突き刺さっている

そこにいたのは虎杖
言ってはいけないと灰原を説得するように自分に言い聞かせるが
七海は後は頼みますと虎杖に告げる
次の瞬間、真人により七海の身体は爆発し粉々に

キレた虎杖が真人に迫る
真人も大声を出し、虎杖を迎える

 

 



スポンサーリンク


 

ナナミン辛すぎる最後でした・・・あの世でマレーシアに行けて本が沢山読めていると良いな・・・
一度は一般人に戻った七海。。。呪術師に戻って幸せだったのかな・・・

虎杖今度こそ真人を逃さず仕留めてほしいです

 

呪術廻戦 121話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。