呪術廻戦 124話 ネタバレ 感想 釘崎 VS 真人分身 虎杖 VS 真人本体

漫画「呪術廻戦」の最新124話「渋谷事変42」を読んだネタバレ感想です。真人は虎杖のメンタルを狙い、人間を使って攻撃。そして真人の分身は釘崎を狙う。しかし釘崎の共鳴りと簪で分身を通じ本体の真人もダメージを受ける。

 



スポンサーリンク


 

124話の続き、呪術廻戦最新125話のネタバレ感想はこちら

前話、呪術廻戦123話のネタバレ感想はこちら

 

前話、呪術廻戦123話の振り返り

 

呪術廻戦 123話 ネタバレ

真人と虎杖の戦い。真人は人間を盾に真人を攻撃。一方、真人の分身は釘崎と戦う。釘崎は簪と共鳴りで攻撃、真人の分身を通じ真人もダメージを受ける

釘崎は苦しむ真人の姿に、目の前の真人が分身なのだと理解する。

 

呪術廻戦 最新 124話 ネタバレ 感想

 

アニメが始まりましたね!!ヌルヌル動く虎杖にテンション上がりました

 

釘崎 VS 真人

分身を通じて釘崎の存在を感じた虎杖は真人をボッコボコに殴る
釘崎の術式の余韻が残る真人はまだ思うようには動けない

 

いけえええええ!!

 

 



スポンサーリンク


 

虎杖は誰も救えなかったが、独りじゃないと思わせてくれたと釘崎に感謝
真人にトドメを刺そうと攻撃の手を緩めない

 

釘崎と対峙する分身は突如逃亡を図る
追いかける釘崎、地下へと逃げる分身真人

 

本体と合流するつもりでしょうか
釘崎と虎杖コンビで真人と戦う展開もアツいですね

 

本体は虎杖の攻撃を避けるため分裂
小さくなった真人の欠片、どれかが致命傷となる魂の部位が含まれているはずだと呪力の高い分身を狙うも囮で
元の姿に戻りながら真人は逃げる

追いかける真人
分身を追いかける釘崎と2人の真人を挟み撃ちする状況に

一つに戻ってダメージを回復させる気か?と思いきや、真人と分身はそのまますれ違う
本体が向かう先には追いかけてきた釘崎の姿が

 

ダメだ・・・真人賢いわーー。私も絶対に1つに戻ってパワーアップかと思ってた

 

 



スポンサーリンク


 

とっさに真人の行動の意図を理解した虎杖は逃げろと告げるも一足遅く
釘崎は顔面を真人の左手で触られてしまう

すれ違ってきた真人の分身を一発で仕留めた真人
釘崎の元へと走る

 

釘崎は頭に手をやり、2009年、まだ6歳の頃を思い出していた
ゲームに熱中する釘崎は、村の全員頭がおかしく、自分だけが正気なのだと思いこんでいたのだった

 

これは死亡フラグの過去回想シーンとなってしまうのでしょうか
釘崎の故郷について明かされるわけですね

釘崎死んじゃう展開は辛すぎる、かつ釘崎も賢いから何か対策しているはずだと信じたいです

 

呪術廻戦 125話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。