呪術廻戦 125話 ネタバレ 感想 釘崎の過去 サヨナラ釘崎

漫画「呪術廻戦」の最新125話「あの子の話」を読んだネタバレ感想です。逃げる真人の分身を追いかける釘崎、虎杖は釘崎の術式により動けなくなった真人にトドメを刺そうとするも逃げられてしまう。分身と上手く入れ替わった真人本体は釘崎の顔に触れる。

 



スポンサーリンク


 

125話の続き、呪術廻戦最新126話のネタバレ感想はこちら

前話、呪術廻戦124話のネタバレ感想はこちら

 

前話、呪術廻戦124話の振り返り

 

呪術廻戦 124話 ネタバレ

真人の分身は釘崎を前に逃亡を図る。追いかける釘崎、ふたりは地下へ。地下では釘崎の術式の影響が残り動けない真人を虎杖がボコボコに。しかし真人は小さく分裂し逃げる

追いかける虎杖、反対方向から分身が走ってくる。一緒になって力を高めるのかと思いきやそのまますれ違うふたり、真人の本体は分身だと思っている釘崎の顔に触れることに成功する

 

呪術廻戦 最新 125話 ネタバレ 感想

 

タイトルが暫くずっと「渋谷事変」だったんですが、遂に変わりましたね

 

釘崎野薔薇の過去

ふみは小学校にあがると同時に釘崎の住む村へ引っ越してきた
全校生徒19人の小さな小学校でひとりだけパステルカラーのランドセルが目立ってしまった
しかし釘崎は交換しようとふみのランドセルを欲しがったのだった

 

 



スポンサーリンク


 

釘崎が引っ越してきた側かと思ったんですけど、違ったんですね
幼い頃の釘崎、今のママ小さくなったわけじゃなくなんとなく面影がある描写なのがリアルです

 

結局放課後にランドセル交換に飽きた釘崎
その日からふみの家に入り浸り、ふみの父とスマブラしていた

釘崎は村の人を嫌っていた

ある日、新しく村に引っ越してきた沙織ちゃんの家を秘密基地と呼び
放課後によく遊びに行くようになったのだった

釘崎は沙織ちゃんに会ってから、品が身に付き口調が柔らかくなった

 

田舎だと場違い感ある、すごい豪邸ですね

 

しばらくして、沙織ちゃんの家にゴミや落書きなどの嫌がらせが続くようになった
その後、沙織ちゃんは引っ越すことになり釘崎は号泣したのだった

 

セツねぇ、これは村八分ってやつだったんでしょうか。怖い。

 

今年の6月に釘崎は東京の高校へ進学することになる
見送りに来たふみに、釘崎は次に会う時は3人でと涙をこらえた
自分との別れの時は沙織ちゃんの時のように泣かないんだと思ってしまっていたふみは思わぬ釘崎の言葉に涙をこぼした

 

 



スポンサーリンク


 

泣いた・・・ふたりがずっと沙織ちゃんの話してなかったってとこもまたグッと来ました

 

現在
編集者で残業する沙織
先輩相手に、中二の頃ど田舎に引っ越した話をする
母がスピリチュアルでヤバい女だったことや、釘崎がなついてくれて村を離れる日に泣いてくれたことを話す

そして、今の普通の自分をみたら釘崎はがっかりするだろうな、今頃何しているかなとつぶやく

 

お母さんがヤバい人だったんですね!じゃああの嫌がらせはそれが原因だったのでしょうか
釘崎だけじゃなく沙織ちゃんも当時のことを覚えていてくれたんですね・・・なんか良いですね。

 

住んでいた村の人たちは全員頭がおかしいと思ったが
そんなことはなかった、でもおかしいやつの声は大きくて全てに思えてしまっていた

釘崎は頭の中でふみに約束を守れなくてゴメンねと告げる

虎杖に皆に悪くなかったと伝えてくれと言い残し、その顔面は吹き飛んだ

 

くぎさきいいいい(泣)
まさかのまさかですよ、釘崎は主要キャラだから死なないと思っていましたが
ナナミンに続いて釘崎まで・・・
安らかにあの世で買い物満喫できると良いですね

 



スポンサーリンク


 

実は生きてたりとか・・ないですかね。目も吹っ飛んでたしね・・・

虎杖キレて自暴自棄にならなきゃ良いんですが。とにかく真人は絶対にここでトドメを刺してほしいです!!逃さないで

 

呪術廻戦 126話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。