呪術廻戦 126話 ネタバレ 感想 五条のシャツの値段 虎杖大ピンチ

漫画「呪術廻戦」の最新126話「渋谷事変43」を読んだネタバレ感想です。真人に顔を触れられた釘崎の脳裏に村で過ごした幼き頃の記憶が蘇る。村が大嫌いだったが、これまでの人生悪くなかったと虎杖に伝えた釘崎、その顔が吹き飛んだ。

 



スポンサーリンク


 

126話の続き、呪術廻戦最新127話のネタバレ感想はこちら

前話、呪術廻戦125話のネタバレ感想はこちら

 

前話、呪術廻戦125話の振り返り

 

呪術廻戦 125話 ネタバレ

釘崎は引っ越してきたふみのランドセルを珍しがり、交換しようと迫る。村の住人が大嫌いだという釘崎はふみの家に入り浸るようになる。その後、引っ越してきた沙織ちゃんが大好きになった釘崎。沙織ちゃんの影響で言葉遣いや振る舞いが上品に

その後引っ越してしまった沙織ちゃん。同じく高校にあがり東京へ行くことになった釘崎はふみに別れを告げる。釘崎はコレまでの人生を振り返り悪くなかったとつぶやく。虎杖の目の前で釘崎の頭が吹き飛んだ

 

呪術廻戦 最新 126話 ネタバレ 感想

 

虎杖大ピンチ

テーブルにあったお菓子を取ろうとしてコーヒーをこぼしてしまう釘崎
同じテーブルに置いてあったクリーニング済みの五条先生のシャツにコーヒーがこぼれてしまう

釘崎は自分よりもクリーニング済みのシャツを自分たちに任せて置いていった伊地知さんと自分どっちが悪い?と虎杖と伏黒に尋ねる
ふたりは同時にオマエと応える

 

 



スポンサーリンク


 

楽しそう!3人でコーヒー飲んでまったり・・・とかやってたんだなあ・・・

 

3人で協力してシャツをキレイにしようとするもシミは取れず
どうせ安物だろうと値段を調べると、25万もして青ざめる

 

マリメッコのくだり笑いました
釘崎やっぱり洋服が好きなんですね

 

そこへ五条先生がやってくる
とっさに伏黒はシャツを制服の胸に隠し巨乳になってしまう

 

楽しそうな思い出・・切ねえええ

 

釘崎の亡骸を前に虎杖の心は壊れてしまいそうに鳴る
真人は自分の才能にゾクゾクし、弱る虎杖に黒閃で攻撃

 

真人も黒閃使えるんだ!そんなのアリかよ
そして見開きド迫力の黒閃かっこよすぎでしょ

 

 



スポンサーリンク


 

真人は戦意喪失した虎杖をボコボコにする
これは戦争、呪いと人間100年後に残るのはどっちかという戦いだと

虎杖にトドメをさそうとする真人
次の瞬間、目の前にいたはずの真人の姿が消える

東堂が虎杖を助けたのだった
真人は顔面の傷と位置の入れ替えから花御を追い込んだ術師だと理解

同行していた新田は釘崎の処置を終えたが多分死んでいると報告
東堂は虎杖も頼むと伝えつつ、起きろブラザーと虎杖を鼓舞する

 

新田明の弟?が新田新なのかな?
処置って一体何をしたんでしょうか?顔の傷を修復したんですかね

釘崎生きてる可能性が出てきましたね!生きてると釘崎に伝えてあげられれば、東堂とのコンビで真人ぶちのめせそうです

 

呪術廻戦 127話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。