呪術廻戦 130話 ネタバレ 感想 東堂のロケットペンダントの中身

漫画「呪術廻戦」の最新130話「渋谷事変47」を読んだネタバレ感想です。真人、虎杖、東堂は地上へと出て戦いを続ける。東堂は真人が作り出した改造人間相手に苦戦するもすぐに虎杖の元へ戻る。ふたりを前に真人は領域を展開する。

 



スポンサーリンク


 

前話、呪術廻戦129話のネタバレ感想はこちら

 

前話、呪術廻戦129話の振り返り

 

呪術廻戦 129話 ネタバレ

地下から地上へと飛び出した真人、虎杖、東堂。真人は改造人間を作り東堂の相手をさせる。東堂は改造人間がそれほど強くないだろうと考え、早く倒そうとしたが反撃にあう

改造人間は攻撃超特化型だった。東堂はなんとか改造人間を倒し、虎杖の元へ戻る。真人はリスクを取り領域展開を0.2秒だけ発動する

 

呪術廻戦 最新 130話 ネタバレ 感想

 

真人 領域展開中

真人が0.2秒の領域展開
東堂は九十九由基直伝の簡易領域を展開
虎杖は真人の無為転変の開放前に真人を祓おうと走り出す

しかしふたりよりも更に速く
真人は術式を発動

 



スポンサーリンク


 

領域展開と術式の発動を同時に可能にしたのは
黒閃を経験した覚醒状態だった

 

真人の顔!もう真人って言われなきゃわかんないレベル。怖い
口の中に手があああ

 

真人は宿儺と対峙
攻撃を仕掛けてこないことからセーフってことでよいのかな?と確認
虎杖と代わる間もなく虎杖を殺すと宣言

 

宿儺発動ナシですか!?絶対出てくると思ったんだけど

 

東堂の左手に無為転変が発動
とっさの判断で自ら手を斬り落とす

真人は間髪入れず、東堂の腹へ黒閃パンチ

 

 



スポンサーリンク


 

ああああ東堂の手があああ。東堂が雑魚ぽいの辛い

 

東堂は勘で腹部に全呪力を集中させダメージを最小限に抑える
真人は感心しつつ、今度こそ無為転変で確実に仕留めると考える

東堂が首からかけていたペンダントが落ちる
ロケットペンダントの中には笑顔の虎杖の写真。反対側には高田ちゃんの写真が
一瞬気を取られた真人
その隙に真人の手を叩き、虎杖と位置を交代
虎杖は真人の顔面に黒閃をお見舞いする

 

シリアスな場面でロケットペンダントの中身笑顔なの笑う
虎杖ブラザーは高田ちゃんと同等くらい大切なんですね泣かせる

 

虎杖は倒れた東堂に感謝
東堂の手は真人の手に触れたせいで音をたてて焼けていた
真人が多重魂、幾魂異性体で改造人間を創出

真人は黒閃をモロに食らったことに苛つきつつ、自らの魂の本質を掴んだとサナギになる
無為転変から偏殺即魂霊体を発動しサナギから成虫へと進化を遂げた

 



スポンサーリンク


 

 

ち・・・チートすぎるコレは絶対に強い奴でしょ。見た目ほぼ幾魂異性体だけども
虎杖ひとりじゃ勝ち目無いんですが・・・ここはやっぱり宿儺が出てくるのかなー
渋谷で真人を攻略できると思ったんですが、この姿見ちゃうと勝てる気がしないので、真人との決着もお預けでしょうか

 

呪術廻戦 131話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。