呪術廻戦 131話 ネタバレ 感想 虎杖 VS 新生真人 出ろ黒閃!

漫画「呪術廻戦」の最新131話「渋谷事変48」を読んだネタバレ感想です。真人の領域展開の中、術式をまともに喰らった東堂は手を斬り落とす。虎杖が黒閃をキメると真人はサナギになり、成虫へと羽化した。進化した真人を前に虎杖に勝ち目は・・・

 



スポンサーリンク


 

131話の続き、呪術廻戦最新132話のネタバレ感想はこちら

前話、呪術廻戦130話のネタバレ感想はこちら

 

前話、呪術廻戦130話の振り返り

 

呪術廻戦 130話 ネタバレ

真人の領域展開東堂は九十九由基直伝の簡易領域を展開。虎杖は真人の無為転変の開放前に真人を祓おうと走り出す。真人は二人よりも速く術式を発動

東堂は無為転変を喰らい左手を斬り落とす。真人の黒閃を腹で受け、ペンダントが落ちる。気を一瞬取られた真人に虎杖と位置を入れ替わり黒閃。顔面に食らった真人だったが、それをきっかけに偏殺即魂霊体を発動しサナギから成虫へと進化を遂げた

 

呪術廻戦 最新 131話 ネタバレ 感想

 

表紙巻頭カラーでした!
見開きカラーは新生真人と虎杖顔半分!

 

 



スポンサーリンク


 

虎杖 VS 新生真人

姿を変えた真人は黒閃を経て本当の魂を理解したという
虎杖を殺して初めてこの世に生まれおちると

 

見れば見るほど強そうです・・・前の真人にも苦戦してたのに、どうすんだ

 

真人が仕掛ける、虎杖は攻撃を避け顔面へと蹴り
防がれて足を掴まれた虎杖は足を負傷

殴り合いになり隙を見た虎杖は腹パン
しかし真人の皮膚は硬く、効果なし

防戦一方になりながら、真人が別次元に成ったとのだと理解した

 

特に呪術とかはないんですかね、新生真人は。

 

真人は虎杖の顔面を捕まえて地面に叩きつける
虎杖は真人を倒すためには、最大呪力出力の黒閃をぶつけるしか無いと
しかし黒閃を狙って出せる術師はいないことも理解していた

 

 



スポンサーリンク


 

黒閃最近バブル気味だったし、出せる筈!

 

虎杖の右膝が疲労で震えだす
真人も体の一部がこぼれ落ち、血を吐く
領域展開後に黒閃を喰らったのが効いていたのだった

 

おおお、生まれ変わる前のダメージちゃんと蓄積されてるんですね
生まれ変わったんでリセットかとばかり。
まだ勝つるチャンスあるかな

 

虎杖は震えた膝を叩いて震えを止める
再び相まみえるふたり
そして渾身の一撃を繰り出そうとする

 

次の一撃で決まるのでしょうか!!新生になったのに2話で消えるとも思えないんで、真人がダメージ喰らったら逃げるのかなー
どっちかから黒閃が出るでしょうか
狙って出せる術師はいない・・・ていうのが伏線になって虎杖の得意技にこの戦闘を機になるってのもいいですね

 

 



スポンサーリンク


 

呪術廻戦 132話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。