呪術廻戦 132話 ネタバレ 感想 新生真人 VS 虎杖 黒閃からの決着

漫画「呪術廻戦」の最新132話「渋谷事変49」を読んだネタバレ感想です。生まれ変わった真人を前に苦戦する虎杖、真人が別次元の強さを手にしたのだと理解する。お互いにこれまでの戦闘の疲労が溜まり、残り僅かな力で勝負を決めようとする。

 



スポンサーリンク


 

132話の続き、呪術廻戦最新133話のネタバレ感想はこちら

前話、呪術廻戦131話のネタバレ感想はこちら

 

前話、呪術廻戦131話の振り返り

 

呪術廻戦 131話 ネタバレ

生まれ変わった真人と虎杖が戦闘開始。虎杖は別次元の強さに最大呪力出力の黒閃をぶつけるしかと決意

疲労困憊なふたりは、残りの力を振り絞り拳に力を込めた

 

呪術廻戦 最新 132話 ネタバレ 感想

 

真人 VS 虎杖 決着

虎杖が高い確率で黒閃をキメてくると危惧した真人
虎杖のパンチの軌道を読み、身体の一部のサイズを小さくしてミートをずらそうと考えた

カウンターで虎杖の首を狙う
勝利を確信した次の瞬間、ミートをずらした筈の真人の左肩に衝撃が走る
失った筈の逕庭拳、脹相との戦いをきっかけに虎杖は逕庭拳をマスターしていたのだった

 

 



スポンサーリンク


 

時間差で攻撃が効くって気持ちよさそうですよね!久々の逕庭拳
これまで出せたけど敢えて真人にみせていなかったってことですか?
そんな余裕あった?(笑)

 

ふたりが戦うのを見下ろせる位置に東堂が姿を現す
東堂は片手が無くても術式が使えると、無い左手で拍手してみせる

入れ替わりに対応しようとした真人だったが、入れ替わりは起こらず
できた隙を見逃さず虎杖は黒閃をキメた

東堂の術式はもう死んでしまっていたのだった

 

とうどうーーー涙
せつなすぎる。一緒に来た新田が治せないんでしょうか

 

黒閃で吹っ飛ぶ真人
元の姿に戻り嘔吐、改造人間のストックも既になくなっていた

虎杖は真人が自分だと認め
真人を否定したかったが、今はただ殺すだけだという
また新しい呪いとして生まれても殺すだけだと

真人は自分の行いに意味はないかもしれない
自分はただの歯車のひとつで、呪いを殺し続けるのが自分の役割なのだという

 



 

逃げだす真人
虎杖の目はまるで獲物のウサギを追うライオンのよう
そこへ夏油が現れ、助けてあげようかと真人に声をかけた

 

生まれ変わった新生真人、かなり強そうな見た目だったんですけど、意外とサクッとやられましたね
ナナミンたちの敵討ちということで、虎杖に仕留めてほしかったんですが・・・
夏油は本気で真人を助ける気なのでしょうか、真人をサクッと殺しちゃったり?

このまま夏油とも虎杖が戦うことになると勝てる要素ないね・・・

 

呪術廻戦 133話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。