呪術廻戦 133話 ネタバレ 感想 偽夏油 VS 虎杖 冥冥と憂憂はどこに?

漫画「呪術廻戦」の最新133話「渋谷事変50」を読んだネタバレ感想です。真人は黒閃をキメて新生真人を追い詰めた。もとの姿に戻った真人は虎杖から逃げ出す。そこへ夏油が現れて助けてあげようか?と訊く

 



スポンサーリンク


 

133話の続き、呪術廻戦最新134話のネタバレ感想はこちら

前話、呪術廻戦132話のネタバレ感想はこちら

 

前話、呪術廻戦132話の振り返り

 

呪術廻戦 132話 ネタバレ

真人は虎杖の黒閃に対応スべく身体のサイズを一部小さくしてミートを外そうとする。しかし虎杖の逕庭拳が決まり時間差でダメージを受けた

東堂が姿を現し、入れ替わりをすると読んだ真人、しかし入れ替わりは起こらず虎杖は黒閃をキメる。真人はもとの姿に戻り戦意喪失、逃げ出した真人、そこへ夏油が現れた

 

呪術廻戦 最新 133話 ネタバレ 感想

 

先週は予想外の番外編4コマ漫画だったので久々感あるー

 

虎杖 VS 夏油

虎杖合流前、23:09
東堂と新田は渋谷駅地下5階、副都心線ホームにいた
東堂は五条悟が閉じ込められた獄門疆が持ち去られたことを察する
そして五条悟を救うのではなく、味方を救い、敵の攻撃力を削ぐのが目的に変わったのだと語る

 

 



スポンサーリンク


 

この頃はまだ元気な東堂・・・手もちゃんとあるしな
新田が一人っ子だと思ってたって心の中でつぶやくシーンはクスリとしました

 

23:28
渋谷ストリーム

宿儺と漏瑚の戦いに巻き込まれたパンダと日下部
お互い無事だったが、肉体の主導権を宿儺に奪われた姿を見た日下部は虎杖の死刑に賛成だと言う

 

パンダ先輩、ゴリラ化してました。ひっさびさ

 

22:36
マレーシア クアラルンプール

冥冥は憂憂の術式でクアラルンプールへ移動したのだった
電話の相手に日本の株と東京の不動産を売るようにアドバイス
礼はいらない、いつもどおりインサイドでいてくれたらと言って電話を切った

 

ニセ夏油に殺られたとばかり・・・
無事だったんですね。憂憂便利だな・・・

気になるのは電話の相手ですね。インサイドで、株と不動産持ってるってことなんでどこぞやの組織の権力者なんでしょう
気持ち良いくらい潔い守銭奴ぷりですね

 

23:28
渋谷駅、地下3階
田園都市線ホームでは精神的ダメージを受け戦闘不能となった脹相の姿が・・・
虎杖は?、そして自分は何者だと問う

 

 



 

23:36
渋谷警察署宇田川交番跡

相手が夏油だと理解した悠斗
五条を返せと駆け出す
夏油はナマズの呪霊を作り出す、虎杖は何も無いはずの場所で大きな穴に落ちた感覚となりその場に倒れる

その後も呪霊操術を前にボコボコにされる虎杖
夏油は去年の百鬼夜行は新宿と京都に戦力さえ分散させなければ乙骨ではなく夏油が勝っていただろうと語る

背後から隙を見て夏油に襲いかかる真人
攻撃を避けた夏油は、真人を小さなボール状にしてしまう

夏油はこれからの世界の話を続けようと微笑む

 

つえええ。あの真人が雑魚扱い。ニセ夏油強すぎませんか?
これは虎杖たちが敗戦という形で渋谷事変幕引きが近いのではないでしょうか?
日下部が言ってましたが、このまま五条先生獲られたまま作戦失敗となると虎杖もピンチですね。

 

呪術廻戦 134話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。